カテゴリー「 LoL-チャンピオン 」の記事

101件の投稿

こんにちは
先日のpatch5.5でBardという新チャンピオンが登場しました
fd7f3b19d864b6c494db6dd3cf9ade40.png
デデドン!(絶望)
勝率36%ですよ。なんじゃこりゃ。
まだ使い方が定まってないのが大きいとは思いますが
難易度が高いのも影響しクソみたいな勝率になってます
そもそもRoamingするsupportというコンセプト自体、NAでは向いてないですが……
このBardが登場したことによって他のsupportの勝率が2%ほど上がったそうですね。笑う。
で、使い方を考えてみたいとは思うのですが
前提として、RoamをしないとPassiveのチャイムを集められないので
相方のadcはroamされてもtowerdiveされにくく、waveclearに優れ、レベル先行することで優位に立ちやすい子がいいです
全部を満たすadcはあまりいないと思いますが……
jinxやgraves、caitlyn、lucian、sivir、corkiなどがいいのではないでしょうか
スキルを見ていきましょう(LoLJP wikiから転載)


Passive Traveler’s Call
Passive: Ancient ChimesとMeepsという二つのPassiveを持つ。
ANCIENT CHIMES: マップのどこかに鐘が出現する。鐘を取ると、非戦闘時の移動速度が7秒間上昇(5回までスタック)、経験値を取得、Manaが[15 + 失っているManaの8%]回復する。鐘は10分経つと消える。
MEEPS: 通常攻撃の際、スタックを消費してターゲットに追加ダメージを与える。取得した鐘の数で性能が強化、5でスロー(1s)を付与、25でターゲットの後方にも追加効果を与え、65で効果範囲が広がる。
魔法DM: 30/55/80/110/140/175/210/245/280/315/345/375/400/425/445/465 (+0.3) (鐘の数: 10毎に上昇。150以降は5毎に20上昇)
スロー: 25/45/60/70/75/80% (鐘の数: 5/45/85/115/135/145)
最大スタック数: 1/2/3/4 (鐘の数: 0/15/55/95)
CD: 12/11/10/9/8s (鐘の数: 0/35/75/105/125)
Q Cosmic Binding
Active: 貫通する光線を飛ばし、命中したユニットへ魔法DMとスロー(60%)を与える。貫通した光線が他のユニットまたは壁に命中した場合、両方のユニットにスタンを与える。
魔法DM: 75/110/145/180/215 (+0.5)
スロー/スタン時間: 1/1.2/1.4/1.6/1.8s
消費MN: 60 CD: 11/10/9/8/7s Range: 925
W Caretaker’s Shrine
Active: 指定地点にHPを回復するオーブを設置する。オーブは設置から10秒経過すると回復量が最大になり、最大3つまで設置できる。オーブに触れた味方ChampionのHPが回復し、移動速度が50%増加する、移動速度増加は1.5秒かけて元に戻る。敵Championが触れた場合、オーブは消滅する。
最小回復HP: 30/60/90/120/150 (+0.2)
最大回復HP: 70/110/150/190/230 (+0.45)
消費MN: 100/105/110/115/120 CD: 12s Range: 1000
E Magical Journey
Active: 壁の向こう側に移動できる一方通行のゲートを設置する。ゲートを右クリックすると敵味方どちらも通行でき、味方は通行速度が上がる。
速度ボーナス: 10/20/30/40/50%
消費MN: 30 CD: 26/24/22/20/18s Range: 1000
R Tempered Fate
Active: 約1秒後に指定範囲(350)のユニットを2.5秒間行動不能かつ無敵にする。この効果は敵味方両方のChampion/Minion/Monster/Turretに反映する。
消費MN: 100 CD: 130/115/90s Range: 2500


■Passive
説明がとっても長いですが、要約すると
マップ上に出るチャイム拾い、それを消費してAAが強化される。
拾った累積のチャイムによってAAが更に強化される。
チャイムを拾うとマナと経験値を得る。
ということです
■Q
実質、BardがRoamして使えるのはこれぐらいです
レーン戦でもこれしかほぼありません
レンジは長く、スタンの時間も最大1.8秒でなかなか優秀ですが当てるのが難しいです
portalを通ってきた相手には確実に当てられるため、Eと合わせて逃げスキルにもなります
■W
レーンからRoamするときに置いておいて、adcに取ってもらう用のヒールボックスです
10秒たたないと最大回復量にならないですが、レーン戦以外では気にせず味方に使いましょう
CDも短いのに3つしか置けないのなんでだ
■E
bardがレーンで最弱レベルなのはこのスキルのせいです
レーン戦では一切使えませんが、
junglerとsupportが一緒に動くならthreshのlanternのようにgankできます(少し違いますが)
botで言えば、(blue側として)敵のturret裏からjunglerと一緒にgankしたりと
junglerと共に動くことによって生かされるスキルです
■R
難しいスキルです。ロマンはありますが……
こちらがwombo構成ならイニシエートとして使用できますし、ディスエンゲージでも敵を固めれば使えます
しかし思ったように敵や味方を捕まえられず、敵だけ止めるはずが敵4人+味方1人止めて味方死亡。なんてこともよくあります
序盤のtower diveをやりやすくしてくれます


ルーンやマスタリーはtankyでいいんじゃないでしょうか
スケールが悪いし、スキルの2つはAPレシオがありませんし
スキル上げはRQWEが多い気がしますが、WQでもいいかもしれません
Pros/Cons
長所
roamでjunglerにブリンクを与えることができ、gankの成功率を上げられる
優秀なレンジ・スタンのQ
レーンから離れてもヒールできるW
可能性は無限大の長射程ult
チャイムを集めきった時のAA強化は驚異的
パッシブでエッジのスタックを消化しやすい
AAのモーションがいい
タワーダイブしやすくgankをオブジェクトにつなげやすい
短所
そもそもダメージもCCも薄く弱い
Ultにダメージがないので上手く使わないとダメージ負けしどうやっても集団戦で勝てない
レーンでハラスも弱いし柔らかいしCCも当てにくいし弱い
ロームしても一人じゃ何も出来ない
敵をアシストしやすい
雑魚
結論
敵にBardがいればガッツポーズしろ。味方にBardが来たらDodgeしろ。

こんにちは
皆さん、supportと言えばどのチャンピオンを思い浮かべますか?
現環境ではblitzだとかleonaだとかannieだとかの攻撃的なsupportに
thresh、morganaやluluなどのユーティリティ
jannaなどのdefensiveなやつなど色々いますね
それがどうというわけではないのですが
私が最近ハマっているsupportはsorakaです
sorakaといえば最近reworkが入り
マナ回復や自己ヒーリング、対象指定silentを失った代わりに
圧倒的な味方へのHPS(Heal Per Second)と
範囲silentを持つsupportへと変わりました
そんなnew sorakaは、現環境ではあまり見かけません
理由は色々ありますが、一つは難易度の高さがあります
というわけで、少しでもraka使いが増えて、
adc、そしてチームを救えるsupport sorakaが見られるように
簡単ではありますがガイドを書きたいと思います
【soraka ガイド】
ルーン・マスタリーは自由ですが、例として私は
【ルーン】
赤AR FLAT
黄AR FLAT
青MR FLAT
紫AR FLAT
【マスタリー】
0/17/13
というように、攻撃的なルーンやマスタリーは一切使っていません
その理由は、彼女の持つヒールの基礎回復量は十分に高く
マスタリーやルーンでAPを積んで上がるヒールの量は僅かです
APを積むことの見返りはあまり無いので、私はAPは積んでいません
【アイテムビルド】
ここは賛否両論あると思いますが、私のsorakaのコアアイテムはtear、つまり涙とvisageに加えて相手の構成によってlocketとFHです
スタートアイテムはedgeで、出来る限りのQとAAを当てていきましょう
コツとしてはAAをした時、相手がAAをしてくるならその地点にQを撃つのが定石です
最初のリコールでまず800ゴールドあれば、涙とワードを一本買います
涙は序盤のマナ不足を解消し、終盤の集団戦でのマナ切れを回避することができます
【最終ビルド】
sightstone、talisman、boots、visage、マナ杖、FH、locketなど。mejaiについては後述
【レーンでの立ち回り】
スキルはRWEQです
LV3までは状況に合わせてスキルを取りましょう
sorakaで重要なのは常に体力的な優位を取ることです
そのために必要なのは当然Qの精度ですが、AAもとても重要です
ヒールを使いすぎて自分の体力を切らさないようにしてください
体力が5割を切るようならヒールを使わず、敵にQを当てることに専念しましょう
体力が低いほど回復量は増えますが、その状況ではQを当てにいくことの危険度が跳ね上がります
なので体力はなるべく温存しましょう
レーンハラスであまりEは使いません
【サイレントの使い方】
サイレントの使い方がsorakaの難易度を上げているのは間違いないです
即時発動、長射程、範囲サイレント、root
このスキル一つの性能の高さは壊れています
しかしCDが長く、このスキルをいつ使うかによって集団戦の勝敗が決まることも多いです
まず、このサイレントの使い方は3つあります
①多くの相手をサイレントにする、味方イニシエートに合わせる使い方
②相手のAssassinにカウンターする
③逃げ道を塞ぐ
1番は最もわかりやすいです。敵が集まっているところにEを使えばいいです
2番は早さが命で、katarinaやzed,leblancなどに刺さりますが遅ければ無意味です
入ってくる位置を予測して先打ちする必要があります
これがsorakaに最も求められていることで、最も難易度が高いともいえます
3番は逃げる敵のflashやblinkを使わせないようにする、言うならば時間稼ぎです
junglerがgankしに来た場合などの逃げる敵のflashやblinkを止めるのが基本です
【Healthはリソース】
sorakaにとってhealthはmana以上に重要なリソースです
ヒールは体力の10%を消費し、味方を回復するというものです
集団戦ではサイレントやQを当てるのは当然ですが、ヒールするという最も重要な役割を忘れてはいけません
集団戦が終わってフルヘルスのsorakaがいるわけがないのです
集団戦が始まった時、フルヘルスならQを撃つ前にヒールを使いましょう
sorakaに求められているのはダメージではなくヒールです
Qの回復は当然ですがフルヘルスの場合意味がありません
つまりフルヘルスの時に、Qを撃つ意味はありません
そして集団戦ではCDが上がるたびにヒールをかけるのが基本です
Wがクールダウンの時に他のスキルを使いましょう
【mejaiはアリか】
jannaやluluといったディスエンゲージに長けたサポートはしばしばmejaiを持つことがあります
それは終盤圧力のないシールドを強化することはもちろんですが、彼女たちには死なない立ち回りができることや逃げ性能の高さがあります
MSバフによりwarding能力も高いです
しかしsorakaはwarding能力が低いうえ、逃げ性能が低いです
ディスエンゲージではなくカウンターを取るタイプでもあります
よってmejaiはマッチしないと考えていますが、assistが取りやすいため、
自分がfocusされなかったり
チームが序盤に圧倒している場合は選択肢に入ってきます
【Pros Cons】
長所
圧倒的なHPSでチームのhealthを底上げできる
唯一の回復半減解除を持っている
優秀な即時発動・長射程・範囲サイレント
assasinをカウンターできる
回復のおかげで2v2に非常に強い
長時間の集団戦ではヒールで、短時間の集団戦ではサイレントでそれぞれ活躍できる
短所
逃げ性能の無さ
EとRのクールダウンが長い
しっかりとQを当てないと非常に脆い
終盤はダメージが回復力を超えてくるため厳しくなる
こんなところです。みなさん使ってみてくださいね!
ところでcelestine sorakaちゃんが可愛すぎたのでスキンを買ったのですが、3Dがとても可愛くなくて多分詐欺なので消費者庁に電話します

今回はpatch 5.2 で出現した
AD top fizz
について書いていきます
自分のプレイ動画 


自分が3回使ってみた感じでは
WQAAEのハラスが強いので
レーンもそれほど苦痛ではなく
かなり1v1に強い印象です
で、今回もメリットとデメリットです
メリット
Wの割合ダメージが王剣と相性が良く、常に相手のヘルスの8%のダメージを出せる
ダメージがハイブリッドで相手にとって対応しづらい
Eの逃げ・回避性能によって死なない
割合ダメージなので、tankyなビルドでもダメージが出る
blinkが2つあるため、ハラスが苦しくても無理やり殴り合いに持ち込める
デメリット
trinity、Ruined kingを積んでから防具を積むことが多く、パワースパイクが遅い
プッシュ力が無くレーンを押されがち
ここでよく比べられる、ireliaとの比較です
Irelia
QのCS取得時のCD解消により殴り合いに持ち込める
Eの圧倒的逆境力により1v1に強い
Q・Ultによるtrinityとのシナジー
healthを積むこと以外では対応できない固定true damage
パッシブによるCCへの強さ・集団戦の強さ
Eのスロー・スタンにより標的に張り付きやすい
逃げ性能がない
Fizz
二つのblinkによってミニオンがいなくても殴り合いやすい
Ultにより1v1に非常に強い
Qによるtrinityとのシナジー
AR・MRの両方を積まないと対応できないハイブリッド割合damage
Eによる機動力・スキルショット回避力・生存力の高さ
ireliaより長いAA射程(175)に加えて、Eのスロー+blink・Qのblink・Ultのスロー+打ち上げにより張り付く力が圧倒的に高い
逃げ性能がある
どちらが強いというわけではありませんが、fizzがireliaに匹敵するtop lanerになる可能性は十分にあると思います。


ビルド例
ふぃっずびるど
この後はフローズンハートやビサッジ
バンシーやWits endなど状況に合わせてtankyなアイテムを買います


今回は初めて自分のプレイ動画を貼ったので
これからもチャンプ運用を紹介するときはなるべくこうしたいと思います
先ほどのGIA vs GMBでMorgana topが使われたようで
次はそれについて書くかもしれないです
流行らなさそうなら他のチャンプ試して書きます


ああ、patch5.3が昨日リリースされましたね
一つ言うなら
patch5.3は黄色トリンケットの上位がブチ壊れてるので
チーム全員で積みましょう

皆さんは今朝やっていたEU LCS SPRINGをご覧になりましたか?
Week3の今週からpatch5.2が適用され、新しいチャンピオンの運用がされています
その中で最も注目され、これから旬となるであろう
nidalee jungleについての解説をしていきます
(top AD fizzもそのうち考えたい)
1試合目 H2K vs SK gaming

nidalee jungleが初お披露目となった一試合目のハイライトです
ご確認ください
さて、jungle nidaleeを使うに当たってメリットとデメリットを考えていきます
メリット
Qが当たった時のバースト
タワーダイブのし易さ
Qのpoke、Eのヒールによりにらみ合いに強い
スキルが多くスキルを回せば1v1に強い
マナがあればjungleを回るのがかなり早く安定する
デメリット
マナがきつい
Qの精度にgank力、poke力などnidaleeの全てがかかっている
捕まると脆い
集団戦では火力を出しづらい
CCがない
簡単に説明すると、pokeのできるCCのないlee sin
といった感じでしょうか
使ってみた感じだと、やはりQの精度ですべてが決まるなという印象です
でもやはり当たれば強いという感じ
構成にもよりますが、これから流行るんではないでしょうか
ビルド例(SK gaming svenskeren)

スキルはRQEWがド安定
ルーンは赤にADを入れるのがいいみたいです
印象では、jungleアイテム青エンチャ・ソーサラーシューズ・砂時計はコアビルドだという感じ
ソーサラーシューズを積んだ後、相手がまだMRをあまり積んでいないようならMPen仮面を積むという感じですね
sheenは強いですが、pokeの威力を上げたいタイミングでは必要ないので確定ではないです
結論
Qが当たれば強い
pokeが強いため試合を動かしやすい
というわけで、私も3回ほど使いましたが結構強いです
今度可愛いスキンも出るので使ってみてください

PAGE TOP