Week2 注目の試合を紹介!

taikai.jpg
少しどころかめっちゃ遅くなって、Week3がもう終わりかけですが、Week2で注目の試合を紹介しておきます。

  • LCK LPL NALCS EULCSの四大会
  • 試合動画はすべてハイライト
  • おまけでTop Plays


Week2のBAN / Pick傾向


0354b5e8648efff0c0ec4f628912d17a.png
Gangplank、Ryzeは引き続きMust Banレベルのチャンピオンです。その中で、LuluはBAN候補から少しずつ漏れてきたようです。
やはり注目すべきはPoppyの可愛さに惹かれたTop lanerたちでしょう。
PoppyはTank buildでも影響力が高く、集団戦の人数差を物理的に作り出せるノックバック / AoE ノックアップのUltは強力無比の一言です。その理由から、現在のTop lanerでは最も高い人気を誇っています。
この#PoppyKawaii現象は今週も続いていて、Week3では45試合中23回Pick/12回BANされており、全体から見ても今、最も旬なチャンピオンと言えるでしょう。
そしてCorkiがADC/MIDで合計32回Pickをされています。BANも16回と、Week2においてのPresence(BanもしくはPickされる割合)は78%にも及びました。その一方、MFへの警戒とPickは大きく減少して、現在のADCメタはLucian, Kalista, Ezreal, Corkiの4大Pickとなりつつあります。
VIT vs OG W2D2

おそらくWeek2の中で最も注目された試合でしょう。OrigenのZven(元Niels)がADC KindredをPickして会場を沸かせた数分後、そのKindredによる信じがたいバグダメージでLeeSinのHealthを消しとばしました。
ZvenがKindredをPickしたのは、このバグを知ってか知らぬか。おそらく知らないでしょうが……その後も試合は継続され、試合展開はZvenとPoEの活躍、Sneak Baronの成功で試合は決まったかと思われましたが、一人のスーパープレーが試合の流れを完璧に変えました。
NRG vs IMT W2D2

両者無敗で迎えた1位タイ同士の決戦です。NRGはPokeを軸にしたチーム構成、対してIMTはPick upに優れたチャンピオンを3体もPickしました。
この試合においてMVPを決めるなら、私はHuniに投票します。完璧なWを幾度となく見せて、自身にUltを使いFocusを分散、そのままTurtleがダメージを出し切り集団戦に勝利する場面が非常に多かったです。PobelterとWildturtleがこの試合で活躍できたことの多くは、Huniによる完璧なInitiateがあってこそでした。Lissandraは注目度が高くSupportでさえPickされるような時代ですが、彼のプレーはお手本にしたいようなLissandraでしたね。
QG vs M3 W2G2

どのPoppyのゲームを挙げるか悩みましたが、私が一番Poppyだなと思った試合はこちら。
絶望的な5:0の状況から逆転していく、Poppyらしさが最も出ていた試合だと思います。腐ってもPoppyです。基礎ダメージが優秀なため、装備でScaleさせる必要がなく、EやWやRでありえないほどのキャッチ能力を持っています。
…というのは実はどうでもよくて、最後の集団戦でOriannaがコッソリ画面外でUltを失敗しているのが一番の見所です。
TOP 10 PLAYS – LJL 2016 Spring Split Round2

やっぱりDaraさんがナンバーワン。
追い込んだ先にはスーパーULT!って感じでしたね。
EU/NA LCS Top 5 Plays (Week2)

Week2では、Adrianのドラゴン壁際プレーが一番好きですね。若いAdrianがYellowstarにあのプレーを見せ付けるのは……世代交代を感じます。
あとがき


poppydayo.jpg

PAGE TOP