Jungleをプレイするときに重要な7つのTips

jungler_wallpaper_by_welterz-d67wvce.png
今回は、JunglerについてのTipsを紹介していく。
Junglerをプレイしたくないという人は多いのではないだろうか。
Junglerは、負けた時に比較的責任を擦り付けられやすいロールだ。
味方は敵のGankと同じ量のGankを望んでいるし(Pushレーンでも)、
負け続けているレーンにヘルプをしないことも責められる
そしてヘルプをしてダブルキルされれば、もっと責められるだろうね。
さて、そんな理不尽に責められるロールが人気である理由は、
Junglerはキャリーができ、重要なロールであることに他ならない。
今回はJunglerにとって重要なことを、7つのTipsにまとめた。


1. マップを見よう


Junglerにとって何よりも大切なのは、マップから得られる情報
PushされているレーンにはGankすべきだし、Pushしているレーンには視界の支援をしてあげよう。
敵を予測する能力に優れているのなら、スタート位置からJunglerの位置を予測してPingを鳴らすのも効果的だ。
2. Pingを鳴らそう

敵のJunglerが見えたらまずPingを鳴らし、敵Lanerを見失ったら一番にMIA pingを出そう。
Junglerはクリープを狩っている時、ラストヒットを取っているレーナーよりはよっぽど暇だ。
その時間はPingを鳴らし、マップを見て次の一手を考える必要がある。
そしてGankする時もしっかりon my way pingを鳴らそう
味方は君のことを見る余裕などないかもしれないし、
Pingを鳴らさずに味方が合わせてくれないなんて当たり前だ。
3. 敵の行動を読もう

敵Junglerの行動を読むことができれば、Counter JungleやCounter Gankが可能になる。
または、敵のJunglerのいない側にGankを安全に行うことができる。
このゲームで最も試合を動かせる戦術は、「タワーダイブ」と「カウンターガンク」だ。
この二つは非常にオブジェクトに繋がりやすく、リターンが大きい。
それらを実行するために必要なのは、やはり視界。
タワーダイブは数的有利があってこそ成立するもので、カウンターに非常に弱い。
リスキーなプレイは視界を支配して、なるべくリスクを減らした状態で行う必要がある。
4. 冷静に判断しよう

レーナーが大きく負けている時、特にbot laneが負けている時。
君のヘルプでレーンが何とかなるならGankしてあげるべきだが、
大きく負けているなら助けないという判断も重要だ。
もし失敗してTriple KillでもADCに献上してしまえば、Jungler一人ではどうもできなくなる。
そういう時はBotに最低限のヘルプだけして、TopやMIDなどのソロレーナーを助けながら、
ソロレーナーを連れて4v2の状況を作れるようにした方がいい。
5. オブジェクトを管理しよう

Junglerの仕事でGankと同じぐらい大切なのがオブジェクト管理だ。
まず第一に取るべきはドラゴンだろう。
ドラゴンを取れるタイミングは多くあり、
1. BotにGankを成功させる
2. 敵Junglerをキル、またはリコールさせる
3. 敵のBotがリコールするタイミング
4. 敵topにtpが無く、こちらのtopにtpがある
5. 6分以降、敵Junglerがtopにgankをした
6. BotのFirst towerが取れた
7. Botに大きなミニオンウェーブがある
など、挙げていけばキリがないぐらいある。
タワーを取れるタイミング、ドラゴンを取れるタイミングを逃さないことが非常に重要で、
Gankした後にオブジェクトを取らない、ミニオンロストもさせないでは大きな意味はない。
Gankを成功させたからリコールするのではなく、
そこからの相手の損失とこちらの利益を考えて行動しよう。
そして、そのためのPink wardは一つ常に持ち歩こう。
6. 多くのチャンピオンを学ぶか、一つのチャンピオンを極めよう

Junglerはチャンピオンプールがそれほど広いわけではないが、
構成に大きな影響がある。
君のチームにTankがいないなら、JunglerはTankをPickするべきかもしれない。
Initiateができないのなら、InitiaterをPickしたほうがいいかもしれない。
重要なのはゲームでは自分が主人公なのではなくて、
あくまで自分はチームの1ピースでしかないということだ。
TopにRumble、MIDにAhriというチームの時に、君はAP JunglerをPickしない方がいいだろうし、
ADでTankyなチャンピオンがいい。
であれば、Rumbleとの相性の良いJarvan ⅣやRek’Saiといったチャンピオンは非常にマッチするだろう。
ただし、Junglerはそんな構成をお構いなしで序盤から試合を壊せるし、
これはLate Game的な思考だ。
君が適切なChampion Pickをしたとしても、敵のNidalee Jungleが10分で6キル持ってるかもしれないし、
All ADお構いなしのチームに序盤に壊されてそのままGGになるかもしれない。
一つのチャンピオンに優れてしまえば、構成なんて関係なく試合を動かせる。
どちらがいいかなんてことはない。Gank型のJunglerがFarm型に負けて、
終盤でひっくり返ることだっていくらでもある。
自分に合っていると思うチャンピオンピックを行おう。
7. 闇雲にGankをしない

序盤に強いJunglerは、もちろんGankを積極的にしていく必要がある。
ただ、3回に1回しか成功しないGankはあまり意味がない。
序盤に強いJunglerと比べて、
強力なUltを持つAmumuやWarwickといったJunglerは、
Lv6になった時強力なGankができる。
もし君のLee sinが多くのGankをして、5回Gankして1回成功させたとしても、
敵のAmumuがLv6で、Lee sinがLv4だったらあまり意味がない。
Amumuは1回のGankで確実に成功させられるぐらいのUltがあるので、
そのLv6のAmumuが1回Gankを成功させたら、Amumuの方がJunglerとして優れていることになる。
4回Gankして1回成功するGankより、2回Gankして2回成功するGankをしていこう。
Flashを落とさせたなら、そこにCampするのもいい。
Gankをするために、ひたすらレーンに目を光らせて、Flashの管理をして、
成功するための情報をひたすら集めるのが重要だ。


以下、Jungler関連記事。
試合中に気にすべき情報 Jungle視点編
http://lolandsocialgame.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
Rushが64勝3敗でKR Masterになったらしい。+Jungler Tips
http://lolandsocialgame.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

味方がPingを聞かない、Lv2でソロキルされるなんて時もありますが、
多くの試合で最も試合を動かせるのはJunglerです。
Junglerは頭をよく使うので、疲れている時にプレイするのは良くありません。
どのレーンでも言えますが、頭がよく回っていれば、より良い行動ができます。

……オチはありません。あるとすれば、Jungleで私がFeedするぐらいです。

PAGE TOP