カテゴリー「 LoL-中級者向け講座 / 考察 」の記事

54件の投稿

これ、すっごい思うんですよね。
LoLはメカニクスとかいう技術の面も大切なんですけど、基本的には頭を使うゲームです。
プレイヤーは常に頭を使って行動しているはずだし、そうあってほしい。
たまにぶっ壊れなチャンピオンが存在します。ekkoだとか、ryzeだとか。
そのチャンピオンを対面して負けて、単に「あんなんどうしようもねえ。絶対勝てねえ。早くnerfしろ早く削除しろ」って言うだけならすっごい簡単なんですよ。
あるいは、「junglerが全然来なかったから負けた。味方が弱すぎるから負けた。」とかいろいろ。
そうじゃなくて、絶対反省点はあるはずです。ekkoはW落ちている間は弱いとか、Qの帰りを横に避ければダメージはあまり出ないとか。今使ったチャンピオンじゃ絶対勝てないなら、カウンターとして使えるチャンピオンを考えるとか。
imbaだとかOPなチャンピオンたちに勝てとは言いません。次はもうちょっと成長しなきゃいけないというだけです。
考えることを放棄するのは一番簡単で、そして最低です。何も得られません。
失敗は成功につながります。だからこそ、負けた理由を考えることは重要で、反省はもっとも良い上達方法です。
リプレイを見たら、自分がいかに意味不明な、無駄な行動をしているかがわかったりします。味方jungle内を意味もなくウロウロしたり、全く敵が映らない場所にワードを置いていたりします。
自分がsupの時、adcが一人になっていて襲われて死んだ。その時「何やってんだadc、守り気味に動けよ。一人だし危ないのわかってるだろ。」と言うのは簡単です。
試合が終わって落ち着いたら、試合のリプレイを見てください。敵のアサシンがワードに映らず、adcの元まで辿り着いたなら、悪いのは間違いなくadcがファームするための視界管理ができていないsupportもしくはjunglerのせいです。
超pushしていて勝手に死んでも、pushを止めさせるためにpingを打ちまくる、pushしても大丈夫なように敵jungleの視界を取る、teamがgroupする、adcを使ってbaitする。様々な方法があるはずです。
自分だとわからないなら、リプレイを自分より上手い人に見てもらいましょう。
思ったことがあったら遠慮なく言ってください!って言えば色々言ってくれるはずです。


リプレイの保存方法
ここ(OP.GG)で自分のサモナーページにアクセスして、試合がロード画面に入った時にこの赤枠を押して
b29a2a673649bc5f4efe8955c0242afb.png
下の赤枠の「録画する」を押してください。
df8939a5fcb1133a4e9c065cb62e55bc.png
そうすると、試合後1週間ぐらい?リプレイが保存されるので保存して開いて観戦しましょう。


経験がものを言う集団戦の立ち回り、スキルショットの回避、flashの使い方、tpの使い方はそう簡単には上達しません。しかし試合後、勝てないチャンピオンのスキルを見て対策を考えたり、リプレイでワードを置く場所を考えたり、リプレイを見てこのタイミングで一番いい戦術だったり行動については、落ち着いて考えてみればわかるはずです。
その積み重ねが、相手の行動を読むことにつながります。
負けは最高の先生です。色んなことを学べます。
----------------ここまで理想----------------
----------------ここから現実----------------

そういう感じの考えをしたいんですけど、リプレイ見るのめんどくさいし、やっぱりOP見たらとりあえずブチキレしてます。
誰かこういう反省上手な人いません?試合負けても次の試合さっさとinQueueしちゃうんですけど、毎試合リプレイ見たりする優等生の心がけを教えてください。おねがいします。

こんにちは!
PBEではタムケンTahm Kenchが実装されて盛り上がってますが、今日はpatch5.12が来る日です。
その中でも結構デカイ変更である、JungleエンチャントRuneglaiveについて書きます。


■アイテムの性能
[NEW] Enchantment – Runeglaive
RECIPE :: Tier 2 Jungle Item + Sheen + 200 gold (2250 gold total)
ABILITY POWER :: 40
COOLDOWN REDUCTION :: 10%
MANA :: 200
UNIQUE PASSIVE :: Spellblade – スキル使用後、次の通常攻撃はmagic damageとなり、対象と周囲の敵ユニットに75% Base Attack Damage (+0.3 ability power) bonus damageを与え、失われたマナの8%を回復する
Game4Broke様から転載)


■このアイテムによる影響
この変更により、元々あったMagus(AP80、CD20%のjungleエンチャント)は削除されるようです。
間接的にJungle Fiddlestickへのnerfとも言えます。そしてこのアイテムを持つチャンピオンは、おそらくevelynnやnidalee、ekkoといったAP型でありながらAAを必要とするチャンピオンが候補になるでしょう。
性能としては通常攻撃のAoE化に加えて、sheen+200goldでCDが手に入る点などかなり良い性能を持っているといえます。元のmagusもかなり強かったですが。


■マッチするチャンピオン
AP型のevelynn、gragasなどはバーストを出す点ではマッチするでしょうが、それらのチャンピオンは戦闘離脱性能に乏しく、AoEの効果を活かすためのAPを積み続けることが困難です。もちろんevelynnなどは動き次第でアサシンにもなれますし、スキルを連打する点もかなりマッチする部類だと思いますが、が。
戦闘離脱性能が高い、またはAPを積みまくっても溶けにくい。かつAoEがマッチするチャンピオンがいいのではないでしょうか。一人で高いAoEバーストを出せるようになるチャンピオンが良いと考えます。
1. Ekko
 流行りのチャンピオンですが、高い戦闘離脱性能、機動力、CC、AoEなどを持ち合わせており、Wが刺さった後のEAAQAAが刺されば一人で集団戦の引導を渡すことができます。tank buildへの変更も可能で、序盤での展開によりビルドを柔軟に変えられる点も強いと思います。
2. Fizz
 高いバーストと逃げ性能、追撃性能、lv6以降のgank力の高さは他のAP系チャンピオンにないものです。2種のblinkとPassiveにより生存能力が高く、Runeglaiveを持つ事によりAoEが3つに増えるのは驚異です。
3. Diana
 強いはずですが、lichの方がバーストが出ますしjunglerに配置する意味はない気がします。もしかしたら流行るかもしれませんねという程度です。
4. Nidalee
 クーガーQが超強くなります。なお、槍当たったら絶対絶対突っ込むマンが完成してしまうので、今日からjungle nidalee地雷率が上昇します


■総評
このアイテム自体は1v1の性能を高めるものではないので、おそらく序盤のgankによる高いダメージという点ではmagusからRuneglaiveの置き換えはAP junglerにとってnerfです。CDも伸びました。
ただ集団戦という点で見れば、ただ後方から槍を投げていただけのnidaleeに少しのAoEダメージを付与してくれますし、おそらくjunglingを早めて、青バフが無くてもマナ不足をかなり解消してくれるでしょう。
+集団戦でのAoEダメージで、チームダメージへの貢献
+マナ不足解消、junglingの高速化
+AAを挟むチャンピオンにとって、総ダメージの増加
-スキルダメージの低下
-CDの減少(20%→10%)
-マッチするチャンピオンが限られる、SoloQ King、Fiddleの失墜
-そもそもAAをするのがめんどくさい


■今日見られそうな光景
「えっ、今日はjungle Akaliやっていいのか!!」
『AP jungle Shenもいいぞ!』
「(Feed)」

ちわっす。
いつもこんにちはから入るのも味気ないので新鮮さを加えてみました。相互リンク募集中です(唐突)
今回はパワースパイクについてです。


“パワースパイクを理解する”
LoLというゲームを始めたばかりの人が、よく戸惑うのが攻め時がわからないという点です。これはサモナーレベル30になっても漠然としていて、なんとなく攻めれる気がするから攻める、そういう行動が多くないでしょうか?私もそうです。
敵のスキルが落ちている、敵のSS(summoner spell)が落ちている、敵の動きが弱そう。様々な要素が集まり、初めて”攻め時”が理解できます
そしてパワースパイクというのは、一つの攻めの指標です。今回はパワースパイクについてと、自らのパワースパイクに合わせた行動についての考察です。


1. パワースパイクとは
パワースパイクとは、各々のチャンピオンの強い時間帯やタイミングを意味します。
なぜこれを理解することが大切かというと、自分の強い時間帯=戦闘を起こすべき時間帯であり、攻め時と言ってもいいでしょう。
そして、パワースパイクを迎えていない時間帯というのは、イコール戦闘を起こすべきでない時間帯なのです。
MTG、HearthStoneというようなカードゲームをプレイしたことがあるなら、その重要性がわかると思います。
アグロと呼ばれる速攻のデッキは、試合を序盤から崩さなくてはなりません。そのためミッドレンジ、中盤に強いデッキには勝てますが、コントロールと呼ばれる序盤を耐えて後半に逆転するタイプには勝てません。
ミッドレンジ対コントロールは、コントロールの弱い守りをぶち破ることができるので、ミッドレンジに有利があると言われています。
これはLoLによく似ています。序盤、Lv3でパワースパイクを迎えるxinzhaoやleesinのようなjunglerは、中盤以降のult gankerを相手に有利な試合展開を築けます。ireliaのようなチャンピオンで中盤に試合を壊せば、終盤に強いハイパーキャリーを腐らせることができます。
しかし、LoLはカードゲームではないので、すべてがこの通りではありません。
まず、中盤強いチャンピオンは中盤まで耐えることができます。後半強いチャンピオンは、視界がしっかりしていれば中盤強い相手でも育つことがでしょう。
耐えることができるからこそ、パワースパイクを理解することが何よりも大切です。
パワースパイクを迎えたとき、自分がどう試合を動かすかを意識しながらプレイすることが、このゲームの勝利に繋がります。
2. パワースパイクの種類
パワースパイクには、多くの種類があります。

スキルの数が増えることによるパワースパイク。
スキルレベルが最大になった時のパワースパイク。
trinity forceなどのアイテムによるパワースパイク。
ステータスがスタックするタイプのチャンピオン。
manamuneがスタックでmuramanaに進化したとき。

まだ種類があるかもしれません。とてもなだらかなパワースパイクを持つチャンピオンもいます。
今回はそれぞれのパワースパイクの特徴と、迎えた時に可能な行動をチャンピオンを例に挙げたりしながら紹介していきます。


1. スキルの数によるパワースパイク
これはレベル2、レベル3、レベル6の時にスキルの数が増えることによるパワースパイクです。
スキルが敵より1つ多いという状況の場合、よっぽどのミスをしない限りは負けません。この格差が最も現れるレーンは、bottom laneです。
bottom laneは1wave + 3melee minionsで2人のレベルが2になります。これは非常に重要です。
なぜならレベル2になった時というのは、top laneやmid laneは1人のレーンなので、スキルが1つから2つになるだけです。ですが、bottomはスキルが2つから4つに変わります。
特にsupport championというのは、レベル2で非常に強力なall in性能を持っています。例えばthresh、blitz、leona、nautilusなどが該当します。これらのチャンピオンにレベル2を先行され、捕まってしまえば、それだけでflashを使わざるを得ない状況が作られてしまうのです。
そのためにbottom laneは、最初のwaveと次の3体のmelee minionsをとにかく早く、相手より早く処理する必要があります。lv2が先行されてしまっても、引けばいいと簡単に考えてはいけません。相手は次のwave、もしかしたらその次もzoningをやめないかもしれません。bottom laneにとって、レベル2はそれぐらい重要です。例えば、アリスターはEをレベル1で取り、ミニオンをヒールしてプッシュするぐらい、レベル2は重要です。
ちなみに、ソロレーンでは1wave + 1melee minionでlv2になります。
2. レベルを先行した時の行動
先ほど書いたことそのままなんですが、lv2やlv6を先行した場合はエンゲージできるならこちらから仕掛けましょう。
leona、sona、nautilus、kennen、malphiteなどはlv6でとても強いultを手に入れられます。そのタイミングでレベル先行しているなら、そのレベル先行という差を縮められる前に攻めましょう。


1. スキルレベルが最大になった時のパワースパイク
一つのスキルがMAXになった時、とても強くなるチャンピオンは多いです。
例としてvladimir(Q)、irelia(W)、cassiopeia(E)などは通常スキルが最大になった時、mid kogmaw(R)などのultが最大になった時。これらのチャンピオンは、スキルが最大になることでそのチャンピオンに最も求められているものを得ることができます。
vladimirのレベル9、Qが5になった時、vladimirは非常に強力なハラス&サステインを得ることができます。
ireliaのWが5になった時、ireliaはdealistとして必要なとても高いDPS true damageを手に入れられます。
cassiopeiaのEが5になった時、cassiopeiaは非常に強力なバーストとDPSを得ます。
mid kogmawのUltが3になった時、kogmawは高いダメージと超射程のpokeを1秒ごとに発射できるようになります。
彼らはここまでもその性能を持っていたはずですが、その性能を更に強力にするタイミングはこのスキルレベルが最大になるタイミングです。
これらのチャンピオンはその時点まで、耐えてファームをし、その後行動を起こすことで有利な展開を築くことができます。
2. 最大になったら?
スキルレベルが最大になったなら、その特徴を活かした行動をするべきです。vladimirはQをひたすらスパムし相手をリコールさせるか、リコールしないならREQWでソロキルするかです。cassiopeiaもQやWが当たったワンチャンスを活かしてソロキルを狙ってもいいでしょう。kogmawはteamにgroupしてもらい、ひたすらpokeしましょう。


1. アイテムによるパワースパイク
この場合に最もわかりやすいのは、最初に例に挙げたTrinity forceです。Trinity forceは多くのステータスをまばらに上昇させますが、スキルを使った後の通常攻撃に攻撃力の200%を追加するという非常に非常に強力なパッシブがあります。
アイテムによるパワースパイクがわかりやすいのは、adcarryでしょう。
corkiやkogmawといった低CDのultを持つadcarryは、trinity forceを持った時点でIEを持った相手に勝つことができます。
IEを買うJinxなどの一般的なadcarryは、IE + PD or Shivを持った時にパワースパイクを迎えます。
また、vayneやtwitchなどがよく初手に買うBoT Ruined king、通称王剣は他のfirst itemより安く、ASとの相性の良いチャンピオンにとても早いパワースパイクを与えます。
adcarryを例に出しましたが、他にも例はあります。SeraphとRoAを購入した時点のRyze、Trinity forceを購入した時点のirelia、gunbladeを手に入れた時点のakaliなどは非常に強力なパワースパイクを迎えます。
2. アイテムを買った後
先ほどのスキルレベル最大まで耐えるというのと同様、これらのチャンピオンはアイテムのパワースパイクを迎えるまで耐えることで、確実なレーンでの勝利を掴むことができるでしょう。


1. ステータススタック系のチャンピオン
ステータスがスタックするチャンピオン、代表的なものはnasusがいますね。QでCSを取るたびにQのダメージが3上がるという、nasusを象徴するようなスキルです。
veigar、sion、nasusといったチャンピオンはステータスを上昇させることでそのチャンピオンに求められているものを手に入れることができます。veigarはmageとしてのバーストダメージ(support運用の方が多いですが、今回はmidとしてです)、sionはtankとしてのhealth、nasusはsplit pushのためのdeal性能です。
彼らは特にパワースパイクが存在せず、時間がたてば経つほどそのステータスは強力になります。もう十分だという判断は、プレイヤー自身がする必要があります。
2. スタックしきったら。
veigarはfarmするより、ワンコンでキルするためにマップ上を動いた方がいいでしょう。sionもtankとして戦闘に参加する事が最もスタックを活かせます。なら、nasusは?というと、彼の場合するべき行動とスタックの条件が全く同じです。split pushをしてdeal性能を活かし、ひたすらファーム、ファームを繰り返すだけです。来たミニオンをファーム。ジャングル入ってファーム。ついでにレーンに来た敵チャンピオンをファーム。簡単ですね。


1. スタック系のアイテムが最大になった時
これはmuramanaのことなんだけど、説明しなくていいや。俺muramanaしょっちゅう使い忘れるし。


終. おわりに
パワースパイクにも多くの種類があります。次からは自分のよく使うチャンピオンや、これから使おうと思うチャンピオンのパワースパイクを意識してプレイしてみてはいかがでしょうか?
後半のパワースパイクという目標に向かってひたすら耐えたり、序盤のパワースパイクで耐えている敵を倒してしまうのもいいでしょう。
敵よりも自分が強い時間帯“を、見つけてみてください。

こんにちは。
いやー、MSIでTSMがボコられましたね。
まあ、何というか。TSMのMid laner、bjergsenが得意チャンプを一切使わないという謎の展開でした。
全然スッキリしません。うーん。


というわけで、mid laneのお話です。
mid laneといえば、carryしやすく、roamしやすいというサモナーズリフトの花形とも言えるレーンですね。
そして今のメタで言うと、mid laneはとてつもなく幅広いpickが存在します。
今回はそのmid laneの個人的なtier表です。評価基準はどれだけ能動的に勝ちに影響できるか、つまりキャリー力がメインです。
あまり信用しないでください。抜けてるチャンプもいると思います。
tier表を書くだけじゃつまらないので、それぞれの利点や特徴も書いていきます。
あとは参考動画ですが、中身は見てないです。張ってるだけです。
Tier Gods : Ahri Leblanc Talon Corki Azir Kog’maw Cassiopeia
Tier 1 :Diana Malzahar Katarina Zed Cho’gath
番外編 : Master Yi Irelia


Tier Gods
Ahri
 Ahriはレーニング、ローミング共に強く、kitingにより集団戦でも高いダメージを出しながら、バーストを出すこともできます。また成長した時はEが当たらなくてもキルが拾えるほどのダメージがあるので、スノーボールしやすいです。弱点で言うなら、rangeが短いことです。
2934: Bjergsen as Ahri vs Orianna Mid – S5 Challenger Ranked Gameplay
Leblanc
 レーンでの強力さは未だに持ちながら、やはり最強のroaming性能とスノーボール性能を持っています。ultのダメージが減少しましたが、大した影響はありません。あなたが適正以上の実力を持っているならば、彼女を使えば確実にキャリーできるでしょう。私はBANします。
SK Telecom T1 vs CJ Entus | Game 5 Semi Playoffs Round 2 LCK Spring 2015 | SKT vs CJE G5 Blind Pick
Talon
 彼のblinkは射程が長すぎるうえ、高いバーストとステルスを持っています。順当に育っていけばadcを溶かすのはもちろん、レーンにおいて対面のmage相手にはblinkでスキルを一つ避けるだけでほぼ勝てます。ultのCDが短いため、かなりのスノーボール性能もあります。
2645: Voyboy as Talon vs Syndra Mid – S5 Challenger Ranked Gameplay
Corki
 私のイチオシです。逃げ性能、バースト、DPS、ハラス、すべてを持ち合わせています。roamingもレーナーのCCが強ければ強い部類に入るでしょう。高い追撃性能があるので、キル回収は得意です。さあ、pickしない理由はありませんね。AP mid corkiをプレイしたい!と思った方は少し前のmid corkiガイドがあるのでそちらをご覧ください(宣伝)
Keane – Corki vs Ahri – Mid – Master S5 | 121
Azir
 個人的には復権したと思います。Fakerとeasyhoonがあんなに素晴らしいプレイをしたら、ここに入れるしかないじゃない! で、強みは圧倒的なAP DPSとフィールド作用CCです。あなたがEQ(flash)Rを上手く使いこなせるなら!DPSとバーストと、集団inSecです!強い! レーンはセーフティにいきましょう。育ったら周りの奴らがただの木偶の棒だとしても勝てるぐらいのダメージを手に入れられますから!
あ、最低でもWEQは練習しておきましょう。難しいですけど。
SKT Easyhoon – Azir Mid vs Viktor – Pro Replays #45
Kog’maw
 pokeするなら今はkogmawだと思います。めちゃくちゃなUlt射程でlv16からはまさしく化け物。ちょっとアサシンに弱いだけです。そう、ちょっと……poke系全てに言えるんですけどね。blinkも自衛も持ってないkogちゃんは露骨にアサシンに弱いです。立ち回りに細心の注意を払いましょう。
TDK vs WFX, Game 4 | NA LCS Summer 2015 Promotion Tournament | Team Dragon Knights vs Team Winterfox
Cassiopeia
 難しすぎる。ただそれだけ。極めたら最強です。ただ難しすぎる。
SKT Easyhoon – Cassiopeia Mid vs Malzahar – SoloQ Pro Replays


Tier 1
Diana
 高めのバースト、強力な引き寄せ、シールドによるタンク性能。どれも魅力的ですが、もし腐ったとき逃走手段が無いため厳しいです。またQの精度が非常に大切でスノーボールしやすいか?と言われると、そうとは言えません。
Malzahar
 簡単でキャリーしやすいので、オススメです。なぜTier1かというと、あまりにもsoloQ向けすぎてあまり好きではないというだけです。ある程度のAP、ある程度のtanky、その装備さえ積んでいれば間違いなく敵を一体倒せるでしょう。逃げ性能はありませんね。あくまで1.5人分の活躍が安定してできる、という感じの評価です。
Katarina
 めちゃくちゃスノーボールしやすいですが、対処もされやすいのが現状です。狙った敵が倒せなければ何もできませんが、一人倒せば集団戦は一気にOPです。逃げ性能もそれなりですが、スノーボールしやすい性能にかかわらず序盤のroamingは弱い部類です。私なら他のchampionを選択します。
Zed
 彼は今も1v1でかなり強いチャンピオンですが、ZhonyaやQSS等メタアイテムを積まれるとまるで活躍できません。Split pushを味方が理解してくれるなら、pickとしては悪くないと思います。しかし第一線ではありません。hecarimやchogathに1v1で勝てない現状、使うなら相手のmid・topがオープンになってからがいいでしょう。
Cho’gath
 1v1性能、対アサシン性能、AoE打ち上げ、最高級のサステイン。ただ難点がありすぎる。CCが遅くgankが弱い。逃げ性能が無いためsplitできない。足が遅い。Eをオンにしてレーンハラスをすると自動的にpushされ、gankを受けやすい。味方に強いCCがあるのならpickしてもいいでしょう。味方が足止めしているところにQを当てるのが定石です。おそらくキャリーするのは難しいです。


番外編(これから来るかも?)
Master Yi
 Fakerさんがめちゃくちゃやってるんですよね。Yi mid。おそらくMSIで一度はお目にかかれるんじゃないでしょうか。強みはもちろんめちゃくちゃなDPS、多少のpushも許さない追撃性能と1v1性能。タワーダイブ、ローム性能、スノーボール、Wによる割合ダメージ減少…ですが、レーニングがメチャザコなので難易度はめちゃくちゃ高いです。さっさとjunglerを呼びましょう。
SKT T1 Faker – Master Yi Mid Lane – KR SoloQ
Irelia
 LeblnacやKatarina、Zedなどの代表的なmid lanerに有利が取れるはずです。問題はAoEのなさ、終盤のパワースパイクの衰え。おそらくtopでテレポートを持って、中盤のプレッシャーを高めたほうがいいのでしょうが、集団戦に参加しやすいmid laneでの採用は無しではない、程度です。
SKT T1 Faker – Irelia vs Morgana – Najin Cain – Mid

PAGE TOP