【パッチノート8.4】新アイテム追加、魔力アイテムのススメ!

最終更新日時 : 2018年3月13日

こんにちは!ロルはやってますが、ブログはサボってました。期待して待ってくれていた方、ありがとうございます。

 

パッチ8.4(→公式リンク)は普段のチャンピオンのBuffやNerfに加えて、魔力アイテムの変更やルーンへの調整が入ったことで、かなり大規模なものになりました。

今回のパッチで、魔力アイテムが変わりまくっててよくわからん!という悩みが生まれてくることと思います。情報を見ずに使用感を試してみるのもいいですが、ある程度の事前情報を持っておく方がよいでしょう。

というわけで、新しいアイテムと調整が加わったアイテムについて軽く見ていきましょう。軽ーくなので、軽ーくお付き合いください。

 

 

魔力アイテム – ロストチャプター編

今回の変更における狙いは、そのチャンピオンの強みや敵味方の構成によって、ファーストアイテムの選択肢を増やすことです。

これまでの場合、マナの都合によって ロストチャプターを必要とするチャンピオンは モレロノミコンにアップグレードするしか選択肢がなく(重傷の効果が必要でない場合でも)、ファーストアイテムにおけるアイテムの自由というものはないに等しいものでした。

 

今回 ロストチャプター の派生先から モレロノミコンは消えてしまいましたが、新たに

ルーデンエコー

ヘクステックGLP-800

アークエンジェルスタッフ

という三つのアップグレード先を持ちました。これにより、自身のチャンピオンの強みやチームの狙いに応じたアイテムを購入することができます。

これらのアイテムはステータス面での大きな違いがないため、2種類以上のアイテムがマッチするチャンピオンも数多くいます(オリアナなどはルーデンエコーとアークエンジェルスタッフで意見が割れそうです)。

 

パッチノートに記されている通りの紹介をすれば、

 – “これはポーク用。”

 – “これはキャッチ用。”

 – “マナ&スキルマシマシがお好みのあなたに。”

パッチノート8.4 | League of Legends

ということになっています。これに従っていれば大きな問題はないでしょうが、影響を受けそうなチャンピオンについて見ていきます。

 


 –

ゾーイはそれほどスキルを連発しませんし、マナを必要とするチャンピオンでもないので、 は選択肢から外してしまってよさそうです。残りの二つについては、SiegeやPokeを行いやすい構成であったり、正面から当たる集団戦を見越すなら を、敵のタンクによる張り付きを剥がしたり、Eの命中率を上げることを狙うなら を購入するのが良いでしょう。

 

 –

オリアナはほとんどのチャンピオンに対して安定したレーニングを行えるため、ソロキューで頻繁にピックされますが、序中盤の影響力で言えば に分があります。発動時の100という高い基礎ダメージは、特に15分前後の戦闘において勝敗に関わる可能性があります。といっても、終盤における のシールドも非常に強力なので、自分のプレイスタイルやゲーム状況に合わせて購入することになりそうです。 もキャッチにおいて強力ですが、確定性の高いQWというスローがあるので優先度は低くなりそうです。

 

 – 

この GLP800のアクティブですが、想像以上に射程が長いです。徒歩勢(ブリンクやダッシュを持たないチャンピオン)をキャッチするのが簡単になったので、マルザハールは今より更に理不尽になりそう。

 

 – 

移動しながら戦えるメイジチャンピオンなので、1回の戦闘において エコーが複数回発動するという可能性もあります。ただ、WEのコンボを決めやすくするのならば が良く、タリヤお得意のローテーションを意識したキャッチを狙っていくならGLPの方が刺さりそう。

 

 – 

集団戦において敵を1体行動不能にさせる(生死に関わらず)という構成においてピックされやすいチャンピオンですが、低CDのQにおける生存時のダメージも強烈です。バーストを増加させるなら を、生存力を上げてダメージを出し続けるならを選択するのが良さそうです。ただし、完成するまでの時間帯はエコーの方が強力です。

 

 – 

チャームは頑張って当ててください

 

 – 

マナが一番稼げるので

 


 

簡単にアイテムごとの特徴をまとめると、

 

 ルーデンエコー

  • 3300Gold
  • AP+90
  • Mana+500
  • CDR+20%
    • Good – 高い基礎ダメージによるバースト増加、AoE強化、Poke強化
    • Bad – ハイコスト、スケーリングの低さ

ヘクステック・GLP-800

  • 3000Gold
  • AP+80
  • Mana+500
  • CDR+20%
    • Good – キャッチなどのユーティリティ、ローコスト
    • Bad – 複数へのHitは見込みづらい、CDが長い

 アークエンジェルスタッフ

  • 3200Gold
  • AP+50(最大マナの3%をAPに加算)
  • Mana+650
  • CDR+20%
    • Good – 最高のマナ持ち性能、進化後のシールド
    • Bad – ダメージがない、CDの短いスキルがないと完成が遅れる

 

といった具合になりそうです。ただ、最初から完璧なバランスに調整されていることはほとんどないので、どれか一つだけが突出して強いという可能性はかなーり高そう。

 

 

魔力アイテム – その他編

新アイテムと既存アイテムへの大きな変更がありますが、一緒くたにしちゃいました。アイテムをちゃちゃっと見ていきましょう。これらのアイテムはほとんど2nd Item3rd Itemで、シチュエーショナルなアイテムだと言えます。

 

 ライアンドリーの仮面

  • 3100Gold
  • AP+80
  • Health+300
  • 狂気: チャンピオンにダメージを与えると、戦闘状態が解除されるまで自身の与えるダメージが毎秒2%増加(最大10%)
  • 苦悩: 3秒間呪文で炎を浴びせ、対象の最大体力の1%に等しい追加魔法ダメージを毎秒与える。移動制限効果を受けているユニットは炎によるダメージが2倍に増加。

魔法防御貫通が削除され、狂気という新しいパッシブが付きました。交戦時間が長ければ長いほど強力になります。また、追加ダメージについて、これまでは現在体力参照だったものが最大体力を参照するようになりました。

敵にタンクが多いときや、フロントから殴って倒していきたい場合はかなり有効なアイテムになりそうです。相手にタンクが少ないときには価値の薄いアイテムなので、敵を見て購入しましょう。ただ、ティーモが持つのはまだまだ強いです。

 

 モレロノミコン

  • 3000Gold
  • AP+80
  • Health+300
  • 死の接触: 魔法防御貫通 +15
  • 呪いの攻撃: チャンピオンに魔法ダメージを与えると3秒間「重傷」を付与する

これまでのモレロと比べるとなんだか弱そうに見えてしまいますが、メイジが待ち望んだ魔法ダメージでの簡単な重傷付与です。ただ、固定値の魔法防御貫通と重傷という組み合わせは、ADキャリーなどに対しては刺さりますがタンクに対してはイマイチ。ムンドやマオカイに対して、モレロを買うのか仮面を買うのか…難しい選択になりそうです。

800Goldで購入できるエクスキューショナーと違い、重傷が手に入るまで3000Goldのコストがかかるため、自分と味方のビルドの進み具合や重傷の必要性などを検討してから購入しましょう。

 

 

 スペルバインダー

  • 2800Gold
  • AP+100
  • MS+10%
  • 自動効果: 近くで味方か敵がスキルを使用するとスペルバインダーがチャージされる(最大100)
  • 発動効果: 消費したチャージ数に応じて、最大30%の徐々に減衰する増加移動速度と魔力100を4秒間獲得。1スタックにつき発動時の移動速度が0.3%、魔力が1増加。(クールダウン60秒)

2800GoldでAP最大200増加!?めっちゃ壊れてそうなアイテム来た~!という感じのアイテムですが、スキルを使っても1スタックしか増加しないので、自分だけで最大まで貯めるには100回スキルを使う必要があります。

どんなチャンピオンと相性がいいかというと、スタックが貯めやすくMS増加が活かしやすい ライズや、ノーマナでスキルが回しやすく、高いAoEダメージやバーストを持つ  ケネン、  ブラッドミア ランブル、Jungle内でスキルをひたすら回せる  イヴリンや  ニダリー、マナ持ちがよくバーストタイプの  アニーあたりが挙がってきそう。ただ、当然と言えば当然ですが自分一人より味方や敵から得られるスタックの方が多いです。集団戦やスキルの撃ち合いが起きれば、みるみるうちにスタックが溜まっていきます。

価格も安く2nd Itemとして完成させておけば、その後の展開次第(Group後の戦闘など)で大活躍できるかも。終盤はタワーシージのシーンが増えてくるので、スタックの溜まりが早くなり使いやすくなります。

 

 ツインシャドウ

  • 2400Gold
  • AP+60
  • MS+7%
  • CDR+10%
  • 発動効果 亡霊の追跡:召喚された2体の不気味な亡霊が近くにいる敵チャンピオンを探す。亡霊と接触すると憑依され可視状態となる。また、亡霊の移動距離に応じて最大5秒間移動速度が40%低下(クールダウン90秒)。

ツインシャドウ君が帰ってきた!!フロストクイーンクレイムの元の姿です。NA時代からプレイしているなら、久しぶりに見たという方も多いはず。

以前売ってた時も人気なかったので、多分今回も人気ないです。元気でね。

 

 

これからのセカンドアイテム選び

セカンドアイテムはシチュエーショナルなものが多いですが、今回のパッチでその選択肢も増えたり減ったりしました。

特にここ最近、セカンドアイテムとして大人気だった ライアンドリーの仮面に大きな調整が入り、汎用的だった ルーデンエコーもファーストアイテム向けのものに変更されました。これからのセカンドアイテム選びを少し考えてみましょう。

 

 ライアンドリーの仮面

対タンク向けのアイテムですが、ブランドやティーモとはシナジーがあるため序盤に購入するのも良さそう。ゾーニャやバンシーが必要ない場合に選択肢に。

 モレロノミコン

重傷が欲しいとき、または魔法防御貫通で敵キャリーを倒したい時の選択肢です。魔法防御貫通はどんな状況でも腐らないので、ゾーニャやバンシーが必要ない場合においては選択肢に上がってくるかも。

 スペルバインダー

未知数なのでわかりづらいところではありますが、一般的なセカンドアイテムになりそうな予感がします。発動効果のAPアップは序盤強く、MSアップは後半強いため隙がないです。自分のチャンピオンとのシナジーや現状必要なステータス、味方チャンプや敵チャンプがどれだけスキルを使うかも含めて検討しましょう。

 リーライ・クリスタルセプター

ザイラやマルザハール、ブランド、ビクターなどの場合の候補。魔力が少し上がってコスパも良くなったので、もう少しクリセプの輪が広がるかも。

bansheesveil バンシーヴェール

キャッチへの対抗手段です。GLPが流行ったら価値が上がるかもしれません。

zhonyashourglass ゾーニャの砂時計

ADに対してはもちろん、Ultをかわせる相手と戦う場合の選択肢です。フィズやゼドに対してよく刺さります。

 ラバドン・デスキャップ

力こそ正義なので買ってしまっても構いません

 ツインシャドウ

幽霊たちと遊びた~いって気分の時に買いましょう

 

 

あとがき

パスコのパンはどれもおいしいです。

3 件のコメント

  1. 野郎ファンボーイsays: 返信

    パッチを一見しただけでは変更点がわかりづらかったので、解説していただいて感謝感激雨あられです。ありがとうございます。
    さすがはLoLブロガー界の起源にして頂点を誇る大物なだけありますね。次の記事にも期待しています!

    • tsukihisays: 返信

      変なコメントやめてくださいね

  2. LOL野郎のファン野郎says: 返信

    いつもわかり易く面白い記事ありがとうございます!これからも応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/1819/trackback

PAGE TOP