【チャンピオン考察】Ahriガイド

最終更新日時 : 2016年6月22日

ico_Ahri.jpgAhri the 9 Tailed Fox


スキル 「LoLJP wiki」から引用
P
Essence Theft
Passive: スキルが敵ユニットに当たる度にEssence Theftのチャージを1つ得る(1回のスキルで得られる上限は3チャージまで)。9チャージの状態でスキルを使用すると、チャージを全て消費し、使用したスキルが敵に当たる度に自分のHPを回復する。
回復HP(1Hit毎): 2 (+0.09) + (1 × Lv)
Q
Orb of Deception
Active: 指定方向にオーブを放ち当たった敵ユニットに魔法DMを与える。オーブは行きと帰りでそれぞれにヒット判定があり、帰りの場合はTrue Damageを与える。オーブを射出して手元に戻るまでの間AhriのMSが一時的に215上昇する。増加MSは少しずつ減少し、最低80まで減少する。
魔法/TrueDM: 40/65/90/115/140 (+0.35)
消費MN: 65/70/75/80/85 CD: 7s Range: 880
W
Fox-Fire
Active: Ahriの周囲を回る3本の鬼火を放つ。鬼火は5秒間持続し、近くの敵ユニットに自動的に突撃して魔法DMを与える。鬼火が同一対象に突撃した場合、2発目以降は本来の30%分の魔法DMを与える(同一対象に3発hitで合計160%の魔法DM)。Ahriの通常攻撃範囲内に敵Championがいる場合、それらを優先して狙う。
魔法DM: 40/65/90/115/140 (+0.4)
消費MN: 50 CD: 9/8/7/6/5s Range: 550
E
Charm
Active: 指定方向に投げキッスを放ち、当たった敵ユニットに魔法DMを与え、対象を魅了し、スロー(50%)がかかった状態で自分の方向に移動させる。また、CC無効の移動系スキルの動作に入っている敵Championには無効である。
魔法DM: 60/95/130/165/200(+0.5)
魅了効果時間: 1/1.25/1.5/1.75/2s
消費MN: 85 CD: 12s Range: 975
R
Spirit Rush
Active: 指定方向にダッシュした後、周囲の敵ユニット(範囲600,敵Championを優先)3体に魔法DMを与える。このスキルは10秒の間、3回まで連続して使用できる(但し、一度使用する度に1秒のCDが発生する)。2~3発目はマナコスト無しで使用可能。
魔法DM: 70/110/150 (+0.3)
消費MN: 100 CD: 110/95/80s Range: 450


解説
P-溜まった状態でQをミニオン6体、往復で12回当てれば、かなりのヘルスを回復できる。なるべく往復ヒットで回復できる量が多いQで使う。
Q-序盤のダメージ源。pushにも強い、貫通でのダメージ減少もないのでレーンではこれとcharmを撃ってハラスする。移動速度が上がる+True damageにより、ARMRを積むタンク相手に強い。
W-中盤はクールダウンも5秒になりダメージがかなり出るようになる。敵が近づいてきたときには、最初に押しておこう。
E-強力なCC RangeもAhriのスキルの中で最も長く、終盤のにらみ合いで柔らかい敵に当てればバーストを入れられるので、積極的に狙おう。キルチャンスがあればUltEや、Flash即Eから入ろう。
R-ダメージだけ見ても70/110/150(0.3)×3のダメージがあり、このultによって得られる機動力は言わずもがな。これがあるので集団戦でAhriがダメージを出さずに死ぬのは、バーストで1秒も持たなかった時ぐらいになる。Ahriが安定してダメージを出せる最重要スキル。集団戦が始まったとき、3体に当たる位置に飛び込んでいくも、後ろめに立ってQとEとWでダメージを出し、tankに張り付かれたときにUltで位置取りするのも自由。とても便利。
スキルオーダーはRQWEです


アイテム
ドラリン→鬼本→ソーサラーシューズ→echo→帽子・void・砂時計


長所
近づくことなくダメージを出せるため、プレイングの幅が広い
xearth、ziggs、kogmawなどのpoke勢やadcにカウンターできる
2adc構成に対する明確なメタ
低いCDでスキルを回転させるため、結構なDPSが出る
bot laneへの強力なgank、4v4のdragon fightで強い(柔らかい敵に強い)
QによりMSが高く、優秀なkitingが可能
最低限のダメージがultとWで保障されている
短所
Wのレベルが上がらないとダメージが乏しい
ダメージが他のメイジと比べて高くはない
方向指定スキルが多い


きつい相手
Leblanc
スキルマッチアップですが、よく厳しい例として挙げられます。相手がWで近寄ってきた時、QRE、Wで戻るをタダで貰ってしまうと確実に勝てません。UltでEを避けて攻めに転じれば、相手のスキルは全て落ちているのでキル出来なくともリコールさせられるはずです。大事なのは相手のWやEを避けるかどうかです。
アビサルの仕様変更により、若干厳しくなります。
Cassiopeia
レーンではQかWに当たるだけでハラス負けしてしまい、Lv6以降は突っ込んだらUltでカウンターキルされてしまいます。blind pickでもない限りcassiopeiaはサモナースペルでCleanseを持ってくるので、かなり厳しいです。
楽な相手
xearth
Lv6以降はUltで確定で勝てます。AhriはいつでもXearthを殺せます。
ziggs、kogmaw
上と同じです。


どんな状況でpickする?
相手の構成がpoke構成だったり、2adcだったりする時
相性のいい味方
Vi
Ahriの不確定なスキルショットを確定で当てられるようになるViやNautilusといった対象指定CCは、Ahriのpick kill性能をより強力にしてくれます。


序盤のレーニング
QとEをハラスの主軸に置き、Passiveが溜まったときはQをミニオンに当てて回復しましょう。Eが当たればQは当てることができるので、E→Qのコンボが一番の基本です。近寄ってAAしQを撃ち、MS上昇を活かして逃げるのもいいでしょう。序盤はEのチャームの効力が短いので、Eを途中(lv8時点)で2にするのも良い選択です。
中盤
中盤のダメージは育っていなければあまり高いものではないですが、少数戦ならかなり強いのでdragon fight、botへのroamは積極的に行っていきましょう。CCの強いjunglerがいる、もしくは相手のmid lanerがpoke系やadcタイプならソロキルを狙うのもとてもいいです。Ultを積極的に切っていきましょう。


プレイングメモ
スキルショットを持つ敵チャンピオンにはめっぽう強いです。Ultがあれば3回避けるチャンスがあるので、しっかりと狙いを澄ましてUltを適切な方向に使いましょう。序盤は相手の当たってはいけないスキル、当たってもいいスキルを考えて行動しましょう。(序盤に当たってはいけないスキルはLeblancならW、CassならQとW、ziggsならQ、zedはQなどです)
レーン戦のキモはQの単純なハラスとEQWのバーストハラスです。mid lanerの基本ですが、相手のスキルがCDになっているなら積極的に仕掛けていきましょう。多少踏み込んでも、Qを撃った時のMSバフがあるので離脱が容易です。射程ギリギリではなく、強気のハラスを心がけましょう。
集団戦では継続的にダメージを出すことができるため、デスしないことを目標にするのがいいでしょう。しかし、バーストを持っているahriは敵carry陣の懐に潜り込みキルすることもできるので、状況次第です。自分の育ち具合やダメージ、敵キャリー陣の育ち方などを考慮して決めましょう。視界外から敵キャリー陣のところにultで入っていけば、ahriは敵にとってとても脅威になります。集団戦を始める前に、自分がどちらの役割を果たすかをある程度決めておくといいでしょう。
DPS APmageは粘りが大切です。特にahriはQによりkite能力が高いので、死にかけても粘れば意外と活躍できます。あっさり死なないようにしましょう。
1v1はスキルを当てれば非常に優秀なchampionですが、避けられると途端に弱くなります。特にEはCDが長いため、Eは狙いを澄ませて当てましょう。
Popstar Ahriは青バフの前でダンスすると青バフを躍らせることができます。

PAGE TOP