プレシーズンに向けて、重要な変更をチェックしておこう!

最終更新日時 : 2016年11月9日
2017_assassins_wallpaper_1920x1080

こんにちは。ランク戦が終了しましたが、皆さんはいかがだったでしょうか?ランクに満足した人も、満足できなかった人も、来年また頑張りましょう!

さて、プレシーズンに移行するPatch6.22へのメンテナンスは、日本時間で明日の11/9 5:00から行われます。というわけで、今回はプレシーズンで重要になりそうな、大きな変更を簡単に見ていきましょう!

 

 

アサシンアップデート

今年のプレシーズンの目玉となる変更は、やはりアサシンアップデートです。対象となるチャンピオンの肝になる変更を見ていきましょう。

大きなチャンピオンアップデート

 カタリナ

QとWで地面にダガーが落下するようになり、それを拾うと回転して周囲にダメージを与え、Eのクールダウンが大きく短縮されます。パッシブが発動しなくとも瞬歩(E)を何度も使用できますが、最大ダメージを出すのに前準備が必要になり、前と比べてペンタキルマシンとしての性能は落ちたような気がします。

 ルブラン

パッシブのカモフラージュが削除され、スキルを当てた対象にマークを付与し、1.5秒後もう一度スキルを命中させると、マークを消費し追加ダメージを与えるように変更。そしてQも変更され、マークがついている対象が周りにいる場合、Qが跳ね返るようになりました。これによりW+Qで積極的にプッシュできますが、従来通りW上げであることは変わらなさそうな気がします。Rも仕様が変更され、よりトリッキーに。特にR+Rは自分の分身をマップ上のどこにでも出せるため、使い方次第では大きな可能性を秘めていそうです。

 レンガー

Ferocityの上限が4に、そしてFerocity増加の仕様も変更され、スキルを使用した時、または草むらから通常攻撃で飛びついた時に1増加するようになりました。また、狙った対象からキルを取るたびにADが固定値+%で上昇し、5キルを取ると15AD + 30%のAD増加を得ます(キンドレッドと似たような仕様)。

Qが対象指定でなくなり、Wでバーストに対する大きな回復やCC無効化ができるようになったため、しぶとく生き残りAoEダメージを出すOff-Tankビルドが流行しそうだと踏んでいます。Ferocityの上限が4になったため、UltによるFerocity増加は削除されました。Qが対象指定ではなくなったため、これまでのような理不尽なパワープレイはできなさそうですが、どんなビルドだろうとADCにとって非常に嫌なチャンピオンであることは変わりないでしょう。

 タロン

ある意味最も注目された変更であり、Eで地形を飛び越えられるように。また、本当に面白みのなかったパッシブも変更され、スキルを3回ヒットさせた敵に対して通常攻撃をすると追加ダメージを与えるものに変更。

Eの対象指定ブリンクは削除されたため、その分のブリンクスキルはQに移動しました。対象に飛びつきながらダメージを与え、近くの対象であればクリティカルが発動し、このスキルでユニットをキルすると体力を回復しクールダウンが50%減少するという、色々詰め込んだなんともお得感の強いスキルになっています。

Wはプッシュ、ダメージともに今なお強力ですが、Q上げもアリだと思います。そうするとプッシュ力の無さというのが課題になりそうですが、ADチャンピオンなのでティアマットを購入するという選択肢もありそうです。色んな壁をスタイリッシュに越えられるEで素早いRoamを行えるので、プッシュ後はGankを狙うのが基本になりそうです。

 

小さなチャンピオンアップデート

 アカリ

パッシブが変更され、2回の通常攻撃に回復効果と追加ダメージの効果が付きます。クールダウンは8-4秒で、9レベルの時点でCDが4秒に。また、Wの効果はインビジブルになり、ステルスを看破できなくなりました。

 エコー

パッシブのスロー付与が削除され、全体的にAPビルドで恩恵を受けやすいように変更。APにとってもあまりバフとは言えなさそうな変更ですが、現状Midで使用されているプロトベルトタイプのビルドが主流になるでしょう。

 フィズ

Wの効果が大きく変更され、パッシブでBleedというデバフを付与します。Bleedは通常攻撃、Qの通り道、またRのサメを拾ってしまったチャンピオンに与えられ、4秒間かけてダメージを与えます。

Bleedの効果を2秒以上受けた対象にWのアクティブが付与された通常攻撃をすると、Wの追加ダメージが3倍になります。これがメインダメージになるため、敵チャンピオンに与えたBleedの管理というのが重要になりそうです。

 カ=ジックス

Qの進化時のダメージ増加が無くなり、代わりに射程の増加と、孤立対象に使った場合クールダウンが減少する効果になりました。Wは未進化の状態ではスローが削除されたため、序盤のGank力というのはかなり落ちることになりそうです。Rを進化させると、戦闘外のとき草むらに入るたびに3秒間のステルスを得て、草むらから出ても2.5秒間持続し続けます。状況によって、Wを強化してユーティリティを強化するか、それともGankするためにRを強化するか、ダメージを求めてQを強化するかという選択が必要になってきそうです。

 シャコ

ADビルドはbuffされ、APビルドはnerfということになりそう。Qのクリティカルが削除されたため、スタティックシブとの相性は悪くなるはず。

 ゼド

たぶん弱くなったと思うので使わないでください。ADCからのお願いです。

 

 

ジャングル内の変更

この辺は私のPBE記事に書いてなかったので、ちょっと詳しめに書いておきます。

Smiteの変更

スマイトはクールダウンが75秒から90秒に変更され、モンスターにスマイトを使うことで得られるバフがすべて削除されています。その代わりに、モンスターにスマイトを使用した場合100+最大体力の10%を回復します。

プラント

ジャングル内に植物が生えるようになり、これらを破壊することで様々な追加効果が得られます。どれも一度通常攻撃をすることで破壊することができます。

赤色の花(Blast Cone)を破壊すると近くのユニットがノックバックし、これを利用して近くの壁を越えることができます。

緑色の花(Honeyfruit)を破壊すると近くに体力とマナを回復するフルーツが落ちますが、拾うと自身にスローがかかります。

青色の花(Scryer’s Bloom)を破壊すると、花粉が扇状に広がり、エフェクトと共に破壊した方向の視界を4000ほど得られます。

それぞれ発生する位置はある程度決まっていて、赤は道が入り組んだジャングル内、緑はリバー、青はリバー近くのジャングル内に発生するようです。

ジャングル内のモンスター

ちっちゃいのが増えたり、ちっちゃいのが減ったりしています。ラプターは小さいのが5体になり、ゴーレムについては倒すと分裂してちっちゃいのが沸いてきます。マイクラのスライムかよ。一方で、赤バフと青バフは子供を失いました。

 

 

マスタリーの変更

マスタリーの変更については詳しく書いたので、前回記事をご覧ください。

 

 

バランス調整

Lethality(脅威)

固定の物理防御貫通が削除され、”脅威”というステータスに変更されました。脅威は物理防御を貫通しますが、対象のレベルによって貫通量が左右されます。

物理防御貫通の計算式:

(脅威 * 0.4) + (脅威 * 0.6 * 対象のレベル / 18)

対象とした敵のレベルが18の場合、脅威の数値分、そのまま物理防御を貫通します。固定物理防御貫通のステータスは完全に削除され、ルーン、アイテム、マスタリー、どれも脅威にすり替わっています。ただし、%の物理防御貫通はまだ残っています。

コントロールワード

ピンクワードの生まれかわりです。75Gold。近くのワードやトラップを見えるようにするだけでなく、機能を無効化します。このワードでカモフラージュ状態のチャンピオンを見破ることはできますが、インビジブル状態のチャンピオンを見破ることはできません。

新アイテム

アサシン用のアイテムとサポート用のアイテムが追加・変更されています。個人的に、サポートのアイテムビルドの幅が広がるのは楽しみですね。

詳しい効果については以前のPBE Patch Noteの方をご覧ください。

 

 

あとがき

前日までチャレンジャーだった友人がマスターに落ちて、降格報告と共に平家物語の祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きありと詠み始めたのでさすがに笑いました。みなさんもランクお疲れ様です。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/1572/trackback

PAGE TOP