【メタ考察】ソロレーンLulu

ico_Lulu.jpgLulu the Fae Sorceress
ソロレーンLuluは、Alex ichが昨年LCSでpickして以来、根強い人気と安定感があります。
そして、個人的にもソロレーンluluをかなりプレイしています。チームでやるとき限定ですが。
なぜ、Luluをソロレーンでpickするのか?その考察です。


Luluをpickするメリット
Assasinに対しての絶対的なカウンター”Polymorph”と”Wild Growth”
アサシンというのは、バーストを出すために確実に近付く必要があります。Zedにしても、Leblancにしても。例外もいますが……(Ahriなど)。
そのpickに対して非常に強力に作用するのがLuluのultとWです。まぁ、これはsupportでも差はありません。
Q・W・Ultによる追撃性能・逃走性能の高さ
LuluのスキルはUltにしてもWにしても、一人にしか作用しません。midやtopでの生存能力は高いですが、botで2人を助けるのは難しいです。
全てのスキルにAPレシオがあり、APによるスケールが大きい
サポートではluluのAPレシオという部分を存分に活かすことができません。Qの基礎ダメージ・AAの追加ダメージ・WとULTのpeel能力のみでもとてもpickする価値がありますが、それ以上にソロレーンでpickする方が強いでしょう。
Lulu自身のカウンターが少ない
1番で書いたとおり、アサシンにソロキルされることはまずないでしょう。一般的なAP nukerに対してはイーブンですが、自前のシールドを持っている上にAAに追加ダメージがあるLuluはハラスが得意です。レーンでは安定して育つことができます。
シナジー
例えばhecarimと最もシナジーするのはLuluと言っていいでしょう。他にMaster Yiなどもとても良い組み合わせです。Luluは他のmid mageと比べてダメージが若干頼りないですが、(Eをシールドとして使うなら尚更)互いを補い合うmelee DPSとはとてもよくマッチします。Luluはmelee DPSが暴れるためのヘルスと敵へのCCを提供し、とても強力に味方をサポートすることができます
hyper lategame carry構成
CLGの低迷期に行われた1adc4supportの構成をするなら、ソロレーンLuluは最も大切な部分を担うことになります。APとCDRを適切に積んだLuluは、おそらくleagueの中で最もpeelできる存在になるでしょう。
Ultでは600(0.5AP)のヘルスを与えて周囲を打ち上げし、Eで張られる240(0.6AP)のシールドは、APが600あれば600ものダメージを6秒ごとに防ぎます。そしてadcの視点から4秒ごとに80%のスローを放ち、7秒ごとに敵を2秒間動物に変え無力化できます。adcが信頼できるなら、ソロレーンluluはとてもいいpickです。
寄りが早い
Wによる移動速度buffにより、戦いを察知してから寄るのがとても早いです。そしてpushも早いです。敵のmid lanerがpushをしてroamしようとするならば、Qでレーンをプッシュし返してすぐ寄ることができます。また逆もあり、pushも早く足も速いため、junglerと一緒に動けばとても強力なgankができます。
対象指定のステルス看破
talonやakali、shaco、vayneといった敵は、戦闘中に消えることで生存能力を高めています。Eを付けてしまえば4秒間は敵の視界が得られるため、こういったアサシンに対してpink wardやオラクル無しでカウンターできます。


どういった時にpickするのか
明確なチームコンプを組むとき
Hecarimを中心に集団戦するにしても、Master Yiに無双してもらうにしても、adcをひたすら守るにしても先に話し合う必要があります。soloQ向けのpickではありません。
エンゲージができる構成
ソロレーンluluは、Eのシールドさえありますが射程が短くpoke構成には弱いです。確かにAP luluは集団戦に強く、集団戦をする必要がありますが、Lulu自身が持つ能力はカウンターとイニシエート補助です。そのため強いエンゲージができるSivirやmalphiteを組み込み、Luluの高いpick kill性能と集団戦性能を活かす必要があります。
敵の構成に大きく影響されたくない場合
LuluはTop、mid、supportのどのレーンでもそれなりにこなせます。相手はluluがどのレーンに来るかわかりません。
そしてluluは一人で多くの敵に対応することができます。最もユーティリティなチャンピオンです。Luluがカウンターできる敵は、ZedやtalonやLeblancといったAssasin、Master yiやtryndamereといったmeleeDPS等、とても多いです。ファーストピックでBANもPICKも全く読めない場合にpickするのはとても効果的です。


ルーン
ルーン①
3ae67575be03fd8ef18fafd15dd868ea.png
ルーン②
e6d335cd7d20ba1022557265539a00c7.png
どちらも一般的なメイジの物です。
①の方はより味方を支える構成の場合、ソーサラーシューズではなくCDR靴を履いてCDRを40%にします。
②はソーサラーシューズを履いて、Lv18時点でCDRが40%になるようになっています。自分がダメージを出していく必要があるなら、こちらのCDRのルーンを使います。


マスタリー
34c67edf7c77b22b4e62d0d2fcb1fa34.png
一般的なメイジ用マスタリーです。CDRを40%にするか、38.75%にするかは好みなのでどちらでもいいです。


アイテムビルド例
8cd4ebc8200dde4572b44586e8a8c3dc.png
コアは聖杯or鬼本、CDR靴、echoと帽子です。それ以降は状況に応じた装備を買いましょう。
この例は凄く偏っています(Firstbloodを取得してDran’s Ring2スタート)。死なない位置取りをしていてもダメージが出る場合や自分が狙われない構成ならば、mejaiはいい選択肢です。
スキルオーダーはRQWEです。


おわりに
Luluは自分からダメージを出してキャリーしていくタイプではありません。チームランクなどのチームで輝くチャンピオンです。使いこなせればレーンは強力で、中盤はroaming、終盤はサポートとして、序盤中盤終盤の役割がハッキリ分かれています。
MidもJunglerもSupportもある程度出来るならば、ソロレーンLuluはそれを合わせたようなとても楽しいチャンピオンです。ぜひプレイしてみてください。

PAGE TOP