メタ分析【smite top】

こんにちは。今回は最近流行りのsmite topのことをちょっと考えていきます。
まず最初に、長所と短所から入っていきましょう。


【長所・短所】
長所
・超絶OPなアイテム「Skirmisher’s Sabre – Cinderhulk」が買える。赤いスマイト+緑エンチャのやつ。
・objectを取るときjunglerと合わせて2回スマイトが使える
・相手jungleに侵入し、smiteで素早くバフなどを回収できる
swapで有利に働く。(相手topがsmiteを持っていない時、相手topは単独でjungleを回れない。こちらのtopは一人で回れる)
・赤smiteを持つ事でtanky装備でもダメージを出せる。ダメージ低減もできる。
短所
flashが無くなることによる逃げ性能、追撃性能、エンゲージ力の低下。
・ナイフを買う事による序盤の性能低下。


【装備の性能】
赤いsmiteの性能です。
UNIQUE Passive – Challenging Smite:
SmiteがChallenging Smiteに強化される。Challenging Smiteは敵Championに使用することが可能で、敵Championに使用すると通常のTrue Damageの代わりに対象に6秒間持続するマークを付与し、その間対象の視界を得る。マークが付与された敵Championに通常攻撃でダメージを与えると、追加で[60~162]のTrue Damageを3秒かけて与える。また、マークが付与された対象から受けるダメージが20%減少する。
JPwikiから引用。ダメージ減少20%とtrue damageが入ります。表記は3秒間のTrue damageなので、最大でダメージは倍になります。
緑エンチャントの性能です。
Cinderhulk
+300 Health
+25% Bonus Health
UNIQUE Passive – Immolate: While in combat, deals 16 (+1 per champion level) magic damage a second to nearby enemies. This increases up to 24 (+1.5 per champion level) magic damage a second based on time in combat.
公式から引用。周囲の敵に16+チャンピオンレベルのダメージを1秒ごとに与えます。ダメージは戦闘が続くと徐々に上昇し、最大で1.5倍になります。
戦闘が続くと、サンファイアよりダメージが高くなるためサンファイアより強いです。また、Bonus healthを割合で増やすものはこの装備しかないです。


【pickする場面】
現状、一般的にsmite topは逃げ性能・追撃性能に優れたchampion(hecarim・shyvana・sion)で行われています。
そして、そのチャンピオンはtankyである方がいいでしょう。rivenやireliaでsmiteを持つと、ビルドの遅れが戦闘力に大きく響きます。
しかし、これ以降は逃げ性能のない、追撃性能のないchampionでさえsmiteを持つ可能性が大いにあります。
その理由は、smiteが2つあることによるオブジェクト獲得の素早さやswapのリスク。チーム戦であれば、smiteを持つ相手にはsmiteを持つことが対策の一つとなります。


【チャンピオン候補】
・shyvana
smite topの元凶です。Wによる逃げ性能の高さに加えて、lv6以降のdragon formの長距離ブリンクがflashの必要性を無くしています。Passiveと緑エンチャントの相性もいいです。
・Hecarim
元々ignite teleportがメタだったため、igniteをsmiteに持ち替えただけで更にOPになりました。Q、Wによる安定したjungling、Eによる逃げ性能の高さ、smite topのメタに最も適していると言っても過言ではありません。trinityやhomeguard bootsの完成が遅れることで序盤のgank力は低下します。
・Leesin
この記事を書いている時、Fnaticがpickしていました。安定したjunglingはもちろん、flashが無くともブリンクが2種類あるため逃げ性能・追撃性能に優れています。
・sion
逃げ性能に優れているわけではありませんが、緑エンチャントのBonus healthとパッシブのヘルス増加でヘルスお化けを作りたいのでsmiteを持ちたいです。Lv6以降は逃げれますしね。


【メタの変化】
このsmite topメタが出現したことによって、swap戦争が加速しました。swapによりsupportやjunglerの自由な行動ができるようになったため、supportはRoamによる圧力の高いthresh、blitzcrank、(もしかしたらBardも?)や素早いwardingにより早めの相手jungle制圧が可能なjanna、jungle nunu、jungle sejuaniなどに適したメタに変化したといえます。
soloQでこの戦術が有効かと言うと、それほど有効ではないと考えています。あくまで周りが理解できる状況でsmite topは運用すべきです。つまるところ、swapによるtop潰しがsmite topの大きな目的だというのが私の見解です。


今回はここまでです。こういったメモ程度の考察もやっていきたいと思っています。
ここまで書きましたが、このメタは長くは続かないと思っています。
Riotがすぐに潰しにかかると思います。

PAGE TOP