カテゴリー「 ゲーム 」の記事

5件の投稿

CRzbNS5UkAE1EYr.png
やったー!LoLの日本語化も待ち遠しいですが、その前にHSが日本語化。
これで英語ブロンズな私はwikiとにらめっこしながらデッキ作成しなくて済む!!
アリーナで12連勝したる……!
||日本語化の方法
Battle.netを起動して、左上のオプションをクリック。
2fbfcd27d027a69064b5e8ea87db1d65.jpg
ゲーム設定をクリック。
78542023fa74ada1146b662b7ec8998c.jpg
文字と音声の言語を日本語に変更して、完了。
c3125808605a5eb31556bc4aaf0e9ae1.png
ちょっとやってみたんですが、すっごいやりやすくて楽しい!
日本語化ってやっぱりかなりデカいんだなーって思いました。
LoLの日本語化も凄く楽しみだ……楽しみすぎるぞ~!

LoLが流行ったのって負けたときのイライラとか負の感情を全部味方のせいにして押し付けられるからだよね
なんかフレンドが言ってたんだけど、すごくその通りだと思う。
僕らは負けた試合を反省しながら、その反面味方のせいにして、
反省以上に味方に責任を押し付ける言い訳や言葉を考える。
”JunglerがGANKを一度もしなかった”とか、”全レーン負けた”とか、
様々な要素があって、それらは確かに敗戦に結びついていく。
他人の粗探しはとても簡単で、意識していなくても気付いてしまう。
そして負けた時には、全て味方のせいにして自分の責任から逃れることができる
オンラインのチーム対戦型ゲームは、
言葉にしていなくとも、責任の押し付け合いが行われている。
FPSも、MOBAも、スプラトゥーンもそうだ。
個人競技は、誰からも否定されない代わりに敗北から自分が完全に否定される
その点、チーム対戦ゲームは敗北したとしても他人のせいにできる
4v5のゲームは勝てないし、4v6のゲームも勝てない。
案外、LoLに向いていないプレイヤーは自分の責任を重く感じてしまうプレイヤーなのだと思う。
5v5で負けたとしても、責任は他人に押し付けてしまってもいい。
それは言い訳か?反省がないと言えるか? そうじゃない。
重く抱えすぎてしまうことが、次に繋がるわけじゃない。
次に繋げるためにはプレーの反省は確かに大事だ。
ただ、負けた時ぐらい、心の中で他人のせいにしてもいいと思う。
君がソロレーンで5分で3deathしたら、君は味方から責められるだろう。
その試合に自分のせいで負けてしまったとしても、”HelpしてくれないJunglerが悪い“とでも思っておけばいい。
そこで次の試合は、キルを取られたならセーフティなプレイを心がけよう。
そして次は、レーンに負けないプレイを心がけるようにしよう。
重く抱えても負けのイメージが付くだけだ。
どちらかと言えば、ポジティブな感情の方がプレーするときにプラスに働くと思う。
責任を押し付けるっていうのは、味方を煽れって意味じゃないよ。
心の中で押し付けて、なるべくストレスを減らしていこう。
本当にクソみたいな味方は山ほど来る。敵には来ないのに。
それを、全部自分でなんとかしないと!って思うと、とても辛い。
時には押し付けよう。時には責任から逃れよう。
ランクをやって負け続けて、ランクが上がらないどころか下がっても、実力は確かに付いていってるはず。
勝てば満足して、負ければ押し付けていればいい。反省は脳が勝手にするだろう。
あまり気負わずにゲームをプレイしたいものですね!

恒例のたまに来るLoL以外の話です。
オンラインゲームの評価では、しばしば”運営”という項目がある。
運営側の補填対応や、メンテナンスや、バグへの対応速度、態度なんかも含めてのものだろう。
これらが良くない運営は”クソ運営”と呼ばれ、それがゲームの評価に繋がっていく。
そこで今回のタイトルだ。
運営はクソ運営であるべき。
今回言いたいことは、運営が良いから良いゲームになるかって言われると微妙だってこと。
また、その逆もしかりだ。というか、私は運営はクソなぐらいがいいと思ってる。オンラインゲームではね。

PAGE TOP