5月4日から2016 MSIが上海で開催。参加チームを紹介!その2

その1(NA, EU, LPL)はこちら

 

Spring Splitが終わり、今年もMid Seasonの時期がやってきました! 今年の2016 MSI (Mid-Season Invitational) はシャンハイで開催され、5月4日から12日間行われます。

MSIとはこの時期に行われる公式の世界大会で、WCSが秋の世界大会だとすれば、MSIは春の世界大会です。

今回は出場する6チームの個人的な紹介記事です。この記事では、LCK、LMS、ワイルドカード枠のチームについて紹介しています。

 

出場チーム

MSIはNA LCS(北米), EU LCS(ヨーロッパ), LPL(中国), LCK(韓国), LMS(台湾)の優勝チームと、先日のIWCIで優勝した6チームで争われます。

  • Counter Logic Gaming (NA)
  • G2 Esports(EU)
  • Royal Never Give Up(LPL)
  • SK Telecom T1(LCK)
  • Flash Wolves(LMS)
  • SuperMassive eSports(IWCI)

SK Telecom T1(LCK)

a4ffc3ef0fe8c59ff262a75956a1e1bb

  • Top : Duke
  • Jungler : Blank / Bengi
  • Mid : Faker
  • ADC : Bang
  • Support : Wolf
チーム詳細:

今シーズンはTop LanerのMarinが脱退し、メタの変化からBengiがメインという第一線から退くなど、あまり好調とは言えなかった。シーズン中盤では格下のLongzhu Gaming、Afreeca Freecsに立て続けに敗北するなど、SKTの王座は今年早々に奪われるかと思ったが、彼らの本当の力はここからだった。

12勝6敗の成績でシーズンを3位で終えたSKTだが、プレイオフが始まるとJin Air、KT、ROXに対して2ゲームを取らせぬ完璧な成績でMSIへの切符を手に入れた。WCS2回優勝のその勝負強さは、まだまだ遺憾なく発揮されている。

プレイヤー総評:

TopのDukeはマオカイやポッピーといったChampionを最も使用しているが、Split Pushが得意なフィオラなどのチャンピオンなども状況に応じてPickできるプレイヤーだ。チャンピオンの選択はキャリー JunglerのBlankか、サポート的なBengiのどちらを使用するかというのがまず問題になる。

Blankはグレイブス、キンドレッド、ニダリー、エリスなどを得意とする生粋のキャリージャングラーだ。今のLeagueでは、Junglerが序盤からダメージを出せるチャンピオンを選択し、Topにタンクを置くほうが流行しているので、BengiではなくBlankがメインで活躍している。

Fakerは言わずもがな、どんなチャンピオンでも上手く扱う世界一のMid Lanerだ。今シーズンはルルやジリアン、カルマといったサポート的なMidも頻繁にPickしているが、アジールやコーキといったダメージキャリーも注目だ。

Bangは死なないADCとしてはおそらく世界一だろう。かといってダメージが少ないわけではなく、平均以上のダメージを出しながらなおかつ死なないのだ。今期はルシアンやシヴィア、エズリアルといったチャンピオンを多くPickしており、遠距離からAAでダメージを出すレートキャリーは使用しない傾向にある。

Wolfは牛。タンクサポートしか使わない。

 

 

Flash Wolves(LMS)

13096245_996621390420356_4371185585272763461_n

  • Top : MMD / Rins
  • Jungler : Karsa
  • Mid : Maple
  • ADC : NL
  • Support : SwordArt
チーム詳細:

愛され系のSteakがアナリストへ転身し、雰囲気イケメン的なチームになったFW。シーズンこそ2位で終えたものの、プレイオフの準決勝、決勝では両試合負けなしの3-0でMSIへの出場権を手に入れた。

チーム総評:

TopのMMDのポッピーは要注意だ。5勝0敗、18キル1デス33アシストでKDAが51にも達している。TopはRinsもいるが、プレイオフでは6戦全てMMDが出場しており、エコー/マオカイといった現在のTopメタではMMDの方が優れているといったところだろう。

JunglerのKarsaは昨年のWCSでもキャリータイプのジャングラーとして名が知れ渡っていて、特にリーシンやニダリーを得意とする超アグレッシブなプレイヤーだ。

MidのMapleはダメージを出せるチャンピオンを好む傾向にあり、ガンクプランクやゼド、ルブラン、ライズやアジールが得意だ。

ADCのNLとSupportのSwordArtはカリスタ-スレッシュのコンビが非常に上手く、アリスターがBANされればほとんどの状況でこの組み合わせを使用する。

 

 

 

SuperMassive eSports(IWCI)

13096358_1060208424020692_2428186312842779166_n

  • Top : Thaldrin / fabFabulous
  • Jungler : Stomaged
  • Mid : Naru
  • ADC : Achuu
  • Support : Dumbledoge
チーム詳細:

日本も出場したIWCIで決定されるワイルドカード枠は、トルコ代表の彼らが掴みとった。新しいチームであるもののプレイヤーそれぞれは経験が多いためあまり問題にはならないだろう。MSIに出場する他のチームとは大きな差があるだろうが、彼らが大金星を掴みとれるかどうかが見物だ。

チーム総評:

TopのThaldrinは過去にADキャリーとしてプレイしていたこともあり、リベンやエコーなどのプレイメイクができるチャンピオンが得意だ。近頃は環境に合わせてノーチラスやマオカイといったタンクチャンピオンも使用する。JunglerのStomagedはMidがアジールなどの場合グラガスなどのタンクやキンドレッドといったサポート的な立ち回りもできるチャンピオンを、それ以外ならグレイブスなどのJunglerをよくPickしている。

MidのNaruは同じトルコのDark Passageで長くプレイしていたプレイヤーで、メタの変化に順応できる広いチャンピオンプールを持っている。問題があると思われるのはADCのAchuuで、彼のチャンピオンプールは非常に狭くルシアンとエズリアルしかほとんどPickしていない点だ。その二体が使えない場合、彼が何をPickするのか…。

SupportのDumbledogeはFakerをキルした男

 

 

 

あとがき

面白くない記事ですが、これで試合を見るのが面白いと思ってくれれば嬉しいです。

その1を読んでいない方はこちらもよろしくお願いします。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/866/trackback

PAGE TOP