Illaoiって、なんて読むの? って思ってる人に向けたIllaoi考察。

Illaoi_Splash_1.jpg

タイトルの答えはこの記事中に存在しません。

ちなみに私はイラオイって呼んでます。オイオイ。
出てきてすぐPoppyに喰われたババアことIllaoiですが、ちょこちょこ使ってみた感じを考察してみます。
アイドルPoppyちゃんだけじゃなく、LOLのイカ娘ことIllaoiも注目してあげて…


Illaoiはとても強いといわれていますが、実際の勝率は芳しくありません
3dd5ff1c9264105ac24daf9fa0ace473.png
op.gg – 今日のSolo/Duo Queue勝率
これは、まだ慣れていないプレイヤーが多いのが最たる理由だと思います。
Eで魂を引っ張った後、Engageされてもひたすら魂を攻撃する人がいるぐらいです。
ただこの勝率ですし、ぶっ壊れというほどの性能ではないかと思います。対処の方法は多いです。
特徴
結局のところ、一番の特徴は追撃性能の無さになります。
敵がEngageしてくるなら非常に強力で、対複数の戦闘も得意です。
言うなれば、Tank型のHeimerdingerといったところです。
ゾーニング性能が非常に高いのですが、実際に1v1になると
スキルに依存している分、スキルを外すと戦闘力がガタ落ちします
E→Ultで触手を2本生成できればほぼ勝ちなのですが、EもQもモーションが大きく、簡単に回避されます。
対Meleeでは後ろに回りこまれるとEQが当たりませんし、
対RangedではUltやQがヒットしにくいです。
また、劣勢の状況ではDisengageも逃走性能もありません。
あるのはCounter性能のみなので、敵がEngageしてきた場合、
ほぼチームは戦闘を開始することを強制されてしまいます。
プレイスタイル
彼女の特徴はやはり最高のCounter性能・Zoning性能ということになります。
Split Pusherとしては優秀で、対複数も得意なため1v2で勝利するのはそれほど難しくありません。
そのため、Illaoiを使うならオブジェクティブな行動を取りましょう。
中盤以降はBot TowerへSplit Pushする、またはオブジェクト付近でゾーニングしながら
ドラゴンやバロンを獲得するのが彼女に適した行動になるでしょう。

Ultの矛盾

Ultはヒットした敵チャンピオンの数に応じて触手を生成するため、多くの敵に当てると非常に強力ですが、
Illaoi自身に何も距離を詰める術も、敵集団に入っていく術もありません。
そのため集団戦でUltを渋り続け、結局Ultを使わずに終えたり、誰にも当たらないUltになることもあります。
Ultは最初のダメージはおまけで、触手を生成するのが大きな目的です。
触手を2個以上生成できれば十分なので、集団戦が開始されればなるべく早く、
Eを使いチャンピオン+魂1個にUltを当てて触手を2個以上生成しましょう。

Support Illaoi

ちょっと使われているようで、私も使ってみました。
特徴的な部分としては、

  • 魂を倒したとき、破格のゾーニング性能が得られる
  • 2人で攻撃できるうえ、魂相手にRelicが発動するため魂を倒しやすい
  • 装備がなくてもダメージは高い
  • 一切のPeelもEngageもない

といったところでしょうか。
その中でも、最後のPeelもEngageもない点が非常にネックで、
Supportとして重要な仕事ができません。レーンで叩き潰せば試合には勝てると思いますが…。
まとめ

  • Heimerdingerように、対複数戦闘が得意なカウンターチャンピオン。
  • 1v1、Push共に優れているためSplit Pusherとしても優秀。
  • 足が遅すぎて追撃・逃走ができないので、集団戦はさほど強くない。乱戦は強い。
  • ADCに近寄る手段がDarius以上にない。
  • Supportとしての適正はあまりないけど、レーンは強いので試合を壊すつもりならアリ。

という感じです。
一番の特徴は、Eの魂を倒した後、敵が戸惑うさまが超面白いチャンピオンですね。
ちなみに自分が宿主になった時は、触手を3体倒せば解除されるので、
落ち着いて触手の攻撃を回避しながら触手を倒せばそれほど被害は出ないと思います。
リコールしたいのに触手がウゼエ!って時は、
触手がスポーンしてから、すぐに触手の範囲外に出てリコールすれば間に合います。
おまけ



NA マスターKRダイアのサポート、デシーさんのIllaoiについてのツイートです。
記事書いてる途中にすごくネタ被りしたので死にたくなりました。
ちなみに前の記事まで、IllaoiのことをIlliaoiと呼んでいましたが間違いです。ここにお詫びと訂正をしておきます。

PAGE TOP