【チャンピオン考察】Rivenガイド

最終更新日時 : 2016年6月22日

長いことサボってましたが復活させます。文字だらけ考察シリーズ。
自分的な視点で、気分でチャンプ選んで考察していきます。


ico_Riven.jpg Riven the Exile
 || スキルセット


LoLJP wiki」から引用
Passive
Runic Blade
Passive: スキルを使用するごとに1チャージを得る。チャージがある状態で通常攻撃を行うと、チャージを消費して通常攻撃に追加物理DMが付与される。チャージは最大3スタックされ、通常攻撃毎に1チャージずつ消費される。チャージは5秒間増加または消費がないと0になる。DMはLv1/3/6/9/12/15/18で5%ずつ増加していく。建物には無効。
追加物理DM: [AD × 20/25/30/35/40/45/50%]
Q
Broken Wings
Active: 前方にステップし、範囲内の敵ユニットを剣で切りつけて物理DMを与える。このスキルは前の使用から4秒間、合計3回まで連続して使用できる。3度目の使用でジャンプを行い、着地時に周囲の敵ユニットに物理DMとKnockupを与える。このスキルは使用する度にAAタイマーをリセットする。
物理DM(1Hit毎): 10/30/50/70/90 + [AD × 40/45/50/55/60%]
合計物理DM: 30/90/150/210/270 + [AD × 120/135/150/165/180%] 効果範囲: 112.5(1, 2回目)/150(3回目)/162.5(Blade of the Exile発動中1, 2回目)/200(Blade of the Exile発動中3回目)
CD: 1回目を使用してから13s Range: 260/325(Blade of the Exile発動中)
W
Ki Burst
Active: 周囲の敵ユニットに物理DMとStun(0.75s)を与える。
物理DM: 50/80/110/140/170 + [増加AD × 100%]
CD: 11/10/9/8/7s Range: 125/290(Blade of the Exile発動中)
E
Valor
Active: 指定方向にダッシュし、自身にDMを軽減するシールド(1.5s)を付与する。
シールド耐久値: 90/120/150/180/210 + [増加AD × 100%]
CD: 10/9/8/7/6s Range: 325
R
Blade of the Exile
Active: 15秒間折れた剣の刃を再生させ、ADが20%と通常攻撃のRangeが75増加(合計200)、更にValor以外のスキルのRangeが増加する。またこのスキルを再度使用することで、一度だけWind Slashが使用できる。
CD: 110/80/50s
Wind Slash: 0.5秒後に指定方向に貫通する巨大な衝撃波を発生させ、当たった敵ユニットに物理DMを与える。対象が失っているHP1%につき、このスキルのDMが2.67%上昇する(DM増加上限は対象が失っているHP75%まで。よって最大でDM3倍)。
最小物理DM: 80/120/160 + [増加AD × 60%]
最大物理DM: 240/360/480 + [増加AD × 180%] 弾速: 1600
Range: 900
 || スキル解説


P-通常攻撃に追加のダメージを付与できる。QにはAAタイマーリセットがあるため、Qの後に通常攻撃を挟み、これを消化していくのが基本。マスタリーのSpell Weavingと相性がいい。
Q-Rivenの最重要スキル。Q一回ごとにAAタイマーをリセットするため、実質的なダメージはダメージ表記よりもっと高い。3段目で壁抜けが可能で、赤バフ裏ほどの厚さまでなら全部抜けられる。1回目を使用してからCDに入るため、ギリギリで使っていけばEQ3→Q1W→Q2→Q3というようなこともできる。(CD40%で7.8秒)
W-即時発動の高性能スタン。CDも短く多用できるが、通常状態でのWの射程はAA射程と同じとあまりに短い。
QWなどのコンボとして使用したり、Qの打ち上げを入れてから入れたり、Flashと合わせて使うことが重要になってくる。
Ultと合わせることで範囲がとても広くなるので、集団戦では奇襲としてFlash RWが非常に強力。集団戦でなくても、Flash RWは非常に強力かつ即時発動ばかりなので敵は反応しにくい。必須コンボ。
E-珍しいADレシオ付きのシールド。しかもダッシュまで付いている高性能っぷり。このスキルはレベルを上げることでのCD減少が目に見えて強力で、レーンではこのスキルでダメージトレードを有利にしたり、ハラスを受け流したりする。
RivenはHealthリジェネが壊滅的であり、他のTop lanerやファイターと比べてダメージを受けると序盤とても厳しくなる。コンボやAAキャンセルに目に行きがちだが、どれだけこのスキルでダメージを回避できるかがRivenを使うなら非常に重要。
ちなみEWと同時に押すと、WはEを使う前の位置に判定が出る。
R-このUltのおかげで、Lv6時点でのRivenは他のLanerと比べてあまりに大きいPower Spikeを迎えられる。AD増加+レンジ増加は非常に強力で、特にWの判定は非常に大きくなる。モーションが大きいので、HydraやWでモーションをキャンセルして発動するのが基本。Wind Slashは敵Healthが25%以下になればダメージは最大になる。モーションも大きく弾速も遅いので、できるならQRなどでコンボに織り交ぜて使いたい。
スキルオーダーは、基本的にRQEW。
稀にハラスが強力だったり、接近に難があるChampionが対面の場合に、REWQにすることもある。
 || アイテム


スタートはドラン剣がポピュラー。Lv2スタートでポーションを買い込むことが多い。Lv2スタートはルーンマスタリによってはポーションの使用が必須。
その後はハイドラ、ブルタラ、CDR 靴 or マーキュリー、LW、黒斧あたりがコアビルド。防具を積むならサッシュ、GAなどがいい。
CDRは超重要なので、ルーン、マスタリも合わせて40%を稼げるように調整しよう
 || 特徴


長所
blinkが多くengageがしやすいため、スノーボール性能が非常に高い
すべてにADレシオがあるため、育った時のスケーリングがいい
Q3つ+Eの合計4つのBlinkにより、直線やjungle内の逃げ性能、追撃性能に優れる
高いバーストダメージとADチャンプとしてのDPSの高さ
バーストタイプだが張り付き性能が高く、集団戦の時間が伸びるほど活躍できる
Flash RWの奇襲性の高さから、育った時には敵キャリーをまとめて瞬殺できる
スキルキャップが高く、使っていて楽しい。クールなプレイが可能
マナ無し
良スキン多め、かわいい
短所
操作難易度が高め
増加ADレシオが多いため、装備依存度が高い
非常にExhaustに弱い
耐久力はEにかなり依存するため、行動を止められるスタンやスネアといったCCを受けてしまうと死ぬ
 || 他のチャンプ


きつい相手
Fiora
3段目のQを非常に簡単にスタンで返されてしまう。しかもFiroaのサモナースペルはTeleport Exhaustが主流で、Lv6以降の殴り合いでも非常に厳しい。
レーニングでFioraはQで急所攻撃を狙ってくるので、それをEやQで回避すれば勝機はある。
Garen
Garenを使っているサモナーを殺せ
五分五分
Irelia
有名なスキルマッチアップ。IreliaのEによるディスエンゲージにより積極的に行くことができなくなる。
序盤に敵のEで止められる時、IreliaにAAを入れない方がいい場面もある。IreliaはE→AA一回+ミニオンの攻撃でダメージトレードを有利に進めようとするので、AAを入れてミニオンのフォーカスを貰うと厳しくなる。
Irelia側はタワー下でのファームを望んでいるので、Rivenとしてはウェーブをむやみにプッシュしない方がいい。QやWをミニオン群に使わず、ゾーニングとして使おう。Lv6の時点ならRivenの方が強力なため、敵がEを使った後にEngageしよう。
Darius
レーニングでどれだけQを回避するかが重要になってくる。ミニオンのCSを1,2個落とす程度は仕方がないので、敵のQを回避することの方を優先しよう。味方にGankを要請するのはいいが、Junglerと一緒に二人してQに当たってしまうと逆にキルされてしまいかねない。回復のない柄の部分まで接近するか、もしくはCCをチェインするなどして回復させないようにしよう。
楽な相手
Nasus
有名なカウンター。適当にEngageしNasusのWを撃たせて、EやQで離れていけばNasusは10秒ほど何もできなくなる。Nasusはファームを優先したいはずなので、強気に行こう。Eフィールド上やWがかかった状態で殴り合いはしないこと。ヒット&アウェイを心がけよう。
Vladimir
ビビるな、殺せ lv1で殺せ lv2で殺せ lv3で殺せ 余裕だ
ビビったら負けだ 絶対勝てるからビビるな
 || 試合展開


どんな状況でpickする?
→junglerがtankで適切なinitiaterがチームにいる もしくは自分でキャリーしたい場合
序盤のレーニング
Qをあまりファームに使わないように、使うなら出来る限り隙の少ないようにギリギリで使っていく。Eでハラスダメージを軽減しながら、ミニオンの数で有利が取れて有利なウェーブ状況ならEQなどでエンゲージしていこう。相手がMeleeならQ3AA→WAA→Eで離脱などで一方的なダメージトレードをする。Rivenのレーニングの基本はヒット&アウェイ。スキルが落ちている間のRivenは非常に弱いので、スキルが落ちたなら引いていくのが基本。
中盤以降
アサシンとして、敵視界のない場所から1v1を仕掛けたり、Spliterに喧嘩を売りに行く。RivenのSplit性能は非常に高いので、一人でBotやTopをPushするのもいい。Groupするなら、奇襲性の高いFlash RWなどのイニシエートや、味方イニシエートに合わせたFlash RW、Flashが無ければERQWなどで集団戦を開始し、敵キャリーをフォーカスしよう。


チャンピオン考察シリーズ 

PAGE TOP