LJL Grand Finalを見て。

997aad32030a1da47173a515f8d24f98.png
ああ、負けちまった。
俺はOzone Rampageを応援してたんだけど、
2試合目が終わって余裕だな!なんて思ってた。
でも3試合目、4試合目となるうちに
アレ?何かがおかしいぞ?って思ったね。
結果的に2-3でOzone Rampageは負けたし、世界に行くのはまたDetnation Focus Meになった。
これから書くことほとんどがFMファンにとってすごい失礼かもしれないけど、
FMに素直におめでとうなんて言えない。
RPGには世界に行ってほしかった。俺はツイッターでキレてた。
なんでFMなんだ!RPGは先々週勝ったじゃねえか!ってね。
いやでも、これがスポーツの醍醐味だとも思う。
負けたら敵チーム批判したりするのは人間としてはどうかしてるけど、
それぐらい熱くなれる事って貴重だろう。
好きなものを応援するのって結構エネルギーを使うよな。
負けたり、負けそうになったりしたら神経すり減らすし。
そんな感じに一喜一憂してたら、いつの間にか自分がチームの一員になったような気分になってくる。
もちろん、チームの一員じゃないけど。
スポーツにのめり込むと、チームが負けると自分が負けたかのように悔しくなる。
素直に敵が上手かったって言えないし、愚痴りたくなる。
応援してるチームが負けたのに、
気持ち良く「良い試合だった」なんて言えるなら
そいつはすごく精神が強いか、もしくはチームが好きじゃないかだと思ってる。
悔しい。悲しい。なんで負けたんだ。なんで相手が勝ったんだ。
そういう感情が生まれて初めて、ファンボーイじゃないかって思う。
今回はRPGが負けちまったけど、俺はAMUSEは神だと思ってるし、
次はRPGが優勝できると思ってる。
DFMがBO5得意っていうのは本当だったのかもしれないけれど、
そんなの認めたくないね。RPGはそんなの関係ないぐらい強くて、ちょっとThrowしただけだって思いたい。


とまあ、試合が終わってからこんなひねくれたこと考えてました。
記事は半分フィクションなので、ここでは普通におめでとうと言いたい。
DFM、おめでとうございます。日本の代表としてまた世界で頑張ってください。
RPGの敗因は、よくわからない。3試合目から何もかも上手くいかなかったなあ。
また試合を眺めて考えたいと思います。
今日分かったことは、Rokeniaは天才だってことぐらいかな。
ちなみにGrand Finalの試合は http://www.twitch.tv/ljlofficial/v/10105729 ここから見れます。
まだ見ていない方や、見直したい人はどうぞ。

PAGE TOP