カテゴリー「 LoL-中級者向け講座 / 考察 」の記事

52件の投稿

ちわっす。
いつもこんにちはから入るのも味気ないので新鮮さを加えてみました。相互リンク募集中です(唐突)
今回はパワースパイクについてです。


“パワースパイクを理解する”
LoLというゲームを始めたばかりの人が、よく戸惑うのが攻め時がわからないという点です。これはサモナーレベル30になっても漠然としていて、なんとなく攻めれる気がするから攻める、そういう行動が多くないでしょうか?私もそうです。
敵のスキルが落ちている、敵のSS(summoner spell)が落ちている、敵の動きが弱そう。様々な要素が集まり、初めて”攻め時”が理解できます
そしてパワースパイクというのは、一つの攻めの指標です。今回はパワースパイクについてと、自らのパワースパイクに合わせた行動についての考察です。


1. パワースパイクとは
パワースパイクとは、各々のチャンピオンの強い時間帯やタイミングを意味します。
なぜこれを理解することが大切かというと、自分の強い時間帯=戦闘を起こすべき時間帯であり、攻め時と言ってもいいでしょう。
そして、パワースパイクを迎えていない時間帯というのは、イコール戦闘を起こすべきでない時間帯なのです。
MTG、HearthStoneというようなカードゲームをプレイしたことがあるなら、その重要性がわかると思います。
アグロと呼ばれる速攻のデッキは、試合を序盤から崩さなくてはなりません。そのためミッドレンジ、中盤に強いデッキには勝てますが、コントロールと呼ばれる序盤を耐えて後半に逆転するタイプには勝てません。
ミッドレンジ対コントロールは、コントロールの弱い守りをぶち破ることができるので、ミッドレンジに有利があると言われています。
これはLoLによく似ています。序盤、Lv3でパワースパイクを迎えるxinzhaoやleesinのようなjunglerは、中盤以降のult gankerを相手に有利な試合展開を築けます。ireliaのようなチャンピオンで中盤に試合を壊せば、終盤に強いハイパーキャリーを腐らせることができます。
しかし、LoLはカードゲームではないので、すべてがこの通りではありません。
まず、中盤強いチャンピオンは中盤まで耐えることができます。後半強いチャンピオンは、視界がしっかりしていれば中盤強い相手でも育つことがでしょう。
耐えることができるからこそ、パワースパイクを理解することが何よりも大切です。
パワースパイクを迎えたとき、自分がどう試合を動かすかを意識しながらプレイすることが、このゲームの勝利に繋がります。
2. パワースパイクの種類
パワースパイクには、多くの種類があります。

スキルの数が増えることによるパワースパイク。
スキルレベルが最大になった時のパワースパイク。
trinity forceなどのアイテムによるパワースパイク。
ステータスがスタックするタイプのチャンピオン。
manamuneがスタックでmuramanaに進化したとき。

まだ種類があるかもしれません。とてもなだらかなパワースパイクを持つチャンピオンもいます。
今回はそれぞれのパワースパイクの特徴と、迎えた時に可能な行動をチャンピオンを例に挙げたりしながら紹介していきます。


1. スキルの数によるパワースパイク
これはレベル2、レベル3、レベル6の時にスキルの数が増えることによるパワースパイクです。
スキルが敵より1つ多いという状況の場合、よっぽどのミスをしない限りは負けません。この格差が最も現れるレーンは、bottom laneです。
bottom laneは1wave + 3melee minionsで2人のレベルが2になります。これは非常に重要です。
なぜならレベル2になった時というのは、top laneやmid laneは1人のレーンなので、スキルが1つから2つになるだけです。ですが、bottomはスキルが2つから4つに変わります。
特にsupport championというのは、レベル2で非常に強力なall in性能を持っています。例えばthresh、blitz、leona、nautilusなどが該当します。これらのチャンピオンにレベル2を先行され、捕まってしまえば、それだけでflashを使わざるを得ない状況が作られてしまうのです。
そのためにbottom laneは、最初のwaveと次の3体のmelee minionsをとにかく早く、相手より早く処理する必要があります。lv2が先行されてしまっても、引けばいいと簡単に考えてはいけません。相手は次のwave、もしかしたらその次もzoningをやめないかもしれません。bottom laneにとって、レベル2はそれぐらい重要です。例えば、アリスターはEをレベル1で取り、ミニオンをヒールしてプッシュするぐらい、レベル2は重要です。
ちなみに、ソロレーンでは1wave + 1melee minionでlv2になります。
2. レベルを先行した時の行動
先ほど書いたことそのままなんですが、lv2やlv6を先行した場合はエンゲージできるならこちらから仕掛けましょう。
leona、sona、nautilus、kennen、malphiteなどはlv6でとても強いultを手に入れられます。そのタイミングでレベル先行しているなら、そのレベル先行という差を縮められる前に攻めましょう。


1. スキルレベルが最大になった時のパワースパイク
一つのスキルがMAXになった時、とても強くなるチャンピオンは多いです。
例としてvladimir(Q)、irelia(W)、cassiopeia(E)などは通常スキルが最大になった時、mid kogmaw(R)などのultが最大になった時。これらのチャンピオンは、スキルが最大になることでそのチャンピオンに最も求められているものを得ることができます。
vladimirのレベル9、Qが5になった時、vladimirは非常に強力なハラス&サステインを得ることができます。
ireliaのWが5になった時、ireliaはdealistとして必要なとても高いDPS true damageを手に入れられます。
cassiopeiaのEが5になった時、cassiopeiaは非常に強力なバーストとDPSを得ます。
mid kogmawのUltが3になった時、kogmawは高いダメージと超射程のpokeを1秒ごとに発射できるようになります。
彼らはここまでもその性能を持っていたはずですが、その性能を更に強力にするタイミングはこのスキルレベルが最大になるタイミングです。
これらのチャンピオンはその時点まで、耐えてファームをし、その後行動を起こすことで有利な展開を築くことができます。
2. 最大になったら?
スキルレベルが最大になったなら、その特徴を活かした行動をするべきです。vladimirはQをひたすらスパムし相手をリコールさせるか、リコールしないならREQWでソロキルするかです。cassiopeiaもQやWが当たったワンチャンスを活かしてソロキルを狙ってもいいでしょう。kogmawはteamにgroupしてもらい、ひたすらpokeしましょう。


1. アイテムによるパワースパイク
この場合に最もわかりやすいのは、最初に例に挙げたTrinity forceです。Trinity forceは多くのステータスをまばらに上昇させますが、スキルを使った後の通常攻撃に攻撃力の200%を追加するという非常に非常に強力なパッシブがあります。
アイテムによるパワースパイクがわかりやすいのは、adcarryでしょう。
corkiやkogmawといった低CDのultを持つadcarryは、trinity forceを持った時点でIEを持った相手に勝つことができます。
IEを買うJinxなどの一般的なadcarryは、IE + PD or Shivを持った時にパワースパイクを迎えます。
また、vayneやtwitchなどがよく初手に買うBoT Ruined king、通称王剣は他のfirst itemより安く、ASとの相性の良いチャンピオンにとても早いパワースパイクを与えます。
adcarryを例に出しましたが、他にも例はあります。SeraphとRoAを購入した時点のRyze、Trinity forceを購入した時点のirelia、gunbladeを手に入れた時点のakaliなどは非常に強力なパワースパイクを迎えます。
2. アイテムを買った後
先ほどのスキルレベル最大まで耐えるというのと同様、これらのチャンピオンはアイテムのパワースパイクを迎えるまで耐えることで、確実なレーンでの勝利を掴むことができるでしょう。


1. ステータススタック系のチャンピオン
ステータスがスタックするチャンピオン、代表的なものはnasusがいますね。QでCSを取るたびにQのダメージが3上がるという、nasusを象徴するようなスキルです。
veigar、sion、nasusといったチャンピオンはステータスを上昇させることでそのチャンピオンに求められているものを手に入れることができます。veigarはmageとしてのバーストダメージ(support運用の方が多いですが、今回はmidとしてです)、sionはtankとしてのhealth、nasusはsplit pushのためのdeal性能です。
彼らは特にパワースパイクが存在せず、時間がたてば経つほどそのステータスは強力になります。もう十分だという判断は、プレイヤー自身がする必要があります。
2. スタックしきったら。
veigarはfarmするより、ワンコンでキルするためにマップ上を動いた方がいいでしょう。sionもtankとして戦闘に参加する事が最もスタックを活かせます。なら、nasusは?というと、彼の場合するべき行動とスタックの条件が全く同じです。split pushをしてdeal性能を活かし、ひたすらファーム、ファームを繰り返すだけです。来たミニオンをファーム。ジャングル入ってファーム。ついでにレーンに来た敵チャンピオンをファーム。簡単ですね。


1. スタック系のアイテムが最大になった時
これはmuramanaのことなんだけど、説明しなくていいや。俺muramanaしょっちゅう使い忘れるし。


終. おわりに
パワースパイクにも多くの種類があります。次からは自分のよく使うチャンピオンや、これから使おうと思うチャンピオンのパワースパイクを意識してプレイしてみてはいかがでしょうか?
後半のパワースパイクという目標に向かってひたすら耐えたり、序盤のパワースパイクで耐えている敵を倒してしまうのもいいでしょう。
敵よりも自分が強い時間帯“を、見つけてみてください。

こんにちは。
いやー、MSIでTSMがボコられましたね。
まあ、何というか。TSMのMid laner、bjergsenが得意チャンプを一切使わないという謎の展開でした。
全然スッキリしません。うーん。


というわけで、mid laneのお話です。
mid laneといえば、carryしやすく、roamしやすいというサモナーズリフトの花形とも言えるレーンですね。
そして今のメタで言うと、mid laneはとてつもなく幅広いpickが存在します。
今回はそのmid laneの個人的なtier表です。評価基準はどれだけ能動的に勝ちに影響できるか、つまりキャリー力がメインです。
あまり信用しないでください。抜けてるチャンプもいると思います。
tier表を書くだけじゃつまらないので、それぞれの利点や特徴も書いていきます。
あとは参考動画ですが、中身は見てないです。張ってるだけです。
Tier Gods : Ahri Leblanc Talon Corki Azir Kog’maw Cassiopeia
Tier 1 :Diana Malzahar Katarina Zed Cho’gath
番外編 : Master Yi Irelia


Tier Gods
Ahri
 Ahriはレーニング、ローミング共に強く、kitingにより集団戦でも高いダメージを出しながら、バーストを出すこともできます。また成長した時はEが当たらなくてもキルが拾えるほどのダメージがあるので、スノーボールしやすいです。弱点で言うなら、rangeが短いことです。
2934: Bjergsen as Ahri vs Orianna Mid – S5 Challenger Ranked Gameplay
Leblanc
 レーンでの強力さは未だに持ちながら、やはり最強のroaming性能とスノーボール性能を持っています。ultのダメージが減少しましたが、大した影響はありません。あなたが適正以上の実力を持っているならば、彼女を使えば確実にキャリーできるでしょう。私はBANします。
SK Telecom T1 vs CJ Entus | Game 5 Semi Playoffs Round 2 LCK Spring 2015 | SKT vs CJE G5 Blind Pick
Talon
 彼のblinkは射程が長すぎるうえ、高いバーストとステルスを持っています。順当に育っていけばadcを溶かすのはもちろん、レーンにおいて対面のmage相手にはblinkでスキルを一つ避けるだけでほぼ勝てます。ultのCDが短いため、かなりのスノーボール性能もあります。
2645: Voyboy as Talon vs Syndra Mid – S5 Challenger Ranked Gameplay
Corki
 私のイチオシです。逃げ性能、バースト、DPS、ハラス、すべてを持ち合わせています。roamingもレーナーのCCが強ければ強い部類に入るでしょう。高い追撃性能があるので、キル回収は得意です。さあ、pickしない理由はありませんね。AP mid corkiをプレイしたい!と思った方は少し前のmid corkiガイドがあるのでそちらをご覧ください(宣伝)
Keane – Corki vs Ahri – Mid – Master S5 | 121
Azir
 個人的には復権したと思います。Fakerとeasyhoonがあんなに素晴らしいプレイをしたら、ここに入れるしかないじゃない! で、強みは圧倒的なAP DPSとフィールド作用CCです。あなたがEQ(flash)Rを上手く使いこなせるなら!DPSとバーストと、集団inSecです!強い! レーンはセーフティにいきましょう。育ったら周りの奴らがただの木偶の棒だとしても勝てるぐらいのダメージを手に入れられますから!
あ、最低でもWEQは練習しておきましょう。難しいですけど。
SKT Easyhoon – Azir Mid vs Viktor – Pro Replays #45
Kog’maw
 pokeするなら今はkogmawだと思います。めちゃくちゃなUlt射程でlv16からはまさしく化け物。ちょっとアサシンに弱いだけです。そう、ちょっと……poke系全てに言えるんですけどね。blinkも自衛も持ってないkogちゃんは露骨にアサシンに弱いです。立ち回りに細心の注意を払いましょう。
TDK vs WFX, Game 4 | NA LCS Summer 2015 Promotion Tournament | Team Dragon Knights vs Team Winterfox
Cassiopeia
 難しすぎる。ただそれだけ。極めたら最強です。ただ難しすぎる。
SKT Easyhoon – Cassiopeia Mid vs Malzahar – SoloQ Pro Replays


Tier 1
Diana
 高めのバースト、強力な引き寄せ、シールドによるタンク性能。どれも魅力的ですが、もし腐ったとき逃走手段が無いため厳しいです。またQの精度が非常に大切でスノーボールしやすいか?と言われると、そうとは言えません。
Malzahar
 簡単でキャリーしやすいので、オススメです。なぜTier1かというと、あまりにもsoloQ向けすぎてあまり好きではないというだけです。ある程度のAP、ある程度のtanky、その装備さえ積んでいれば間違いなく敵を一体倒せるでしょう。逃げ性能はありませんね。あくまで1.5人分の活躍が安定してできる、という感じの評価です。
Katarina
 めちゃくちゃスノーボールしやすいですが、対処もされやすいのが現状です。狙った敵が倒せなければ何もできませんが、一人倒せば集団戦は一気にOPです。逃げ性能もそれなりですが、スノーボールしやすい性能にかかわらず序盤のroamingは弱い部類です。私なら他のchampionを選択します。
Zed
 彼は今も1v1でかなり強いチャンピオンですが、ZhonyaやQSS等メタアイテムを積まれるとまるで活躍できません。Split pushを味方が理解してくれるなら、pickとしては悪くないと思います。しかし第一線ではありません。hecarimやchogathに1v1で勝てない現状、使うなら相手のmid・topがオープンになってからがいいでしょう。
Cho’gath
 1v1性能、対アサシン性能、AoE打ち上げ、最高級のサステイン。ただ難点がありすぎる。CCが遅くgankが弱い。逃げ性能が無いためsplitできない。足が遅い。Eをオンにしてレーンハラスをすると自動的にpushされ、gankを受けやすい。味方に強いCCがあるのならpickしてもいいでしょう。味方が足止めしているところにQを当てるのが定石です。おそらくキャリーするのは難しいです。


番外編(これから来るかも?)
Master Yi
 Fakerさんがめちゃくちゃやってるんですよね。Yi mid。おそらくMSIで一度はお目にかかれるんじゃないでしょうか。強みはもちろんめちゃくちゃなDPS、多少のpushも許さない追撃性能と1v1性能。タワーダイブ、ローム性能、スノーボール、Wによる割合ダメージ減少…ですが、レーニングがメチャザコなので難易度はめちゃくちゃ高いです。さっさとjunglerを呼びましょう。
SKT T1 Faker – Master Yi Mid Lane – KR SoloQ
Irelia
 LeblnacやKatarina、Zedなどの代表的なmid lanerに有利が取れるはずです。問題はAoEのなさ、終盤のパワースパイクの衰え。おそらくtopでテレポートを持って、中盤のプレッシャーを高めたほうがいいのでしょうが、集団戦に参加しやすいmid laneでの採用は無しではない、程度です。
SKT T1 Faker – Irelia vs Morgana – Najin Cain – Mid

Redditに投稿された「Basic ADC Strengths/Weaknesses(翻訳記事:Basic ADC Strength/Weaknesses、Game 4 Broke様)のリスペクト記事です。
翻訳記事がとても面白かったので。


Blitzcrank
長所:Blitzcrankはゲーム内でも最高峰のpick kill手段を持つサポートといえます。grabによるスタンとEの打ち上げ、ultのサイレンス等、捕まえた敵を殺すには十分な時間稼ぎができます。また彼の高い基礎ステータスは終盤でも高い戦闘能力を発揮し、低CDのultによるAOEダメージはsupportと言えど実に協力です。
短所:彼はその高いpick能力を失えば何の圧力もありません。grabを外してしまえば十数秒はサンドバッグと化すでしょう。また、彼のスキルはあまりにも全てが攻撃的、そして単体向けです。adcを守ることも難しく、集団戦でアシストを稼ぐことも他のChampionに比べて難しいでしょう。
ピックする場合:draven、vayneなどmarksmanがキルを欲している場合や、ezrealやgraves等、supportのroamが許せるmarksmanとのペア。またはLantern grab comboがしたい場合。
Thresh
長所:Threshは最もユーティリティなサポートでしょう。彼のpick能力はblitzには劣るものの高く、W,E,Rによるpeelやdisengage能力にも長けています。AAのモーションも良く、Eのパッシブはレーニングにおいて無視できないダメージを出してくれます。またranged supportでありながらEのAA強化のおかげでrelicを持つことができます。また、トリッキーなスキルの数々からアウトプレイが容易であることも挙げておきましょう。
短所:彼のパッシブによるソウル回収は、序盤のArmorの低さという形で序盤の戦闘能力を低くしています。またlanternはコミュニケーションが取れないsoloQにおいてとてつもなく不確定であり、不安定です。スキルの数々はとてもトリッキーで一つ一つを見ればとても強力なのですが、いざall inの戦闘になれば他のsupportと比べてダメージ、シールド、CCで劣り負けることが多いでしょう。
ピックする場合:コミュニケーションが取れる、または信頼できる相手がmarksmanの場合。
Leona
長所:Leonaの強力さはゲームでどれだけ真っ向勝負できるかに尽きます。彼女の飛びつきからのスタン、スタンからのultは一人の敵を瞬間的に倒すことができます(頼れる相棒がいれば)。高いhealth regは少しのpokeなら無視でき、WのARMR増加は数秒間rammusを背負っているようなものです。ultによるinitiateはとても強力で、Range1200の範囲からスタンor80%スロー、その上他のsupportに比べてultのCDはとても低く設定されています。ultで敵をキルしても、リコールして帰ってこれば常に敵の脅威となれます。
短所:彼女の戦闘能力はとても高いです。しかし、彼女は劣勢の試合では何もできません。pokeもない、pickもできない、ただの銅像となってしまいます。またpassiveは一人では作用せず、逃げ性能もないため敵のjungleの奥深くにwardを挿すのが難しいでしょう。
ピックする場合:blinkやdashを持つburst damageを持ったmarksman(例えば、gravesやcorkiなど)。
Morgana
長所:Morganaのsnareが長すぎると感じないLoLプレイヤーはいないでしょう。それぐらいに彼女のsnareはぶっ壊れていて、単一スキルとしては最高の足止め性能を誇ります。その上black shieldはすべてのCCを無効にし、相手の計画を全てぶっ壊す性能を持っています。ultによるdragon/baron fightの強さは、zhonya’s hourgrassを持つ事で更に凶悪になります。また、top・mid・supportをこなせるため、相手がカウンターしにくいです。
短所:彼女のダメージは全てQにかかっています。Qを外せばblitzcrank同様、10秒間ほどは何の圧力もありません。WのダメージはQを当てるかUltがスタンまで入らないとほぼ無いものとなるため、足止めが入っていない敵には致命傷を与えることができません。またUltやWなどは敵が密集するDragon/baron fightではとても強力ですが、敵が分散するレーンでの集団戦には弱いでしょう。
ピックする場合:敵にkalistaやvayneなど動きを止めたいChampionがいる場合。
Janna
長所:Jannaをpickする理由は何よりもsupportがしたいからです。本来のsupportの役目とは、対面をmarksmanと共にキルする事ではありません。赤子のようなADCarryの成長を見ながら、いつか兵器に仕上げるためにsupportは存在します。その時、最も適切なのはjannaと言えるでしょう。強力なshield、Wの移動速度増加によるwardingの早さ、QやultによるDisengageとultによるall heal、marksmanを守るためのすべてを彼女は所持しています。そしてとてつもなく強力なシールドは、序盤の2v2を非常に得意としていますし、marksmanのヘルスが低くてもjannaがいれば敵のjunglerはtower diveを躊躇します。
短所:彼女は強気になることができません。攻め込んでくる敵に淡々と対処することができる反面、攻め込むにはとても弱いスキルセットです。またレーニングにおいてはシールドのタイミングが全てで、常にmarksmanにカーソルを載せておき、敵の攻撃が着弾する前にシールドを使えるぐらいではないとレーンでの強力さが薄れてしまいます。そして序盤のシールドはとても強力ですが、終盤ではAPの持たないjannaのshieldは紙の装甲のようなものです(Lv9時点がjannaのピークと言えるでしょう)。
ピックする場合:守りたい人がいる時。または高いADratioのnuke skillを持つmarksman(graves、lucianなど)と組む時。
Nami
長所:Namiのバランスはとてもいい状態が常に続いているでしょう。それは攻めも守りも水準以上にこなせる器用さが彼女を常にこの立ち位置にしています。Wでの単純なハラスやヒールによるmarksmanのサステイン強化、またEのハラスが入ればQを当てることも容易になり、レーニングでも強力です。狭く奥に広いjungleでの集団戦はnamiのultが輝きます。ultによるdisengage能力も高いです。
短所:はっきり言って彼女にはほとんど弱点がありません。強いて言えばCCを当てるのが難しいことと、pushが出来ないことぐらいです。
ピックする場合:いつでも。
Sona
長所:Sonaのレーニングの全てはQ+AAにかかっています。その超強力なQ+AAハラスは他のsupportと比べても壊れており、また優れたAA range(550)により安全なハラスがとても容易です。また、Wでサステインを与えることもできます。range900のultは範囲がとても広く、flash initiaterとしてとても優秀です。
短所:恐ろしく低い耐久力のsonaが、BlitzcrankやThreshと対峙したときどうなるか。想像したくもありません。Lv6以降のsonaは、ultに大きく依存します。他のsupportが通常のスキルでスタンやスネアを持っているのに対して、sonaは100秒以上のCDを耐え忍ばなければなりません。それにadcを守る性能も低く、彼女とadcが集団戦で固まって行動するとAOEで崩壊することが多々あります。
ピックする場合:敵にblitzとthreshがいない時。harass and siege構成、CaitlynやJinxなど。
Braum
長所:Braumは序盤から終盤まで隙がありません。序盤はパッシブのスタックを与えるだけでレーンでのキルを狙うことができます。終盤のpeel力も高く、彼が一度AAするだけでmarksmanは敵をキルすることができますし、ARMR増加を与えることも彼自身が盾になることもできます。UltのAOE knockupは集団戦で実に厄介なフィールドCCとなります。
短所:彼のultは多くの敵の攻撃を防ぐように設計されておらず、all-inのチームに対してはとても貧弱です。また一人ずつパッシブを与えて回ることはほぼ不可能に近く、特にblinkで動き回る敵に対して無力です。そして終盤、rangedからmarksmanを守る機会も少ないため、彼の盾は素通りされることも多いです。
ピックする場合:AAがメインなranged(kalista、vayne)と組む時。

この間のpatch5.2でmid lanerの事情が物凄く変わりまして
akaliとfizzの勝率がお通夜状態です
逆にahriは大勝利ですね
勝率
哀しみのトリスターナも哀しみを背負ってますね
46%とは驚きです。何がbuffだどう見てもnerfじゃねーか
で、何が言いたいかってnerfやらbuffやらがヤバすぎて
誰が強くて誰が弱いかもわかんないし
格ゲーみたいに単一キャラだけ練習してたらnerf喰らった時すっごい悲しみ背負うんですよね
なら誰使っていけばいいんだよぉ! って話なんですよ
今OPであろうkatarinaはnerfが確定的ですし
激ヤバなahriちゃんももうnerfがPBEで来ました
azirも難易度高いから許されるかと思ったけどnerfがさっき来たみたいです
だから今回は練習orランク上げるなら?
っていうオススメチャンプを考えてみました
今オススメのチャンピオン
Heimerdinger
言わずもがなレーン強いですし別に誰来ても困らないです
ビルドはドラリンスタートでドラリンもう一個買って砂時計直行でいいです
midとtop行けるのもいいですね
ひたすらpushしときましょう、それで強い
BANはまるでされないです
katarina(そのうち死ぬ)
レーンも大して弱くないし先出しがめちゃくちゃきついわけでもない
スキルショット系の相手には強いです
レーンではスキル避けるためにずっと動きながら敵にQずっと投げときゃいいです
集団戦は減ってるやつ殺してキー連打しとくだけ簡単OPチャンピオン
BAN候補筆頭
ahri(そのうち死ぬ)
どう見ても強すぎました meleeにはまず捕まらないです
逃げながらREQWR…. 攻めながらREQWRRRRRRR 
GG 死なないゴキブリちゃんOP
動き回りまくれるので棒立ちするのはやめましょう
BAN候補筆頭
Jarvan 4
jungleでキャリーするならコイツだと思う
Viも強いけど拘束力の高さならコッチ
流行りのsivirを敵がpickしたの見てから出すと超強い
graves
adcで一番キャリーできるかなって
序盤のバースト重視でBFの前とか後にブルタラ買うのもいい
AAしてたらいっぱいブリンクできるしWが空気だし操作カンタン
つよい
thresh
サポでキャリーしようと思うな
ただthreshは上手ければ何でもできる可能性を秘めてる
何よりsupやっててthresh以上に楽しいチャンプがいない
kennen
どっかのSK gamingがpickして話題になってます
レーンも強いしバーストも出る 集団戦も強い
非の打ちどころが少ないチャンプ
dragやbaronファイトで強いです
Leblanc
勝率は低いからnerfは来ないと思う
集団戦も敵固まってるとこにWRで結構火力出せたりします
何より敵をおちょくれるのが楽しい
でも割とBANされる
Riven
キツイ対面が少ないのでオススメ
DFG消えてちょっとバーストの脅威が小さくなった
まだnerf来ないし練習しとけば結構長いこと使えると思います
AAキャンセル? できるかそんなもん
Irelia
こいついつnerf来るんですか
どう見てもOPです、先出しで安定するし超後半強い
nasusぐらいしか勝てないやついないんじゃないですか?
Nasus
別に試合はキャリーできないけど時が流れていけば勝手に強くなれる
スタックとキルデス見るだけで自分は勝利した気分になれる
Vi
思考停止jungler
Qが当たらなくても青smiteのおかげでadcぐらい殺せるようになった
jungleアイテム赤エンチャしたら後はフルタンクでも火力ボコボコ出ます
強いです
sion
今タンクするなら一番旬ですね
CCも持ってるしそれなりにダメージも出ます
Rはすぐ近くの敵や移動阻害されてる敵に当てましょう
遠くから使ってもほとんど外れます
lulu
ユーティリティプレイヤーluluちゃんはレーンもつよいです
シールドのおかげでダメージトレード大得意です
やっぱりレーン後は火力が出ないので
火力の出せるjunglerと組むと最高にいいですね
最近solo laneの時はmejai積み始めました、20stacks gg
Orianna
カ ワ イ イ
だから練習してもっと使ってください

PAGE TOP