Rumble in the Jungleの時代だ! LCKでpickされたRumble Jungleの実力は?

wallpaper_3342.jpg
Skin – Rumble in the Jungle
どうせPickされないし~、とジャングルでバカンスを満喫するRumbleに、ついに白羽の矢が立った!なぜJungleで!?Why Korean People!?
彼の身に何が起こったのか、そしてバカンス中に突如Leagueに巻き込まれたRumbleの運命やいかに!
次回「Rumble Jungleするけど、グレンラガンスキン使うわw」こうご期待!

というストーリーで進めていきます。司会進行はこの私、Teemo.png Teemoでお送りいたします!
嘘です。


ある日 森の中 Rumbleに 出会った
突如PickされたRumble Jungle。まずはPickされた試合を見てみましょう。


変わったチャンピオンが2試合連続でPickされるのはよくある話ですが、今回は「それぞれのチームが、1回ずつPickした」という点が非常に面白いですね。
実際にRumbleのプロビルドページを見ても、3週間ほど前からほぼJungleでしか使用されていません。
Rumbleの強さとして、Wombo Comboや継続ダメージによる高い実質ダメージがありますが、それはRumbleの強さの一端であり、現在のRumbleで最も重視されているのは「ゾーニング性能の高さからくる、Siegeや分断性能」が最も大きな点だと言えるでしょう。
16adfaf54db9fbcd74ced84638fc7748.png
Kog’Mawの攻撃射程のラインをUltで狙撃、タワー防衛を不可能にさせる
34bc8adbb6cf3e6caf5fb66542ebfaa2.png
PoppyがTPで後ろから入ってくるのを見て、Rumble Ultで敵を分断!
KTはAlistar / Poppy しかこのゾーンを無視できないので、Poppyが孤立。

現在の No Tank / Support Tank構成が流行している状況で、Rumbleはダメージを出す以上に「敵にダメージを出させない」という価値を得ました。
ダメージよりもそのゾーニング性能を活かすという使い方においては、Top Laneで不安定なRumbleを配置するよりも、Jungleという適切なポジションに就いたというのが正しいでしょう。
ルーン・マスタリ

e895d6d5948cf5b2003bcbb09b0a046c.png
赤 AS or MPen *9 / 黄 AR or AR Scale *9 / 青 AP, AP Scale or MR *9 / 紫 AP *3
21443afd245b409ba6f75c3ad536132f.png
適当。

スキルオーダー

aaaf31b4f9d843bd7c23ec7f6b882be6.png
アイテムビルド例
436376003ac8f56cf2ee6e2d877f9bdd.png
スターティングアイテムはitem_hunterstalisman.jpgrifi potion が安定。ルーンに赤ASを使用しているならitem_huntersmachete.jpg スタートもアリ。
プロシーンでは視界を得るためにTrackers_Knife_(Runeglaive)_item.png が多いですが、普通にプレーするなら runeglaive.png でいいでしょう。
靴は高い基礎ダメージを活かすためのsorcerer.png を購入して、item_rylaiscrystalscepter.jpg クリセプを購入。
敵のAPが痛ければ Abyssal.png なんかをクリセプ前に購入してもいい。
他のアイテム候補は item_rabadonsdeathcap.jpg item_voidstaff.jpg item_liandrystorment.jpg item_zhonyashourglass.jpg このあたりになってきます。状況に合わせて。
でも、Rumbleって難しいんでしょ!?
RumbleはHeat管理やUltの配置の難しさから、敬遠されがちなチャンピオンです。
そのため難しいチャンピオンであるのは間違いないのですが、Jungleではさほどヒート管理が難しくありません。
トップレーンでは対面の行動に合わせてシールドなんかを使いながら、更にヒート管理をして、逃げ性能もないため常に敵Junglerのことを考えなくてはなりませんでした。
しかし、Jungleなら適当にスキルを撃ち、Qを使ってオーバーヒートして中立を殴るだけです。ね、簡単でしょ?
Ultは慣れですね。100回やったら99回ぐらいは失敗すると思います。
完璧なUltをすると観客から歓声が上がるので、歓声が上がらなければ失敗です。頑張ってください。
総評
他のEarly Gankが得意なJunglerと比べれば当然Gank力は低いのですが、その安定したJungling性能と強力なゾーニング性能はMid gameで多大な影響力を生みます。
高い基礎ダメージやクリーンアップ能力から小集団戦も得意、Runic Echoesにより序盤から少しのバーストダメージも持っています。
構成としてはHard Engage構成よりも、Poke / Siege構成にマッチするかと思います。もちろん、Engageに合わせて使うUltも強力なので、どんな構成にも使っていけるようなJunglerですね。Siege性能の高さから、1:3:1Split Pushに対抗できる可能性がありますし、複数marksmanのチームに対して有効なゾーニングが可能なので、プロシーンで流行する可能性は多いにあると思います。
ちなみに、私は以前から このビルドガイド を見てRumble Jungleやってましたが、普通に強かったです。
まさかプロで使われるとは思ってもみませんでしたが……。
おまけ オススメビルド
dc3a8f7639114ced9cd7e29e5c7af1d1 (1)
dc3a8f7639114ced9cd7e29e5c7af1d1.png 

(*^○^*)AAがつよいんだ!

( * ´ー`)。о(Stalkers_Blade_(Devourer)_item.pnggreave.pngitem_nashorstooth.jpgitem_guinsoosrageblade.jpgitem_hextechgunblade.jpg
c3ed56c187fa3a5054272e7fed7073e8.png
deFEET_2016021902431601f.jpg

PAGE TOP