キルから見るLJL 分析。 本日13時からLJL Finalです!

今日は土曜日!待望のLJL Finalが本日の13時から行われます。
LJLというのはLeague of legends Japan Leagueの略で、日本のLoLでのFinal、つまり現在の日本での王者が決まります。
というわけで、ちょっとした宣伝と解説をと。皆さん13時からはパソコンの前ですよ!
Ozone Rampage 対 Detnation FM
解説 Ozone Rampage
今期は圧倒的な強さでシーズンを9勝1敗、勝率90%という戦績で1位通過しました。
Ozone Rampageから勝ちをもぎとることができたのは、Immortals 7th Heavenのみです。
Rampageが他のチームと圧倒的な差を出しているのは、Kill participation(以下KP)です。
KPというのは、キルにどれだけ関わったかという指標です。(Kills + Assists)/Team Killsで求めます。
10試合を通しての平均が、
Top Lanerであるamuseが73%、junglerのD0adが80%、
Teiが72.5%、Meronが78%、D4raが81.5%です。

 Kill Participartion  Kill Share
 Ozone RPG AMUSE  73% 23%
 Ozone RPG D0ad  80%  21.5%
 Ozone RPG tei  72.5%  27%
 Ozone RPG Meron  78%  24%
 Ozone RPG D4ra  81.5%  4.5%

このKill Participartionから見えることは、MidではなくBot Laneでの戦闘が多いということでしょうか。
AMUSEのTeleportから、Bot Laneの有利を付ける試合展開が多いです。
しかし、Kill Share(チーム全体のキルのうち、自分がどれだけキルを取ったか)を見ればtei選手が最も高く、
tei選手からの圧力もとても高いものになっています。
Ozone Rampageは集団戦を起こすのがとても上手く、そのためのマップコントロールが優れています。
Detnation FMからすれば、マップコントロールを簡単に取らせないことが重要になってきますね。
解説 Detnation Focus Me
S1王者であるDetnation FMは、7勝3敗で悔しい2位通過となりました。
Detnation FMのキル分析は、Ozone Rampageと違いとても偏ったものになっています。面白いですね。
彼らのスタイルは、Top laneは耐えて、MidやADCといったキャリーたちにゴールドを集めるという戦略なんだと思います。

 Kill Participartion  Kill Share
 DFM BonziN  59.9%  17.1%
 DFM Astarore  77%  22.4%
 DFM Ceros  75.7%  24.3%
 DFM Yutapon  62.5%  32.9%
 DFM Rokenia  71.1%  3.3%

(※Top、Jungle、Supportは何度かプレイヤーが変わっていますが、ロールごとの合計を出しています。)
その中でも特出しているのがYutapon選手のKill Shareです。62.5%のキルに関わっているYutapon選手が、32.9%のキルを取っている。
つまり、Yutapon選手のスコアはKill > Assistです。yutapon選手がSivirをあまり使わないことも関係しています。
Detonation FMはどれだけYutapon選手にゴールドを集めるか、それが重要になってきます。
しかし、やはり大舞台に慣れているDetnation FMです。このFinalでも、最高のパフォーマンスを見せてくれるのではないでしょうか。


さて、あと1時間ほどでFinalが開幕します!
日本一を決める試合、観戦しましょう!
配信ページはこちらです!
日本語Twitch http://www.twitch.tv/ljlofficial
英語Twich http://www.twitch.tv/ljlofficial_EN
#RPGWIN

PAGE TOP