TSMの新しいRosterが発表されました!

TSM LoL Roster Announcement

いや~~。ついに来ましたね。
TopにHauntzer、JunglerにSvenskeren、SupportにKaSingと。
私の予想はまるで当たりませんでしたが……しかし!とても楽しみです。
下に選手ごとの少しの紹介だけ載せておきます~。


TSM Hauntzer

Hauntzer.jpg
HauntzerはTeam Gravityからの移籍となりました。
出身はアメリカです。現在20歳。
彼は多くのチャンピオンを使えるチャンピオンプールの広いプレイヤーで、
Maokai / MundoのようなPure Tank、Irelia / HecarimなどのFighter、
Rumble / Lissandra / KassadinのようなAP Top、LuluなどのSupport Topまでこなします。
TSMのオーナーReginaldも、Hauntzerが多くのチャンピオンをプレイできること、
また柔軟なプレイができることを非常に評価し、Hauntzerをスカウトしたようです。

TSM KaSing

KaSing_20151115135814d94.jpg
KaSingはH2Kからの移籍となりました。
出身はイギリスです。アジア顔なので両親はアジア系だと思いますが。現在21歳。
さて、彼を語る上で最も重要なのはThreshでしょう。
彼のThreshは今年のWCS 2015において、
SKTがFirst BAN、EDGは2試合ともBAN、BKTも1度BANと非常に警戒されていました。
また、SKTとの二回目の試合では、青サイドでThreshをFirst Pickするなど、その自信をうかがわせています。
2015年のシーズン中の成績は春4勝1敗、夏6勝1敗と、抜群の安定感を誇っており、
Threshにおいては、これまでEUで右に出るものはいませんでした。
また、Callが得意なプレイヤーであることもTSMにとって利益になるでしょう。
これまではCallをMIDのBjergsenに任せており、非常に負担が大きかったです。
H2KでKaSingはメインのShotCallerを務めるなど、頭脳としての能力もあります。
KaSingは、TSMにとって最も必要としていたプレイヤーでしょう。
Svenskeren
Svenskeren.jpg
Svenskerenは入れ替え戦で敗退したSK Gamingからの移籍となりました。
出身はデンマークです。Bjergsenと同郷ですね。この風格ですが19歳。
彼は多くのチーム移籍を経験しており、
それは彼のShotCallerとしての才能を買われてのことでしょう。
また、彼のジャングル チャンピオンプールは非常に広いです。
近頃ではGragasの使用率が最も高いですが、彼の代表的なチャンピオンはLee Sinだと思います。
BjergsenとはSeason 3の時、CWとNiPで共にプレーしており、
MIDとの連携が注目されるでしょう。
まとめ
TSM roster
総評として、彼らは非常に良いチームになったのではないでしょうか。
Bjergsen、DoubleLiftという二大キャリーを支えるのに、
レーンが強く柔軟なプレーが可能なTop Laner、Shot Callerが可能なJunglerとSupportは
とてもバランスがいいと思います。
TSMの次の公式大会は、IEM Season X – San Joseとなります。
日程は11月21日~22日です。
このロースターでの試合。今からとても楽しみですね!

PAGE TOP