今週のプロシーン注目Pickをピックアップ!マルザハール、ジン他 – 7月1週

jhin-splash-art

先週に引き続き第二回のエントリです。今週は6月4週~7月1週にかけて行われた公式大会における注目のチャンピオンPickを取り上げていきます。

 

今週はマルザハール、ジン、そしてバーサーカーブーツについてです。

 

 

 

今週のプロシーンPick

Malzahar_0

マルザハール

概要:

おそらくメイジアップデートで最も忌み嫌われる存在となったマルザハール。そのマルザハールが、ついに表舞台でデビューしました。

PickしたのはJin Air Green WingsのTop Laner, TrAce。今回はTopでPickされました。TopでPickされる理由として考えられるのは、対面にカウンタースペルであるスマイトを持たれないためであったり、Topのヘルスタンク相手にかなり有利なチャンピオンだという理由があります。ただし、MidでもそのPick Up能力や高い総ダメージからそろそろFakerあたりがPickして会場を沸かせそうな気もしますね。

TrAceのマルザハールの扱い方として、一貫してキャリーを守るためにUltを使用するという特徴がありました。マルザハールのUltは基礎ダメージが無く割合ヘルスダメージのみであり、対象のヘルスが高いほど効果が高いスキルです。そしてその終盤の秒間最大ヘルス割合ダメージは、9%+(650AP*0.015=9.75%)=18.5%、つまり最大ヘルスの19%ほどのダメージを最大5秒間与えます。これまでのようなキャリーをワンショットするチャンピオンではなく、守りながらタンクを倒してしまえるのが今のマルザハールの強みと言えるでしょう。

現在流行している構成はTopにイレリアやランブル、フィオラといったOff-Tank Fighterを配置し、Jungleにレクサイやグラガスを配置するTop Fighter Jungle Tankの構成。あるいはTopにナーやシェンといったTankを配置し、エリスやグレイブス、ニダリーといったCarry Junglerを配置するTop Tank Jungle Carryの構成があります。今回JAGはイレリア、フィオラ、ライズといったTopのOff Tankの選択肢をBANして排除することで、マルザハールvsタンクの舞台を整えましたが、マルザハールは1 Tankの構成に対して非常にメタなチャンピオンです。そのため、これからプロシーンでPickされる可能性は十分にあるでしょう。

 

ちなみにTrAceはこのマッチのGame3でもマルザハールをPickしましたが、そちらは敗北しています。残念。

 

アイテムビルド

 →  →   or

スキル

R>W>Q>E (Champion.ggにおける最高勝率はR>E>Q>W)

ルーンマスタリ

9d5c633d0366e708bc8d4eb5cd6177c0

私は赤にASではなくMRPenを入れると思います。お好みでどうぞ。

 

 

 

 


Graves_0

Berserker’s Greaves on Azir, Graves & Kindred

概要:

チャンピオンの話ではありませんが、このところOPだと注目されているアイテムがBerserker's Greaves バーサーカーブーツです。注目され始めたのはそれなりに前の話ですが、最近ではアジール、グレイブス、キンドレッドといったASの重要なダメージキャリーがほとんど購入しています。

 

このブーツの強力なところは、何といってもコストパフォーマンスでしょう。バーサーカーブーツの素材であるBoots of Speed ブーツとDagger ダガーで得られる能力値は、25MS + 12% ASです。しかし、バーサーカーブーツに強化するだけで20MS + 23% ASが追加で得られます。500Goldで20MS + 23% ASと書けばコストパフォーマンスの良さが際立ちますね。

アイテム単体の戦闘能力の高さから、ADCもこの靴を早く購入することが増えてきています。上の動画のbotタワー下のシーンで、DoubleliftのシヴィアがDarshanのトランドルから逃げ切れたのは、バーサーカーブーツが強力になり、早めに購入する価値が出てきたおかげと言えるでしょう。

 

まとめ

今のバーサーカーブーツは早めに購入しても良いです。

 

 

 

 


lol_Jhin-The-Virtuoso

ジン

概要:

近頃、最もPickされているADCは誰でしょうか? ユーティリティのシヴィア、ハイダメージのアッシュ、ミッドゲームの王様ルシアン……ではなく、 ジンですね。まあ、ルシアンをミッドゲームの王様というのはもう時代遅れかもしれませんが。

ジンが注目され始めたのは妖夢ビルドのADCが流行り始めてからですが、妖夢はジンのパワースパイクを強化するアイテムと言えるでしょう。ジンはリロードがあるために、レートゲームにおけるDPSに限界があり、その点で他のADCに劣っています。しかし、妖夢+ダスクブレードのビルドはARPenを確保することで、特に中盤におけるAAとスキルのダメージの高さを最大限に活かすことができ、ジンは元々ルシアンがいた場所、つまりミッドゲームで最強のADCという地位を得ました。

それだけでなく、元々あったエッセンスリーバーのビルドも強力です。CDRの確保で言えばこちらの方が簡単なので、エッセンスリーバーのビルドは少しレートゲーム寄り+ユーティリティ、妖夢のビルドはミッドゲーム+ARPenによるAP過多構成の際のAR貫通力、というように使い分けるのが良いでしょう。

上の動画のIMT vs C9におけるWildturtleは、少し変わったビルドをしていますが、ランブル、ニダリー、カルマというAP過多の構成のため妖夢を購入しています。次のGame2ではチームにイレリアというミッドゲームに強力なAD Fighterがいるため、エッセンスリーバーを購入しイレリアとパワースパイクをずらしています。

 

アイテムビルド例

妖夢ビルド  →  (状況に合わせて→)Duskblade of DraktharrMaw of MalmortiusInfinity EdgeMortal ReminderRapid FirecannonMercurial Scimitar

ERビルド  → Essence Reaver Berserker's GreavesororIonian Boots of Lucidity Rapid FirecannonInfinity Edge Mortal ReminderMercurial Scimitar

スキル

R>Q>W>E

ルーンマスタリ

aaa82780adecdde8323a2b68be3441c8

AD型。CSが取りやすく安定します。

 

48edd08e4d0e63c355bf3b9953c8b413

ARPen型。ミッドゲームにおけるスキルやAAのダメージを高めるのが目的で、妖夢ビルドとマッチします。

 

 

 

 


Rumble_0

ランブル

概要:

季節感でPickされてるんだと思います 暑い

 

アイテムビルド例

Hextech Protobelt-01 敵を燃やせる

スキル

R>Q>E>W

ルーンマスタリ

bf46d1ec95e152ddf81295320e3b37a3

もちろんデスファイアで燃やす

 

 

 

 

今週の注目試合

G2 Esports vs Origen – 2016 EU LCS Summer W5D2 Game1

Full Game → G2 vs OG – Game 1 Summer Week 5 Day 2 (EULCS2)

 

このマッチはEU LCS Summer開幕戦と同じマッチで、前回は非常に惜しいところまで行ったものの、sOAZのミスから敗北してしまったOrigen。OGといえば、現G2のZven & Mithyの古巣であり、それなりに縁のあるマッチです。

そしてG2は5W4Tで一位、対してZven&Mithyの抜けたOGは1W5T3Lで9位と明暗が分かれています。試合はまたもロングゲームになり、最後に試合を決めたのは…?

 

 

あとがき

先週より文章が長くなってしまいました。読むのに疲れてしまうかと思います、申し訳ないです。

今週あたりにタリヤが大会でピックされる気がしています。IG Rookieは別としてです。

トラックバック URL

http://lolyarou.net/archives/1192/trackback

PAGE TOP