各Roleの難易度から見る、それぞれの役割

最終更新日時 : 2016年4月2日

こんにちは。今回は各ロールでよく語られる”難しさ”についての記事です。
スマホからの記事なので、装飾が少なく見辛いと思いますがごめんなさい。
Mid lanerの個人的な見解なので、あまり難しく読まないで「こう考える人もいるんだ」程度で読んでください。


“”一番難易度の高いロールは?””
こういった話の時、よく何種類かの答えを見ると思います。
よく言われるのが、難易度の高さは
sup>jungle>mid>top,adc
だというもの。
次によく言われるのが
adc>mid>top>jungle>sup
という感じでしょうか。
実際、これはどちらも正しいのです。なぜか?というと、これは難しさの視点が違うからです。
感覚的には誰にでもわかると思います。前者の順番も後者の順番もなんとなく理解できますよね。それを言葉で言えば、マクロとミクロの違いです。


1.マクロとは
マクロとは、戦略的な部分でチームを指揮すること。今どこに行けばgankが通るのか、カウンターgankを狙うならどこに行くか、ワードをどこに置けば敵ジャングラーが映るのか、今midにroamすればmidを助けられるのではないか、などです。
サポートというロールがよく難易度の高いロールだと言われるのは、この部分が大きいです。ミクロな部分であるハラスも大切な一要素ですが、supportの絶対的な仕事ではありません。

2.Supportの仕事
supportの最も大切な仕事は、”人数差”です。そして相手の人数差を察知し回避することです。
LoLは、人数差のゲームです。2人の相手に勝つには、3人が集まればいいのです。
もちろん、人数差は一人では作れません。ならばどうするか?
敵がbot laneをプッシュしているなら、それを見た味方junglerはbotに来るでしょう。サポートは敵が置いたワードの位置を知らせ、ルートを提案し、敵のカウンターgankが無いかを考えなければなりません。これらは全て、人数差を作るための準備です。supportは人数差が出来ていることを、敵に察知されないように、察知されるタイミングをコンマ1秒でも遅らせる事が仕事です。

3.wardの価値
そして敵の人数差を察知するのもまた、supportの仕事です。それに最も役立つのがもう何万と置いてきたwardです。
wardは当然、敵を見ることができます。
たまに”なんでこんなところにward置いてるんだ?”と感じることがありますよね。
私たちはwardを置く場所を、無意識に固定化してしまっています。wardはここじゃないとおかしいだとか、そのwardは意味がないだとか。
はっきり言ってしまえば、固定化されたwardこそ全くもってこれっぽっちも意味がありません。wardは敵が見えるだけではなく、そこを通らせないという”プレッシャーの壁”としての意味がとても大きいのです。
あなたが置いたwardが分かりきっているなら、敵はその超えられない壁を通る必要はありません。姿を出さずにbot laneにgankするでしょう。人数差を察知されないために。
例えば、botlaneのすぐ上の川のブッシュにwardが置かれているとわかっていれば、敵のleesinはdragonの壁をWで抜けて入ってくるでしょう。もしくはレーンの裏から来ます。
wardは置いていたのに敵が見えなくてgankが刺さってしまった!そういうことがありますよね。
wardは固定してしまえば安心感というただの弱点となります。wardを置くなら敵の動きを察知できるように、状況に応じて置く必要があります。
こういったマクロの部分がsupportの難しさです。
マクロ的な部分で難易度が高いsupportやjungleをやるなら、ゲームの理解が何よりも大切です。


1.ミクロとは
そして次のミクロの部分は、LHやハラスや立ち回り、mechanicsや操作などの小さい部分です。
難易度が高いと言われる、adcを例に取り上げましょう。

2.adcの仕事
adcは、supportとは違いミニマップを腐るほど見る必要はありません。bot laneのことをある程度把握できていればいいです。adcの仕事は、しっかりCSを取り、ハラスをして、戦いが起きたら参加する。ハッキリいってこれだけです。
マクロ的にはとても簡単なロールです。そんなに考える必要はありません。ヤバくなったらjunglerにヘルプを要請するだけです。
そんなadcの仕事は、敵チャンピオンやオブジェクトに対してダメージを出すこと。これをするために必要なのが、ミクロな部分であるmechanicsです。
敵は確実にadcを狙ってきます。それを回避しながらダメージを出すというのは、簡単なことではありません。adcがshenのtauntが当たるところでフラフラしていれば、確実に死ぬでしょう。それは極端ですが、adcは集団戦のごちゃごちゃした中でshenのtauntを避けなければなりません。それはゲームの知識よりも、感覚と経験です。今右に動けばshenのtauntを避けられるだろう、この距離を保っていればahriはスキルショットを当てにくいだろう、とかです。
集団戦では一番脆いのに死なずにダメージを出す必要があります。なぜ死んではいけないかというと、チャンピオンにだけダメージを出して死んでしまえば、オブジェクトにダメージを出すという役割を果たせません。
こういったミクロ的な部分が、adcの難しさです。
ミクロ的な部分で難易度が高いadcやmidをやるなら、経験や感覚が最も大切になるでしょう。


1.中途半端なTop laner
よく初心者向けで、一番楽だと言われるtopの難易度が低い理由は、自分のプレイスタイルで試合展開を変えることができるからです。
自分自身がミクロ的に優れていると思うのならば、相手をキルしまくってキャリーできます。
マクロ的に優れていると思うならば、適切なteleportで人数差を作り、ドラゴンを取り試合をキャリーすることができます。
どちらの選択を取っても正しく、決まった役割はありません。

2.Top lanerの仕事
敵のテレポートを無視してTop laneをひたすらプッシュする。有利を付けたからタワーを取りまくって試合を終わらせる。それも一つのtop lanerのあり方です。
テレポートをしてbot laneにgankし、2キルを取った後dragonを取った。それもtop lanerとして良い行動です。
top laneが簡単だと言われるのは、答えがとても多いことです。有利を取った後、敵のbotへのテレポートにも無反応でタワーを殴り続けた。相手が集団戦をしてドラゴンを取ってきたが、top lanerの差は更に広がっていて、ソロキルを取れた。
どちらの行動もtop lanerとして間違っていません。だからこそ、ミクロ視点から見てもマクロ視点からも難易度が高いとは思われないです。
Top lanerは答えが多くあるので、自分のプレイスタイルに合ったプレイングができます。
相手をハラスで帰してもいい。ソロキルしてもいい。tpしてもいい。終盤に備えてひたすらファームしてもいい。
何らかの形でチームに貢献できればいいです。top lanerは基礎を学ぶのに一番いいロールです。


1.junglerの難しさ
よく初心者に向かないと言われるjunglerの難しさはマクロです。
オブジェクト管理とgankできるレーンを考える。適切なdragonコール、baronコール。これらは全てゲーム知識と、これまでの経験からの分析です。
farm junglerというのも一応ありますが、あれはjunglerではなくシマウマです。草を食って逃げてるだけなので、役割を果たしてはいません。

2.junglerの仕事
ゲームをコントロールすることです。究極のジャングラーは、試合が始まってすぐ勝ちまでの道筋を立てることです。こっちのTop lanerはrivenだから、早めにgankに行ってスノーボールさせよう。その後はezreal対sivirのbot laneはlv4以降はこちらがプッシュされているだろうから、ジャングルキャンプを2個狩った後にgankに行こう。mid lanerはazirだから、敵のmid lanerのヘルスが高いときはなるべく近くを通りつつ、カウンターガンクができる状態を整えておこう。そういう具体的な勝ち筋を立て、ドラゴンやバロン、オブジェクトを取りゲームを支配することが仕事です。
supportが現場指揮なら、junglerは最高指揮です。ゲームの一番重要なカギを握っているのはjunglerです。
junglerはマクロに優れた人間がプレイするべきです。
できるなら、敵のlanerに「このjunglerしょっちゅうtopにもmidにもbotにもいるんだけど!」と言わせられるのが最高です。


1.mid laner
適当にソロキルして適当にRoamして適当にアサシンして適当にSplitして適当に集団戦して適当に勝ってください

PAGE TOP