新gangplankの使い方 解説

Gangplankさん帰ってきましたね。
新しいGPになってから結構経ちまして、ビルドとか使い方も結構決まり始めてます。
で、このgangplankさん、Eの使い方にクセがあるのですが、
今回はほとんどEの使い方についての解説です。
 || スキルセット


重要なスキルのみ。(LoLJPWikiから転載
Passive
Trial by Fire
Passive: 次の通常攻撃に追加TrueDMと自身へのMS増加効果(30%, 2s)が付与される。このTrueDMは1.5秒かけて与えられる。GangplankがPowder Kegを破壊した場合はCDが即座に解消され、同様のMS増加を得る。
TrueDM: 20 + (Lv × 10) + [増加攻撃力 × 120%]
CD: 15s
Eを爆破させると即座にCDが上がるため、最大のダメージコンボはAA→EQ爆破→AAになります。
Q
Parrrley
Active: 対象の敵ユニットに物理DMを与える。このスキルで敵ユニットを倒すと消費したMNの半分が回復し、追加Goldを得る。このスキルはOn-Hit Effectsの影響を受け、Critical Hitも有効。Gangplankはこのスキルの効果で得た追加Goldと同量のSilver Serpentsを得る。Silver Serpentsは500貯めるとShopにてCannon Barrageを強化できる。 Trial by Fireの効果は付与されない。
物理DM: 20/45/70/95/120 + [攻撃力 × 100%]
追加Gold: 4/5/6/7/8
消費MN: 50 CD: 5s Range: 625
このスキルでCSを取ることで追加のGoldと、Silver serpentsがもらえます。
Silver serpentsを貯めるためにも、最初にQを上げたほうがいいですね。
E
Powder Keg
Active: 指定した地点に60秒間持続するPowder Kegを設置する。Powder Kegは3ポイントの耐久力を持ち、時間経過またはGankplankか敵チャンピオンの攻撃により耐久力が1ずつ減少する(時間経過では1未満にならない)。Gangplankの攻撃により破壊された場合、Powder Kegは爆発し周囲の敵ユニットにARを60%無視した物理DMとSlow(2s)を与える。DMはPowder Keg破壊時に与えた物理DMと同量であり、対象が敵Championの場合は追加物理DMを付与する。またPowder Kegが爆発した際に近くの範囲内にあるPowder Kegも連鎖して爆発する。ただし複数の爆発に巻き込まれてもDMは重複しない。Parrrleyでも攻撃可能。
追加物理DM: 80/110/140/170/200
Slow: 40/50/60/70/80%
スタック増加CD: 18/17/16/15/14s
耐久力減少速度: 2/1/0.5s (Lv1,7,13で変動)
消費: 1スタック CD: 無し Range: 1000
説明なげえええ!!
AR無視がとても強いので、積極的にE+Qの爆破でダメージを与えていきたいですね。
スタック可能数は、Ultのレベルで3/4/5と増えていきます。
Rangeが長いですが、耐久力が減少するまでに結構時間を食うので逃げる敵に当てるにはコツがいります。
 || Eの使い方について

Gangplankを使ううえで、Eはとても重要です。
というわけで、とりあえずEの基礎知識から書いていきます。

  • Qで爆発させてCSを取ると、キルしたミニオンたち全てから追加ゴールドが手に入る。
  • 耐久力の減少タイマーは、攻撃してもリセットされない。Lv7の時点でなら、置いてから1秒の間に1回AAをすると、耐久力が1になるため、Qを撃てば置いてから1秒で爆破できる。(書いててわけわかんなくなった。Lv13ならE→AA→Qで0.5秒で起爆できます。)
  • Trinityの追加ダメージもしっかり入る。

そしてEを追撃・逃走・集団戦などで使う際には、基本的に2つの樽を1つのまとまりとして使うことが多いです。
追撃の際に使う場合、このようになります。

※動画がカクカクなのは私のPCスペックの問題です。
※カニで動画をとっているのは、私の人間関係の薄さの問題です。

逃走の場合はこうなります。

 || Eの射程


EのRangeは1000なんですが、実際はもっと広いとも言えます。
とりあえず、画像で確認してみましょう。
gp range
左上に映りこんだGOM playerの表示は気にしないでください。ごめんなさい。
で、これは一つの樽の攻撃範囲になります。
というわけで、二つの樽を置くと攻撃範囲は
gp range 2nd
雑コラになってるけどこんな感じ。
追撃の時は奥に置くけど、逃げる時は前に置くときもある。
範囲はさっきよりも増えて、こんな感じ。
logic.jpg
2つの樽を使った時の攻撃できる範囲は、
koregurai.jpg
こんな感じになります。
大切なのは1つ目に置いた樽を中心点と考えて、4秒後/2秒後/1秒後の(耐久力の減少に合わせた時間)敵の動きを予測します。
そして2つ目の樽を敵に当たるように配置することです。

 || 樽の基本的な使い方

樽は範囲が広いですが、最も有効な使い方は味方のCCに合わせてCCチェインの形で使うことが一番望ましいです。
EはとてもBlinkに弱いです。1個目の樽からblinkで離れられてしまうと、簡単に避けられます。
EkkoのWと同じような考え方で、数秒先の位置を爆発できるように使うのが基本なので、
味方のCCと合わせるぐらいじゃないとあまり当たりません。
ダメージソースなので、これを当てるか当てないかは集団戦の勝敗にかかわってきます。
集団戦の際は、爆発を確実に当てられるように使いましょう。
レーンでは、樽を一個置いてタワー下でのプレッシャーとしても使えるので万能です。
他にはBushで樽を一個置き、待機するというのも強いです。
 || あとがき

私はそんなにgangplankを使わないので、あまり偉そうなことは言えませんが、こんな感じでしょうか。
そもそも記事を書こうと思った理由は、この試合を見たからなので、
書いといてなんなんですがこの試合を参考にするのが一番いいと思います。
DNL VS DEU Game 2 Highlights

私の記事も、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

あ、そういえばFioraはFeedしたので記事書くのやめました。

PAGE TOP