カウンター考察 : Top リヴェンについて

今回はTopレーンで猛威をふるっているリヴェンについてのカウンターのお話です。

カウンター考察と銘打っていますが、基本的な使い方は記述していく予定なので、そのチャンピオンを使いたい方にも読んでもらえればなと思います。

 

 

Top リヴェンについて(Patch7.11)

(Champion.gg – Top lane)

リヴェンはTopレーンで53.34%と非常に高い勝率を誇っています(Patch7.10のデータ)。アップデートでQを使用したAAタイマーのリセットが容易になったことや、デスダンスの強化、ガーディアンエンジェルとの親和性の高さ、厳しい序盤を支えるドランシールドの変更等の影響でしょう。

リヴェンはかなり習熟が必要なチャンピオンであり、50%を少し下回る程度の勝率というのが出るべき勝率だとは思うのですが、こういったように1つのアップデートやアイテムの変更で単にOPになることがあります。

 

 

Topリヴェンのレーニングの戦い方

スキルについてはWikiをご覧ください。 リヴェン – LoLJP-wiki

 

まずリヴェンのレーニングにおける基本戦術ですが、最大4回のダッシュでEngage – Disengageを繰り返し、体力のトレードを行っていきます(リヴェンは敵の体力減少量に応じてRのウィンドスラッシュのダメージが上がりますし、Eのシールドがあるため、同量の体力トレードをするのならリヴェン側に有利になります)。

リヴェンといえばコンボによるオールイン!というイメージが強いかもしれませんが、レーニングにおける戦術というのはコンボを入れるというより、逃走するためのスキルを残してダメージトレードをするということです。

逃走するために残すスキルというのは、基本的にQの3段目です。Qの3段目はノックアップを与え、Wと比べて硬直も少ないですし、3段目なのでダメージのロストもほとんどありません。対Rangedや遠距離のキャッチスキルを持つ相手の場合は、Qの3段目に加えて、EかWを残しておくことが多いでしょう。

CDRがかなり稼げてきたころには、Eから入ってもQの3段目と合わせてEが上がってきます。そのため、リヴェンの隙を突くのなら序盤が最も簡単だと言えるでしょう。

 

 

Topリヴェンのカウンターチャンプ・カウンタープレイ

  • カウンターチャンプについて

Topリヴェンのカウンターチャンプとして知られていたのはレネクトンやポッピーといったチャンピオンでしたが、現在では少し変わってきています。現在カウンターするのであれば、パンテオンやティーモといった通常攻撃を何らかの方法で無効化できるチャンピオンがいいでしょう。

というのも、リヴェンがここまで強いのはすべて”通常攻撃のダメージが高いから“です。機動力の高さやシールド、AoEスタンといったこれらのツールは、リヴェンがその分通常攻撃を入れることができるから強力なのです。

今は戦いの律動のキーストーンが強化されたことで、レネクトンやポッピーといった少しTankyなチャンピオン達は、リヴェンに対して短い戦闘ならともかくロングファイトではまず勝てません。装備が整ってくれば尚更です。リヴェンを1対1で倒すなら、パンテオンやティーモのように通常攻撃を無効化して小競り合いに勝つか、あるいはフィオラやケイルといった後半の超強力なファイト能力で圧倒する必要があります。

また、Topリヴェンに対しては忍者足袋を購入しましょう。Patch7.11でNerfされましたが、おそらくここは変わりません。忍者足袋を購入すれば、ダメージはかなり抑えられます。

 

  • 中盤以降の戦いについて

全般的なプレイの話に入っていきましょう。リヴェンは圧倒的な単体へのダメージを持っており、特に中盤以降のCDRを40%積んだ場合のリヴェンはタイマン性能でぶっ壊れています。そのうちある程度のNerfは受けるでしょうが、CDR40%リヴェンの1対1は元々超強力ですから、そこはあまり変わらないはずです。

中盤以降、リヴェンと1対1をするのなら、まず距離を詰めさせるためにスキルを使わせましょう。リヴェンのQは、単純なダメージに加えて通常攻撃の回数が3回増えるスキルです。通常攻撃(AD * 100%)も合わせて数字にすれば、1つのスキルで270 + [AD * 480%](Qランク5時点)のダメージです。そこにパッシブの追加ダメージが3回と、Rの20%AD増加も合わさります。

これをまともに受けてしまえば、まず1対1など勝てないでしょう。敵のQを移動スキルとして使わせるために、要はスキルの残っているリヴェンとは距離を取ってください。

また、直線のレーンを逃げるのなら移動速度増加だけでも逃げられますが、ジャングルのような入り組んだ地形でリヴェンと遭遇するとまず逃げられないので、特にレーンにいない時はリヴェンの位置に意識を配り、近づかない事をオススメします。自分がタンクではない場合、Q3回+W+Rのダメージだけで即死するので、味方が助けてくれるとかそういう問題ではなくなります。3秒で死にます。ディスプレイを殴ります。

 

  • リヴェンのフラッシュがあるとき

しかし、上に書いたようなことが無駄になるシーンもあります。リヴェンのフラッシュがある時です。リヴェンのフラッシュはADCなどからすればほんとうに諦めるしかありません。リヴェンのフラッシュがある時はリヴェンのレーンに5人で集まって殺してください。

・・・それは冗談ですが、中盤以降フラッシュがあるリヴェンがADCやMidと対面した場合、ほぼ確実に襲ってきます。リヴェンのフラッシュの価値は非常に大きいので、もし自分がADCでフラッシュが残っている状況なら、リヴェンがフラッシュしてきた場合は即座にフラッシュしましょう。消極的ではありますが、中盤以降はフラッシュのトレードも頭の中に入れておいてください。ヒールで逃げれるとかはできるだけ考えないでください、Qの3段目が当たった時点で死ぬので、フラッシュ+3段目をフラッシュで避けるしか術がないです。

自分にフラッシュが無い状況でフラッシュのあるリヴェンに近づくのは、深夜に人の手の入っていない森の中に入っていくようなものです。要するに死にます。

 

  • 細かいプレイのお話(パンテオン、ティーモ、クイン)

上の方でカウンターとして挙げた2体のチャンピオンですが、基本的にはハラスを繰り返して、距離を詰めてきたリヴェンのQに合わせて通常攻撃を無効化することを意識しましょう。そうすることで距離を詰めるためのQを使ってきたリヴェンに対しては確実に勝てます。

パンテオンはQを投げることで、リヴェンのEを間接的に潰せます。リヴェンはEが無ければ仕掛けてこられません。ティーモも同じく、通常攻撃を行うことでEを潰せるでしょう。

他のRangedやメイジでもEを潰せるのでは?と思うかもしれませんが、他のRangedはリヴェンが前にEをしてダメージトレードを仕掛けてきた場合、対処が難しいです。その点でパンテオンとティーモは、リヴェンとの1対1を通常攻撃の無効化で勝利できるというわけです。

また、リヴェンを潰すのならTopクインという選択肢もあります。TopクインはリヴェンのEを落とすハラス能力に加えて、リヴェンのQの3段目をEで確実に潰せます。リヴェンに対して圧倒的なカウンター性能を持っており、Wの移動速度増加のおかげでリヴェンの距離を詰めさせることすらさせません。かなり特殊なトップレーナーではありますが、手札の一つとして持っておくとリヴェンを大いに苦しませることができるでしょう。

 

  • 細かいプレイのお話(ダリウス、レネクトン、トランドル)

次に、AA強化を持つファイターの話をしましょう。例えば、ダリウスを挙げていきます。ダリウスは対リヴェンがかなり厳しいチャンピオンです。ダリウスがAAを2回入れる間に、リヴェンはAAを4回入れてきますし、Qはほぼ柄しか当てられないでしょう。

ここで大切なのは、Wの使い方になってきます。ダリウスのWは通常攻撃を強化するスキルですが、スキルで強化された通常攻撃はリヴェンのQのようなノックアップやノックバックに対してキャンセルされません

スキルの使いきったリヴェンをEでキャッチできればダリウスはダメージトレードで圧勝できます。しかし、Qの3段目を素で受けてしまうと逃げられてしまいますし、敵の隙を突いてEでキャッチしたところでリヴェンにスキルが残っていれば同じく逃げられてしまうでしょう。ダリウスが狙うのはリヴェンQの3段目にWを合わせるというあまりに高難度でアンフェアな駆け引きなのですが、出来そうなら狙ってみるのも良いでしょう。

これはレネクトン、トランドルといったチャンピオンでも同じことが可能です。どちらもスタンやスローといった行動を妨害できる効果があるので効果的です。トランドルならQの3段目にQを合わせて、Eのピラーでリヴェンを捕まえて殴り合いに持ち込み、レネクトンは仕掛けられた際にはQだけを使い、WとEを残しておくことでかなり有利を築きやすくなるでしょう。

 

  • 細かいプレイのお話(その他のチャンピオン)

他のチャンピオンにおけるリヴェン対策についてですが、リヴェンのQをいかに自分のそばで使わせないかが重要です。安易に近寄らず、距離を離すためのスキルを即座に使うということです。

カミールならQの移動速度増加を利用して、ミニオンを殴って近づいてくるリヴェンから離れたり、ジェイスならハラスを続けて、もしリヴェンがQで近づいて来たらすぐMelee Eで弾き飛ばしたりしましょう。リヴェンは1度Qを使えば数秒はダメージトレードがしにくい状況です。また、Qの有効期限は4秒なので、1度Qを使った後に4秒間Qを使っていなければQは落ちています。そのタイミングで何らかの有利を掴んでいくことが、対リヴェンでは重要になってくるでしょう。

 

 

あとがき

上に書いたのはカウンタープレイの一例であり、それぞれのチャンピオンにある程度の対処方法があるはずです。リヴェンはOPなので、とりあえずBANしてもらうというのも一つの対処法です。

次回はネタが思いつき次第書いていきます。

 

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/1690/trackback

PAGE TOP