ミッドシーズンマジック!変更されたメイジのアップデート考察!

dev3

 

さて、このたび実装されたPatch6.9、通称ミッドシーズンマジックですが、皆さんもご存知の通りぶっ壊れたチャンピオンがいます(おそらくあなたも、マルザハールJungleに開始4分でドラゴンを取られたでしょう)。

 

今回は使ってみた、あるいは対面したアップデートメイジチャンピオンの感想、および個人的なTier Listです。数が多いので、あまり大きな変更のないチャンピオンについてはあまり書いていません。

 

GOD Tier

マルザハール

malzahar

これまでとは違いDPSチャンピオンだが、Wのヴォイドリングによる圧倒的なDPSとモンスターオブジェクトへの影響力が非常に高い。Ultから基礎ダメージが無くなったため、バーストダメージという点では弱くなったが、終盤の集団戦においてマークスマンと同様の立ち回りをすることによりかなりの総合ダメージを叩きだせるだろう。

ダメージ源であるWのミックスダメージはADAP両方と相性が良く、アイテムビルドの幅が広い。ADビルドなら黒斧を購入し相手のARをほぼ即座に30%削れ、APビルドならクリセプを購入して半永続的なスローでヴォイドリングの攻撃回数を増やせる。ハイブリッドビルドで両方購入するのも良い。

ジャングラー or レーナーという問題があるが、相性が良いのはやはりジャングルだろう。試合序盤にドラゴンへのプレッシャーを掛けられ、ジャングリングもヘルスが減らず安全、かつLv6以降のGankも強力だ。レーンではヴォイドリングも敵レーナーに処理されがちで(遠距離から処理できない対面ならハラス勝ちできるが)、これまでのマルザハールのような対面へのプレッシャーも掛け辛いが、レートゲームキャリーとしてはかなり存在感があるチャンピオンなので、レーンに出るのなら安全なファームと適切なガンク合わせを心がけよう。

扱い方としてはWを中心に戦っていくわけだが、ヴォイドリングはEを付与した対象あるいはRを使用した対象をターゲットする。Eの効果時間は4秒だが、QまたはRを当てることで効果時間を更新することができるので、即座にEQと撃つのではなくE→少し時間を置いてQとすればヴォイドリングのMSを増加させながら、さらにDPSを出せる。特にUltのない序盤はこれをしないとヴォイドリングの攻撃をあまり当てることができない。

 

対策:

パッシブがあるため、スキルを撃つ前に何らかの方法でパッシブを落とさせてから戦闘しなくてはいけない。逃げ性能もないうえキャッチすれば本体の耐久力は低いので、キャッチする手段があるのなら積極的に狙っていこう。放置しておけば狂ったDPSでチームが崩壊する。

ヴォイドリングの1体目をAAされる前に即座にスマイトやスキルで処理すれば、マルザハールのDPSは10秒以上ほぼ無くなる。特にADビルドにおいてはヴォイドリングだけが頼りなので、頭に入れておくのも良いだろう。また、場合によってはAOEでも一掃できる。

 

※強すぎるので明日Hotfixで修正されるそうです。

 

 

ヴェル=コズ

velkoz

全体的にメイジチャンピオンがDPS方向に調整されたこともあり、タンクキラーとしての価値を得たチャンピオンが多いが、ヴェルコズはその中でも特にタンクキラーとして成長した。

パッシブを発動させた後のUltダメージが全てTrueダメージになるため、集団戦では入ってきたタンクチャンピオンにEWQを撃ちパッシブを発動させれば、その後のUltダメージが全てTrueダメージにできる。

WEのAPレシオが下がった分、そのダメージがパッシブのTrueダメージに移ったため、これまでよりAPを上げてパッシブを発動させる価値が上がった。ただ、APを積めばTrueダメージが上がるとはいえ、おそらくこれまでと同様のペネトレーションビルドの方がまだ優勢だろう。

 

対策:

Ultが以前にも増して恐ろしくなっているため、集団戦中はチームが固まってしまうのは自殺行為だ。特にドラゴン裏、バロン裏など一本道のジャングルで戦うのは危険すぎる。ヴェルコズのようなポークチャンピオンには、レーンでファイトできるようにエンゲージ構成を組もう。例によって逃げ性能は皆無なのでキャッチすればすぐ落とせる。ただ無茶なキャッチにはチームが付いて来られずフラッシュ反転Ultで壊滅する可能性もあるので注意。

 

 

Tier 1

ザイラ

種の上限が増加し、パッシブで発生するようになったことによりゾーンコントロール性能が増加した。Eで敵を足止めし、Qで植物を発生させつつ、Ultで成長させ敵に爆発的なダメージを出すことができる。

パッシブで撒いた種を成長させておけば、Wを使用せずにゾーンコントロールでき、ゾーンをコントロールした後に起きるであろう集団戦での火力不足に悩まされることも減った。以前の面白みのないパッシブと比べれば、多少のランダム性こそ孕んでいるものの、かなり実用性の高いパッシブだ。

イメージを例えるのならば、スキル型のアジールと言ったところだろうか。DPSは少し劣るものの、バーストダメージではこちらに分がある。また、AAと違いスキルを撃った後は自身の動きが制限されないため、スキルショットは回避しやすい。アジールのような機動力はないので一気に距離を取るのは苦手だが、優秀なスネア持ちでありユーティリティ性も高い。

 

対策:

レーン戦では自然発生した種をハラスに使われ、非常に鬱陶しい。踏んで潰せるなら潰しておきたいが、潰そうとして成長させられると大ダメージを受けるので、反撃されない状況でのみ踏みにいこう。ダメージトレードがしたいのならば、まずQを回避することを意識する必要がある。Qが当たるとほぼ確実にサンダーロード発動まで入るため、大きな痛手になる。Qのスキルの発生は早いが縦幅が狭いので、前後に移動すると当たりにくい。Eが当たるとフルコンを入れられてしまうので、全力で避けよう。

 

 

フィドル

これまでのフィドルは機動力という点に問題を抱えていて、フラッシュあるいはよほどの奇襲Ultでない限り有効なダメージを与えるのが難しいという問題があった。そのためにインパクトのあるイニシエーターというより、相手を驚かせるカウンターエンゲージチャンピオンというイメージが強いものとなっていた。

パッシブでMS増加を手に入れたことにより、機動力が大幅に改善されて、Ultはより強力になった。また、ドレインのクールダウンが大幅に減少し、使用後にCDに入るようになったのも良い調整だ。ドレインは終盤になってくればまず止められる、あるいは相手がすぐに範囲外に出ていってしまう。今回の変更でドレインが中断されても、CDが早くなったことで安定度が増した。ジャングラーとしてこれからかなり注目されるだろう。

 

対策:

フィドル対策は視界から、という格言がある(今作りました)。フィドルが入ってきそうな場所は警戒してワードをしっかり置いておこう。

 

 

ビクター

vik-wallpaper

あまり注目されていないものの、Eの2重ヒットによるダメージ軽減が無くなり総合的なダメージがアップしている。そして、Ultの継続的ダメージが無視できない数値になっている。強力なウェーブクリア、そして低CDのQによる単体火力、イニシエート補助とゾーニングを兼ねたW、非常に強力なAoEであるEとUlt。典型的なAoEチームファイト型のメイジとしてのダメージを持ちつつ、シールドとMSアップでしぶとく生き残れるのが強みだ。

ビルドはクリセプが必須。Qは単体指定のスキルなので、かなり重たいスローが低CDで掛けられる。これで張り付いてくる相手とは距離を取ろう。それ以外は好みで分かれるので、状況に合わせて買うのが良い。

 

対策:

機動力の無さから、アサシンに弱い。中盤以降はかなり強力なので、強くプッシュしているならすぐに咎めるようなプレーを心がけよう。

 

 

アニー

アニーを殺したらクマに殺された

 

 

カシオペア

cass

Wにかなりクセがある。Qのダメージが増加したので以前よりも毒を当てる重要性は上がったが、Eは毒状態以外にも連打可能になったので集団戦でEを無駄撃ちしてしまってもさほど問題は無くなった。靴が必要ないので1つアイテムを多く購入できるが、パッシブがないという点を考えるとそれほど長所ではないかもしれない。

 

 

Tier 2

ブランド

brand

パッシブがスタックするようになったが、一度当てるだけで8%削れていたのが2%になったのは痛い。ハラス力がかなり低下しており、特にブランドサポートは厳しくなってくるだろう。

3スタックで爆発まで持っていければかなり強いが、これまでのような適当ハラスで大ダメージということはない。コンボ重視のチャンピオンになった。

 

 

ブラッドミア

vlad

これまでも敵のオールインに弱かったが、さらに弱くなった。Qのスタックが溜まっていない時は非常に弱い。回復性能もWotAの削除でかなり落ちているので、消費ヘルスの高いEはあまり頻繁に使わない方がいいだろう。Eのダメージ量はかなりのものなので、タイミングを見計らってしっかりとチャージし当てていきたい。

 

 

 

あまり書く気が起きないチャンピオン

ヴェイガー

青バフ+Deathcap+ドラゴンバフで夢の2000APを達成したい

 

アニビア

悲しいけどただ弱くなった。Ultの範囲がちっちゃすぎる。

 

ケネン・スワイン・シンドラ・ゼラス

以前と大差ない

 

ジグス

ボーン!(W)

 

 

あとがき

皆さんは一見わからないと思いますが、記事書いてる途中から疲れてきました。2,3回に分ければよかったなと思っています。そのうちドラゴンやヘラルド、オブジェクトについて書きます。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/877/trackback

PAGE TOP