2v1 Lane Swapについて

 || はじめに


大会を見ていない人たちに向けて、2v1 lane swapについての解説です。
既にかなり洗練されている戦術なので、解説はとても長くなっていますが、ごめんなさい。
大会見てる人は、この人はこういう考え方なのか。ぐらいでいいです。
※動画がカクカクですがPCスペックの問題です。


 || 2v1 Lane Swapとは


2v1 Lane SwapはTop lanerとBot lanerがレーンを交代する事です。
ADCとSupportがTopへ行き、Top lanerはBotに行きます。
ああ、文字で書くとややこしい。Top lanerなのにBot行ってるんだもん。意味わかんねえ。
大きな目的は「敵Topを腐らせること」、「Botのマッチアップを避けること」、「早々にTop turretを取り、Dragonへの圧力を高めること」、「Topのマッチアップを避けること」などが挙げられますが、まあそれは後々説明しましょう。2v1 Lane Swapといっていますが、3v1になったり、adc vs Topの1v1になったりパターンは様々です。パターンにより目的は変わってきます。
 || Duoの行動


  • ADC Support

まずチームは、TopにいるDuoを戦術の基盤にしながら行動する必要があります。
その際に決めるべきことは
1. レーンをフリーズし、とても大きなWaveができるまで敵Top lanerをZoningし続けるか
2. ミニオンウェーブを大きくして、ある程度の大きさになればタワーを取りに行くか

のどちらかの選択を取る必要があります。
どちらにしろ、ミニオンのコントロールが非常に大切になってきます。
さて、レーンをフリーズし続けるパターンとタワーを取りに行くパターンの差は、
1がTop lanerを腐らせることに重点を置いていますが、
2はドラゴンへのプレッシャーを高めるためのタワーオブジェクトに重点を置いています。
問題のMinion Waveですが、普通にラストヒットだけを取っていてもそれなりに大きなMinion Waveは作れます。
しかし、安定してMinion waveを作るために使われる方法がこれです。

これで敵ウェーブを作り、その後はZoningするなり、Minion Waveを作るなりすることができます。
フリーズレーンに最適なMinion Waveは敵Ranged minionが5~6体の状態なので、この動画では少し減らしたほうがいいですね。
フリーズレーンを徐々にプッシュすれば、ミニオンウェーブが作れます。
この行動の際、Supportは敵のtop lanerがいなかったり、ADCが一人で大丈夫そうなら(これは判断する必要がありますが…)Roamをすることが可能です。
Lv1の時点で敵buffにワードを置きに行ったり、lv2の時点でmidにgankしにいったり、様々な自由な行動が可能です。
SupportがJungler・Top lanerなどと合流するパターンもあります。
Roamをする際、Recallを挟むなら大量のワードを買い込みましょう。できるだけ敵の視界が取れそうな位置に置いてください。
 || 各Lanerの選択肢


  • TOP laner

Top lanerの行動は、
1. Bot laneに向かってファームをする
2. Junglerと共にファームをする
3. Bot laneにSupportと共に行き、ファームをする
4. Topに合流してタワーダイブしたり、タワーを折る。

とまあ、様々なパターンがあります。
どれが最適かというのは状況によりますが、
まず1はbig waveが作られており、タワーダイブの危険性がないなら非常に有効です。
タワーダイブがないかどうかは、敵のjunglerの位置が重要になってきます。
敵のjunglerの位置を把握していないなら、とても危険です。
そして2は、とても安全です。Lv2までをjunglerと共にファームをし、そこからどういう選択肢を選ぶか決めるというのがここ最近のメタですね。
3はSupportと一緒にファームすることになるので、ファーム量は稼げるはずです。
しかし、top lanerがmeleeの場合はやはり厳しいファームを強いられることになります。
この時点でtopの状況はadc vs top lanerになってしまうので、
adcがjunglerのgankを受けないような視界取りができているかどうかも重要です。
4もよくあるパターンです。4人でのタワーダイブが可能で、タワーを折る速度がjungler、top lanerと合流することでとても早くなり、オブジェクト交換が早く済みます。
この選択肢を取れば、相手もbot laneのタワーを折ってくるはずなので、早々のタワーのトレードが可能になります。
敵が4:1:0でのタワートレードを望んでいる場合、top lanerは早くタワーから離れましょう。数の暴力で殺されます。

  • MID laner

一見めちゃくちゃ空気に見えますが、行動というより注意すべき点ですね。
1. 3man gank
2. 序盤のワードをチームのために使う
といった点です。3man gankとはJungler、Top laner、Supportによる早期のmid lane gankです。
Top lanerで強力なgankが可能なのはMaokaiやshenなどがいます。SupportもCCを持っているのがほとんどです。
rumbleなんかでもE当てればもう逃げられないぃ!ですからね。
こちら側からgankを仕掛ける場合、top lanerとSupportはflashを惜しまないようにアグレッシブに行きましょう。
mid lanerのflashが落ちている状況はとても有利に働くため、自分のflashを落としても価値があります。
対策としては、敵のsupportやtopが見えていないなら最低でもsupportはmidのヘルプへ行けるようにしておきましょう。
序盤のワードをチームのために使うのは、Junglerの位置を察知するためです。
この戦略で最も重要なのは、何といってもJunglerです。junglerの位置が見えてしまえば次の相手の行動が読めます。
死にもの狂いで敵junglerの視界を取りましょう。

  • Jungler

最重要のキーロールです。全ての行動はJunglerからなので、Junglerはチーム全体の行動も指示することが望まれます。
1. Topに合流し、タワーダイブするかタワーを取る
2. Midに3man gankを仕掛ける
3. Botに合流しウェーブクリアを支援する
4. Supportと合流しCounter Jungleをする
5. 敵側が2v1swapしてきた場合、supportとtop lanerと合流しドラゴンを狩る
などでしょうか。もちろん、状況次第でありいくらでも選択肢はあります。
1は順当な行動で、2はmidの有利をつけるための行動ですね。
3はtop lanerの負担を減らし、4はjunglerへの圧力を高めることになります。
5は敵の視界がないという確証が必要です。
ドラゴンを狩る場合も敵の行動をしっかり見て、動いてきた場合はそれに対応しましょう。
そして先ほども言いましたが、junglerが全ての行動の中心になってきます。
junglerが敵の視界に映ってしまえば、簡単に行動が読まれてしまうため、圧力はとても低いものになります。
そのため、junglerはできるだけ視界に映らない動きをして、敵としてはチーム全体でjunglerの場所を探る必要があります。
 || おわりに


結構長くなってしまいましたが、基本としてはtop lanerのCSを減らすことが絶対的な目的ですね。
そのためにもadcにできるだけ安全なfarm環境が必要で、守るために敵junglerの位置を察知する必要があります。
大会では頻繁に使用されている戦略ですが、プレイしているだけだとあまり馴染みがないと思ったので記事にしました。
大会を見る時などの参考になると幸いです。チームランクで戦略として使ってみるのもいいかもしれませんね!
そういえば、TeamSpeak3というのを導入してみたのですが、全然使い方がわかりません。
サーバーは建ててみたので、チームランクで使ってみたいですね。
カスタム配信とか需要あるかな?9人も集めれる気がしないな……駄目だな……

PAGE TOP