【Patch8.9】バロンナッシャーとヘラルドの変更について解説!

こんにちは。今日はバロンとヘラルドの変更についての解説です。

Patch8.9のバロンの変更がよく分からない!とのお声を聞いて書こうと思ったのですが、私も検証してみるまでまったく意味がわかりませんでした。パッチノート読むだけじゃわからないタイプのやつですねこれ。

というわけで、パッチノートよりも深く見るため、バロンについて基礎からしっかり学んでいきましょう!ヘラルドはおまけです!

 

 

Baron NashorSquare バロンナッシャーの変更

はじめに…

バロンの腐食腐食スタックの最も少ない対象に対して0.5秒ごとに30(+合計攻撃力の5%)  通常攻撃とトゲ攻撃(どちらも0.75秒ごとに発生)のたびに120(+合計攻撃力の30%)。またバロンの腐食を与える攻撃には違うパーティクルを使用し、より違いを見分けやすくしました(バロンの攻撃やスキル攻撃を喰らうとチャンピオンは腐食を受けます)

引用 : パッチノート8.9

こちらのパッチノートに書かれている内容に検証結果を付け加えると、バロンは0.75秒ごとに1度の通常攻撃ではなく1秒ごとに0.75回の通常攻撃を行います。また、腐食スタックの最も少ない対象に対して行われる攻撃が変更され、通常攻撃と同じ対象を狙うような記述になっていますが、以前と同様に腐食スタックが最も低いチャンピオンに対して行われます

また、この文章では分かりづらいですが、腐食を与えるオーラ効果は削除されています。

 

Baron NashorSquare バロンナッシャー(Patch8.9)

  • 出現時間 20分(リスポーンは7分)
  • 体力 12600(20分から1分ごとに+180)
  • AD 285~435(20分から1分ごとに7.5ずつ増加、40分まで)
  • AS 0.75
  • Range 955
  • AR 120
  • MR 70
  • 最も近くの対象に通常攻撃を行います。通常攻撃には3種類あります。全ての通常攻撃にバロンに与えるダメージが半減するデバフが付いています(バロンの攻撃対象が別のチャンピオンに代わるとデバフは消去されます)。
    • 近接 – バロン前方 : 爪で攻撃 [AD 50%](バロン初回攻撃時は確定、規則性を感じるけどランダムっぽい?)
    • 近接遠隔 – バロン後方180度 : トゲで攻撃 [AD 50%]
    • 近接遠隔 – バロン前方180度 : 体液で攻撃 [AD 50%] + 腐食スタック2
  • 体液を撒く通常攻撃で2つの腐食スタック腐食スタックの最も少ない周囲の敵に対して行う攻撃で1つの腐食スタックを付与します。腐食スタックは8秒間ARMRを0.5ずつ低下させ、スタックされるごとに効果時間がリセットされます(後者は通常攻撃と別の枠ですが、通常攻撃と同じ間隔、同じタイミングで行われます)。
  • 通常攻撃6回ごとに、通常攻撃の代わりにスキルを発動します。スキルの詳細は省きますが、打ち上げやスタン、腐食スタックの付与などがあります。

※個人調べなので、間違っていたら申し訳ないです。

 

今回変更があったのは体力攻撃力、そして腐食スタックを付与する攻撃です。

体力は言わずもがな、バロンを討伐するのに時間がかかるようになりました。体力は20分時点で12600と、前パッチから2600も高くなっています。以前と比べ時間が1.3倍ほどかかるため、これまでなら上手くいっていたコールが失敗するかもしれません。

攻撃力は下がっており、これによって通常攻撃から受けるダメージはかなり減少しています。また腐食スタックをオーラで与える形式が削除され、発射体が飛んでくるようになったためダメージを受けたことがわかりやすくなりました。

今回の変更によってバロンは時間がかかるものの、人数さえいれば比較的体力を使わずに倒すことができるようになりました。ただし、遠隔チャンピオンだけで集まって倒す場合でも、タンク役はバロンに接近して攻撃した方がダメージが抑えられる事は覚えておきましょう。

ステータスのところでも書きましたが、バロンから通常攻撃を受けたチャンピオンは、与えるダメージが50%現象するデバフが付きます(AA対象が別のチャンピオンに代わるとデバフは消去されます)。バロンを始めるという指示を聞いたからと言ってADCが一人で殴り始めてもほとんど時間は短縮できないので、キャリーはタンク役が攻撃を受けられる位置に来てから攻撃するようにしましょう。

 

バロンナッシャー変更の意図

バロンの変更は、討伐にかかる時間を長くすることでスティールや集団戦の機会を増やすという狙いがありそうです。また、どちらかと言えば、不利な状況のチームが得をしやすい調整です。

プロシーンの大会などを見ていても、バロンをアッサリ取られる展開で冷めてしまうパターンは確かに多かった気がします。これからはもっと熱い展開が増えるんでしょうか。Patch8.9以降のパッチで行われる大会が楽しみです。

 

 

 

Rift HeraldSquare リフトヘラルドの変更

タワーへの突進で自身が受けるダメージ : 150 + 現在体力の25%  現在体力の25%
突進によるタワーへのダメージ : 150 + 現在体力の25%  現在体力の40%または1500、どちらか値が大きい方
目玉へのダメージ : 最大体力の20% 最大体力の40%

リフトヘラルドが強くなったのかと聞かれれば、目玉に攻撃できるかどうかで決まるので状況によります。

敵に出されてもこちらがリードしている展開なら、ヘラルドの裏に回り2回目玉を叩けばヘラルドはすぐに死にます。ただし敵がリードしている展開なら、ヘラルドの裏に回って目玉を叩くのは自殺行為です。

魔法の言葉”状況による”ですが、個人的にはヘラルドはチームが勝っている時に取る余裕が生まれるものだと思っているので、かなり強くなったと思います。1500もの最低ダメージ保証が付いたので、これからは体力ギリギリのヘラルドでもタワーに突っ込まれたらダメージが出ます。なんとか食い止めましょう。

 

リフトヘラルドの変更の意図

勝ってるチームからしたらより強くなったけど、負けてるチームはちゃんと考えて使わないとダメだよ~って感じです。

 

 

あとがき

バロンの検証で疲れました。誰かに缶ジュースのつぶみを奢ってもらいたいです。あれおいしいですよね。

2 件のコメント

  1. 匿名says: 返信

    バロンの検証お疲れ様です。
    パッチノートを見るよりもだいぶ理解が深まりました・・・多分。
    腐食をオーラでばらまかないということは、「いくらヘルスが低くても通常攻撃を受けなければダメージは全く受けないので、バロン討伐に参加できる」という理解で合ってますか?

    • tsukihisays: 返信

      いえ、オーラ効果はないですが、腐食スタックを最も受けていないチャンピオンに対して腐食スタックを付与する攻撃(120+合計ADの30%)があるので低ヘルスの時にこれを受けると死んじゃいます!
      ただその攻撃はかなり見えやすいので、”バロンから攻撃を受けていないのに地味なオーラで死んだ”ということはなくなったというだけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/1962/trackback

PAGE TOP