【urgotガイド】keane, we understand. You are god.

おはようございます。みなさん。
昨日のTSM vs GVをご覧になりましたか。ええ。あのあるまじき試合です。
TSM vs Gravity Gaming NA spring LCS W8D1

Highlightはこちら

何が起きたか私たちは理解できませんでした。
序盤こそCampingとKeaneのミスにより有利をつけたものの、
TSMのMID laner、Bjergsenの最も得意とするChampion”Zed”が、
Team GravityのKeaneが使う”Urgot”に苦しんでいる。
何度もその光景を疑いました。
それどころかこの試合を見て体調を崩しました。
TSMと言えば世界でも屈指のレーニングとソロキル能力を持つMid laner、Bjergsenを中心とし
それに追従するようにWildturtleがアグレッシブに動き、他の3人がサポートする。
そういう試合展開をしてきました。だからこそ、中心であるBjergsenが負けてしまうとどうしようもないのです。
結論だけ言えば、UrgotがZedに勝ったということです。
まぁ、GravityのKeaneといえば、Mid hecarimなど意味不明なチャンプでキャリーする一風変わったチャンピオンプールを持つ事で知られています。
しかし、今回のMid urgotは使ってみれば結構奥が深く、面白いピックですね。今回はUrgotについて書きたいと思います。
大前提として、この試合。TSMがBAN pickで大きな失敗をしたのは間違いないです。
素人から見てもADダメージが強すぎるのは明白です
(APダメージはMundo Q・W、Rek BurrowQ、Zed Passive、Luci W、Lulu Passive・Q・Eのみ)
その上で、urgotの強さというのは何か?というのを考えていきます。


まずはこの試合の、GV KeaneのRuneとMasteryから。
keane rune
kena mas
スキルはRQEWです。
Urgotの弱点と言えば、そのクソ短いAA射程(425)とマナの問題、そしてtank ADCとか言っときながら普通のrangedと同じくMRは上がらないことなどです。
この問題をクリアする時、urgotはmid lanerとして十分に活躍できます。top lanerとしても同様です。
■レーニング
ドラン剣orフラスコスタートで720Gold貯まったらリコールして涙を買いましょう。
涙を買えばマナの問題はほとんど無くなります。ラストヒットは極力Qで取ってマナ消費を抑えながら涙のスタックを貯めましょう。
ハラスはAAとEからのQ連打の2種類です。Qの直当てはほぼ不可能なのであまり狙わないようにしましょう。
ダメージトレードをする場合はWをタイミングよく使い有利にトレードしましょう。
■集団戦
Ezrealのようなものです。後ろからEを当ててQを連打しましょう。
Assasinが来た時はUltを使います。ADC,APCが不用意に近づいてきたらUltを使います。
自分から前に出てUltは使いません。あくまでadcの立ち回りをして、近づいてきたFighter、Assasin、carry達にUltを使います。
AAできる位置に敵がいるならQの間にAAを挟むことを忘れないでください。
■Pros Cons
長所
ADダメージのハラスを持っている
スキルの射程が長く自衛もできるため死にづらい
黒斧とEのシナジーが強い
Ultを使えば硬い
短所
射程が長いMageに弱い
単体にしかバーストを出せない
AoEに弱い
Ultが使えなければバーストに非常に弱い
逃げ性能が皆無
trollだと思われる
■どんな時にpickすればいいか
敵が2AP構成じゃない時
長射程Mid mageじゃない時
(味方と)相手をあっと驚かせたい時
そんな時にオススメです。
TSM vs Team Keane GVの試合のマッチヒストリーはこちら

PAGE TOP