transfer.jpg


前回このようなツイートを紹介しましたが、Riotの公式の意見が出たようです。
Riotからの救済措置は「オセアニアへのアカウント無料移行」でした。
詳細はこちらです
現在、NAのPingがきつすぎる人はオセアニアへ移動するのもいいかもしれませんね。
まだ無料になっていないので、移行を考えている人は今のうちにオセアニアのPingをチェックして、移行するか知り合いに尋ねてみては?

ごめんなさい、勘違いしていました。
これはオセアニアのIPからNAでプレイしているユーザーが、オセアニアのサーバーに移動できるというものだそうです。
日本ユーザーは無料で移行できないので、また別の救済措置があるのではないかと。
一応移行する際の留意点は同じなので、記事は残しておきます。
オセアニアに移動したい!という人向けに、オセアニアへの移行の前に確認しておきたいこと。
①オセアニアサーバーのPing
オセアニアサーバーは人によって相性があるようで、相性が悪いとPingが200を超えたりします。
先に別のアカウントを作成して、チェックしてから移行するのがいいでしょう。
Ping以外でも、なんかラグいと感じるならあまりおすすめしません。
②移行できないもの
サーバーを移行すると、色々なものを失います。
Rankの成績は失われます。そして、フレンドリストやチーム等のコミュニティ情報も失われます。
チームランクで稼いだポイントも無くなりますし、チャンピオンマスタリーも無くなります。
ここらへんがかなり面倒なので、私は移行しませんね……
③友達
友達はとても大事なので、移行するなら何人か集まってみんなで移行するのがいいと思います。
知り合いがいないサーバーでやるのはつまらないです。
④時間帯
どこのサーバーでもそうですが、時間帯によってPingが上昇したり通信が不安定になったりします。
できるだけ多くの時間帯でチェックできるのが理想ですね。
⑤オセアニアサーバーの特性
サーバーごとに、違った特性があるため、そこに注意しましょう。
詳細ページに書いてあるのは3点。

  • AESTの4時から8時(日本時間だとAM5時~AM9時ぐらいまで?)はRankedがプレイできません。
  • Twisted Treelineは木金土のAEST15時~25時までのみ稼働します。
  • ドミニオンとSummoner’s riftのNormalドラフトピックはカスタムでのみプレイ可能です。

移行はしっかりとチェックしたうえで行いましょう!

Lulu_DragonTrainerSkin.jpg
こんにちは、あるいはこんばんは。
LoLには、5つのRoleがありますが、その中でも多くのRoleをこなせるチャンピオンがいます。
そのチャンピオンをDraft Pickすることによって、敵にとって読みづらくカウンターし辛いというメリットがあります。
そんな Flex Pick (柔軟なPick)の中でも、
特に現在のメタで強力であり、大会で使用されているものや、個人的に強いと感じるチャンピオンを紹介します。
チャンピオン名の後に続いている[]内は、文字の大きさがPick頻度を表しています。

abd6083a954c28e979b567a6612a5d4d.png
近畿・eo光です。
思ってたよりもまだいけそうという印象ですねー。これならまだNAでプレイし続けると思います。
ここから上がられるとさすがに厳しいですが……
みなさんはどんな感じでしたか?
追記
RiotがJapaneseのPING上昇に何か対策してくれるようですね。気長に待ちましょう。

PAGE TOP