ジャングラーは一切の時間も無駄にしてはいけない

 

「ジャングラーとは、最も時間の余裕があり、そして最も時間に厳しい存在だ。」

私はジャングラーについて、このように考えています。

「時は金なり(Time is money)」とは良く言ったものですが、あれはきっとジャングラーをプレイしていた誰かが発した言葉だと思います。

 

今回は初級者、中級者に向けた、個人的なJungler Tipの紹介です。

 

 

ジャングラーには暇な時間が一切ない

jungler_wallpaper_by_welterz-d67wvce

 

LOLに慣れてきたプレイヤーで、「ジャングルってファームしてるだけで何とかなるし、一番差が出にくいのでは?」と考える人もいます。そんなことはありません。

 

ジャングラーが上手い人と苦手な人で最も差が付くのはガンクではなく、”レベル差とゴールド差“です。

 

同じぐらいの時間をファームに費やして、同じぐらいガンクを成功させているのに、なぜ差が付いてしまうのか?

それは時間の使い方の問題です。

 


 

基本的な話に戻りますが、ジャングラーはなぜ時間の余裕が多いのでしょうか? 簡単に言えば、ジャングラーがファームに費やす時間というのは非常に短いのです。

レーナーがレーンに張り付いてファームをするのと違い、ジャングラーは1周目で上から下まで狩ればそこからはずーっと自由時間になります。

 

その自由時間、ジャングルの知識があまりないプレイヤーは、豊富な選択肢から時間を無為に過ごしてしまいがちです。

「とりあえずレーンに顔出しておくか」 「敵のジャングルにワードだけ置いて帰るか」

「ウロウロしながら敵がガンクしてくるのを待っておくか」「敵が前に出るのを待つか」

…例えばこのような行動で何も得られず30秒使ってしまった場合。ジャングラーが得意な人はその間にリコールし、次のファームを開始しています。

 

 

ジャングラーが中立キャンプを処理するのに使う時間というのは、ほんの10秒や15秒です。15秒ウロウロしている間に、もう相手と1キャンプ分の差が付いています30秒なら2キャンプ分です。これがレベル差とゴールド差の正体です。

 

言葉だけ聞いていれば「ファームすればいいんだろ?」と、簡単そうに思うかもしれませんが、もちろんジャングラーとしての最低限の行動をしながらファームしなければなりません。時間を無駄にせずに、ファーム、オブジェクト管理、カウンタージャングル、寄り、ガンク、カバーなどの豊富な選択肢から一つの行動を選び出すのは、当然とても難しいことです。

 

 

時間を無駄にしないために

Nidalee_7

  • ファームをしている間は、常に思考を巡らせよう

ファームが終わってから行動を決めるのは時間の無駄です。考えている間に10秒経てば、相手はもう次のキャンプに手をつけているかもしれません。

キャンプを狩っている間というのは、手は動いていますが頭は使いません。頭を働かせ、次のガンクや敵ジャングラーの位置を考えましょう。頭を使わないとキャンプを狩れないのなら、もう少しチャンピオンを習熟しましょう。

 

  • Top / Botの反対側で起きた戦闘に寄る必要はない

反対側で起きた戦闘には、寄ったところでおそらく間に合いません。非常に長引くと予想できたり、寄らないとバロンが危うかったりするのなら寄る必要がありますが、基本的には寄る前に終わってしまいます。敵のジャングラーが反対側でガンクをしたのなら、自分は近くのレーンにガンクをしたり、敵チームのジャングルに侵入してジャングルを荒らしましょう。

敵ジャングラーの方が1v1が強いし…と言ってカウンタージャングルをしないプレイヤーがいますが、敵のジャングルの位置が分かっているときに1v1は関係ありません。思いきって侵入し、盗れるだけ盗ってさっさと帰りましょう。

 

  • ガンクする時は無駄な回り道をしない

回り道をすれば時間も無駄になりますし、ウロウロすればそれだけ敵の視界に映る可能性は上がります。

相手が置いたワードの位置が分かっていて、あえて遠回りするのは良いですが、理由もなく遠回りをするのは時間の無駄です。

 

  • ガンクの失敗を察知したらすぐに退こう

例えば敵のワードに映って、敵が退いていった場合。無駄にレーンに顔を見せる意味は全くありません。

無駄に出てきて時間を潰すだけなら、早く次の行動に移りましょう。敵との差がどんどんついていきます。

 

  • 自分が使うチャンピオンを習熟しよう

ニダリーなどは使い手次第でキャンプ処理に費やす時間がかなり変わります。それはスキルの使い方でAAの回数やRWの回数が変わったり、RQのモーションキャンセルができたり様々なメカニクスがあるからです。

プロ並みの処理速度は難しいでしょうが、動画を見てそれにある程度近づけるようになりましょう。全てのキャンプ狩ったとき、相手より30秒早く狩り終われば、それだけでかなり優位に立てます。

 

  • マッチアップでレーニングの展開を予測しよう

厳しいレーニングを強いられるであろうチャンピオンを助けるか否かは、事前に決めておくのが良いでしょう。例えばルシアン – レオナのような攻撃的なBot laneに対して、味方がヴェイン – スレッシュのようなBotであれば、ほぼ間違いなく敵が仕掛けてくるはずです。

そのほかにもレベル6になったゼドやフィズはほぼ仕掛けてきます。そこでジャングラーがカウンターをすればミッドの安泰も保たれますし、有利も取っていけます。

どの時間帯で攻めてくるか分かる相手はそれなりにいます。それを助けるか、あるいは見捨てるか、マッチアップを見てある程度決めておきましょう。そうすればガンクの成功率も上がり、時間を無駄にすることもなくなります。

 

 

あとがき

※記事にオチがありませんが仕様です。

私は一応ジャングルメインなのですが、日本サーバーはジャングルやってる方が多いようでトップやサポートやADCをやることが多くなってきました。元々ミッドメインだったのですが、余り物ばかりやるようになってからはミッドが鈍りすぎて大フィード候補筆頭のレーンです。

 

…そういえば、参考になったらクリックしてください!というのをよく見かけますが、私は恥ずかしながらアレをクリックしたことがありません。私としては参考になったらツイートしてくれるのが一番嬉しいですね……

 

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/920/trackback

PAGE TOP