テレポートを上手く使おう。重要な3つのテレポートパターン!

Irelia_Splash_3

皆さん、テレポートを使ったことはありますか?

現在のトップレーナーは多くの場合テレポートを持ち、またミッドレーナーもテレポートを持つ機会が多くなってきました。ただ、このテレポート、上手く使うのは簡単ではありません。

 

テレポートを使ってみたはいいけれど、敵が逃げただけで何も得られなかった」という苦い経験が、誰しも1度はあるのではないでしょうか。

テレポートを上手く使うためには、まず状況の判断が重要です。今回はテレポートを使う時、どこを注目して、そしてどのような使い方をすればいいのかという解説です。

 

 

はじめに…

Hecarim_Splash_0

テレポートは持っているソロレーナーが使い方を決めるものであり、今回の記事はそのtop / midのプレイヤーに向けた記事です。しかし、他のロールにテレポートの知識が必要ないかと言われるとそうではありません。

 

Season6に入り青トリンケットが流行した結果、ワードを持っているのはサポートだけという事も珍しくありません。その場合、サポートは味方がテレポートしてくる位置を、ほとんど自分で決めることになります。また、サイトストーンが買えるまでの序盤は、ジャングラーもADCもサポートもワードを置く数はほぼ同じです。ADCとして味方のテレポートガンクを期待するのなら、自分は適切な位置にトリンケットを置いておく必要があります。

 

ともかく、テレポートが上手く刺さるかどうかは、テレポート先であるワードの位置が非常に重要です。特にサポートは、序盤中盤終盤に関わりなく、「自身がトップレーナーだとして、どこにテレポートしたいか」「戦闘が起きた時、どこにワードを置くか」を考えつつワードを配置しましょう。

 

 

テレポートガンク

ここでは序盤のボットレーンへのテレポートガンクを説明します。ボットレーンの草むらにテレポートし、ボットレーンの有利を築いたのちドラゴンやタワーなどのオブジェクトを取るのが狙いです。

このパターンは敵の背後にテレポートできる状況で、サポートやジャングラーが協力して敵の逃げ道を上手く無くす、あるいは足止めできることが重要です。

 

♦見るべき状況

  • テレポートするワードの位置
  • 味方が合わせられるレーン状況とヘルスか
  • テレポート完了までの4秒間で敵に逃げられないか
  • 敵のテレポートや敵ジャングラーでカウンターされないか

 

♦テレポートする位置

tpgank bot

大体はこの場所になります。敵がタワーまでかなりプッシュしているのなら、手前側のブッシュにテレポートしてもガンクが通るので、状況を見て決めましょう。

タワー奥は敵のタワーにダイブする際のテレポートです。ジャングラーが裏から入り、その周辺にワードを置いて、タワー下4v2、あるいは5v2を仕掛ける場合のテレポート位置になります。これを成功させればほぼ間違いなくタワーとキルを獲得できますが、敵ジャングラーが寄ってきた場合や敵レーナーがテレポートしてきた際の対処などもしっかり考えておきましょう。

 

♦他にも…

テレポートガンクにも種類があり、ホームガードのMS増加を利用したイニシエートやキャッチなどがあります。そうなってくると位置は無限大なので特に記載はしていませんが、チームに明確なイニシエートの方法がない場合、ホームガードを利用したテレポートイニシエートはとても強力なので覚えておきましょう。

 

 

カウンターテレポート

テレポートの花形と言えるのがこのカウンターテレポートです。敵ジャングラーのガンクや敵レーナーのテレポートガンクに対してカウンターすることで、敵の狙いを崩しこちらの有利にすることができます。

カウンターに重要なのは”タイミング“です。敵がガンクを完成させようとしたその瞬間にテレポートしましょう

 

♦見るべき状況

  • 戦闘が起きた位置に最も近いテレポート対象 もしくは敵の背後
  • 味方のヘルスが低く、到着する前に死んでしまわないかどうか
  • 敵が既に移動スキルを使って退けない状況であるかどうか

 

♦テレポート位置

なるべく早く戦闘に参加できる位置にテレポートしましょう。味方がガンクされたということは、おそらくテレポートが完了した時には戦闘状態である可能性が高いです。

また、味方のヘルスに余裕があると思ったのなら、多少離れた位置に飛んでも問題ありません。その場合は、テレポートガンクの場合と似たようなイメージで、敵に逃げられないような位置へテレポートしましょう。

 

♦キャンセルするパターン

テレポートが完了する前に味方が死んでしまった場合、あるいはテレポートのタイミングが早く、テレポートのエフェクトを見て敵が退いてしまった(ただの牽制になった)場合は、おとなしくキャンセルしましょう

テレポートしても得られる物がない、あるいはトップのミニオンロストなどで損する場合において、テレポートを諦めることも重要です。テレポートのクールダウンも200秒になりますし、味方が死んだあとにテレポートを完了して自分もキルされてしまっては、拭えない不利を他のレーンに背負わせることになります。

 

 

ディフェンシブ / オブジェクティブテレポート

味方やチームのオブジェクトを守る際、あるいはオブジェクトを獲得するために使用するテレポートです。あまり攻撃的な意味がないので、タイミングなどをあまり重視する必要はありません。

例えば、

  • スプリットしていたら味方が4v4に勝利し、タワーやバロンを取りにいく時
  • 重要なタワーが割られそうで、守りに入る時
  • 味方が追われているが反撃できず、敵をテレポートで牽制したい時

……などの場合に使われます。レーンに戻るためのテレポートも、この項目に該当します。

 

♦見るべき状況

  • オブジェクトを取る場合であれば、チーム全員でオブジェクトを手早く取る必要があるか
  • オブジェクトを守る場合であれば、守らなければならないオブジェクトであるかどうか
  • 味方が追われている場合であれば、自分がテレポートで牽制すればデスが減らせるかどうか

 

♦テレポート位置

特に気にしなくていいです。守りたいもの、あるいは獲得したいオブジェクトの近くにテレポートしましょう。

 

 

番外編

逃げテレポート

逃げる手段が無い時、緊急脱出として使うパターンです。敵チャンピオンにテレポートを止めるスペルが無く、ヘルスが高ければ簡単にできますが、基本的にこれを狙う時はヘルスが低い状況なので成功しても”間一髪”というプレイになるでしょう。

成功率を上げるにはブッシュなどで視界を無くしたあと、敵がブッシュの視界を取るまでの時間を利用してテレポート完了までの時間を稼ぐ…というのが良いです。しかし、テレポート完了までの時間が4秒になった現在、狙うのは以前より難しくなっています。

しかし、失敗すればテレポートがクールダウンになる上にデスするのでかなり悲惨なことになります。自信がある場合のみ試すのが良いでしょう。

 

 

事故テレポ

イグナイトとテレポートを持った際、普段と違うキー配置により事故が起きます。自身にサプレッションと混乱を与えます。また、ブロンズ下位でも稀に目撃されます。

 

 

ヴィクトリーテレポート

ネクサス破壊直前や、相手のサレンダーを見てテレポートを使います。全く意味はありませんがやる人が多いです。

 

 

あとがき

私「ワード置いて!ワード置いて!!あーーワードが無いから飛べなかったぁ~~」

友「置いてるぞ」

私「あっ…ふぅん…」

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/906/trackback

PAGE TOP